火曜日から初夏の陽気が続いています。
ビールがおいしいです。
b0070127_01395328.jpg

この写真を撮ったのは午後6時40分すぎ。
外はこんなにも明るくて、アスファルトの熱が冷め、とても過ごしやすくなります。


もう冬のような気温に戻りませんように。


le 26 mai 2017, Bérenger




[PR]
# by ma_cocotte | 2017-05-26 01:44 | Promenons-nous! | Comments(0)
カンヌのことは、それほど
ドラマ「カルテット」に完全燃焼してしまったワタクシ。
どうにも4月期から始まったドラマの波に乗れないままで、きちんと視聴しているのは朝ドラ「ひよっこ」と昼ドラ「やすらぎの郷」だけかもしれません。大河好きの私ではありますが、今年の大河はちょっとしんどいかも。後回しにしている自分に気づいているし、あ、そうだ、「小さな巨人」にはかなり惚れているかもしれません。真剣にはなりきれていないけれど「Crisis」「緊急取調室」「リバース」のチェックは続けています。

5月も後半になり、こうして徐々に「ドラマ視聴熱」は戻ってきているようで、ココんところで気になり始めたのは「みをつくし料理帖」。これは北川景子版でもかなり惚れましたが、NHKの黒木華版もいいですねぇ。

。。。と、ココで、「カルテット」のサウンドトラックをYouTubeで見つけた。消えてしまう前に聴かねヴぁ。

ではっ!

le 24 mai 2017, Donatien


あ、もう少しで書き忘れるところだった。
おとといだったか、フェイスブックでヂョコヴィッチがラコステと契約したというエントリーを見つけました。
これまでずっとユニクロのヂョコヴィッチだったのに、今度の日曜から始まるローランギャロス(全仏オープンテニス)ではもう拝むことができません。ちょと寂しいです。全身アシックスのガエル・モンフィスを応援しようっと。

[PR]
# by ma_cocotte | 2017-05-24 16:33 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
花の都お巴里16区は、流れ石
同じ共和国でも、超ウルトラスーパーど田舎で、パリのひとびとから「カトリック・ゾンビの棲息地」と失笑されるようなココんちあたりとは根本どころか抜本的に違う。

何が?って、ご覧のとおり、カトリック教゛会のヲールドのことなンですけれど。
堅信式、 confirmation のミサに中村江里子サマがご出席あそばしたとのこと。
私は Confirmation をいつも「こんふぃるましおん」と発声していたけれど、「こんふぁーましおん」が正しいのですね。メモメモです。
加えて、お写真を拝見する限り、堅信式に必ずいらっしゃるはずの司教さまが見当たらない。いずこへ・・・。せっかくの堅信式ですから司教様のお姿がどこかに映っているとよろしかったですね。

我が地元は5月6日土曜日の夕ミサで堅信式が行われたので、極東島国の田舎者の私は日曜午前ではなく土曜夕方のご慶事に顎がはずれそうになりましたけれど、お仏蘭西だと5月にもなれば午後6時過ぎてもお昼間のように明るいし、土曜夕方であっても主日扱いなンだから「問題なしよ」なのかもしれません。上つ方々がお決めになることなので、末席のこちとら疑問にくすぶってりゃいいのでした、まる

しっかし、パリ16区は違う。


le 23 mai 2017, Didier







[PR]
# by ma_cocotte | 2017-05-23 15:30 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
フィヨンゴシップのおかげで楽々当選だったくせに
共和国においても時代は逆行しているなあ。
これぢゃ、ミギつきあたり、ヒダリつきあたりが理想とする国家と同じぢゃん、と思いました、まる


共和国のマスコミ業界のみんなたち、どんどん騒いでください。

「大統領の威厳」って共和国民に仕える者なんぢゃないの? 
大統領と言う身分を得たことで、上から大統領の好き勝手な取捨選択で新たな選民をこさえるなんて間違った権力の使い方だ。39歳の頭でっかちのガッコ頭に臣民が顎で動かされるなんて、ヤバい権力を小童マクロンに与えてしまったことになる。

ナポレオンやらセイクスピアやらローマ法王の真似っこばかりして、ご本人からの提案がコレって最低。

閣僚にマスコミへのリークはしないよう、って幼稚園のレベルぢゃんね。個々の倫理に問題があるのも、共和国が学校で教育しか行わないからでしょーに。報道側のせいぢゃない。頭が働かない、口元がゆるい政治家に問題がある。Bof


le 21 mai 2017, Constantin





[PR]
# by ma_cocotte | 2017-05-21 15:39 | 黙れ、小童!マクロンろん | Comments(4)
セイクスピアに毒されたひと
お誕生前からお誕生後、今に至るまでエマニュエル・マクロン大統領の演説のスタイルや仕草に違和感を持っていましたが、仕草については「愛してるのサイン」「貴様と俺とは同じ石工組合員w」とうすうすわかったので横に置いても、あの集会での演説と周囲の興奮っぷりがどうにも員数外の私には「キンモー」とつぶやいてしまうほどの「何か」がベースにあるのです。この半月、マクロンの嫁さんが25歳年上で、略奪婚で、とほうぼうから聞こえてきて、マクロン夫妻の出会いの場がイエズス会運営の中等教育校で、当時のマクロン夫人は国語教員であり演劇部の顧問、そして小童マクロンはその学校の生徒であり、演劇部員だということを見聞しました。それが、ウソか真か良く知りません。

でも、演劇部だったとすると、もしウヰリアム・セイクスピアなんざ演じていたなら、大統領戦での小童マクロンのナルシスなパーフォーマンスや演説の仕方、語の選び方など「ああ、だから、なるほど」とストーンと腑に落ちたりします。

おそらくマクロン大統領は15, 6歳当時、セイクスピアにどっぷりだったのだろうけれど、今の奥さんと一緒に頑張り、楽しんだ美しい時だったから、20年以上経っても台詞やト書きを、演じ方を忘れるどころか「りぴーと・いっと・あふたあ・みぃ」なんだ・・・妙に納得。台詞に自分を重ね、涙がこぼれてしょーがなかったンだろうなあ。ナルシストぉおおお。セイクスピアの英語はThy, thou, theeを使いますからね。言い回しやら用いる単語が優美にいざなう時もある。ああ、懐かぴぃ。(でも、あたしはさらに古いカンタベリー物語も好きよ。ちょーさー)

しっかし、ますます「黙れ、小童!」だわね。自分の言葉で語ってよ、あたしたちのために~。
騙されたらあかんで。5年の辛抱。


le 20 mai 2017, Bernardin

[PR]
# by ma_cocotte | 2017-05-20 22:02 | 黙れ、小童!マクロンろん | Comments(0)