<< 待ち切れずに、 諸民族大移動、はじまる。 >>
真 冬 の 夜 の 夢 。
ノエル直前の週末、人々は数日後に迎える聖夜のための仕込みの最終準備に取り掛かります。本来、節制中なんでありますが、この週末ばかりはどこの商店もヒト、人、ひと。
そんなせわしい週末の夜は恒例のノクテュルン nocturne です。
いつもなら19時ちょっきりに店を閉めるのに、この週末だけは21時までお店を開けてあげようぢゃないのっ!なのです。

夕暮れ時に旧市街を訪れれば、はるか上空から叫び声。
b0070127_2215029.jpg
この勢いで靴が吹っ飛んだらどこに、どれだけの重さとなって落っこちるかも私には想像つきませんが、落ちる先にヂャウヂという青年はいるかもしれません。苗字はブッシュぢゃないけれど。こちら(↓)はもすこしベイビィ向けのお遊びですが、私のおもちゃカメラでは子供が
b0070127_2263786.jpg
完全に、消 エ テ イ ル 。

お仏蘭西は待降節を迎える11月最終週にもなると、肌が痛くなるほど空気がキーンと冷え、日没後の闇がいっそう深く濃くなります。夜明けも午前9時近くですから、早朝に家を出ると真っ暗闇の中、白い息を吐きながら早足で学校に向かう子供たちの姿が妙に幻想的に見えたりもするのです。こんな季節の夕暮れと共に始まる光の世界は冷えた空気のせいもあるのでしょうか。本当にキラキラときれいです。
b0070127_21533360.jpg
旧市街のシャビィなアーケードも待降節に入るとこうしておめかしして、ちったあ見れるアーケードになります。
b0070127_2227715.jpg
確か山小屋風の屋台群はこの日曜日で閉店です。
このお店、気になりました。焼栗、焼ピーナッツ屋さん。
b0070127_22333336.jpg
後ろの巨大な鉄釜、初めて見ました。
たいていの焼栗屋さんはビヤ樽のような達磨ストーヴかスチームドラムみたいな鍋で店構えなんですけれど、栗やピーナツの殻の焼ける匂いとお砂糖の焦げた匂いがたまりましぇん。ぼかー、しあわせだにゃあ。

目に、耳に、鼻に、こういう浮かれ立った雰囲気だと、私も何かひとつ「これぞ、屋台」な食べ物をつまみたくなりましたので、チュロスを買ったあっっ!4ユーロ。お店のマダムが揚げたてのチュロスを一本一本お砂糖にまぶして詰めてくれるのはいいンだけれど、ヒステリックに思えるほどの詰めようで驚き!だけど、どケチな私にはうれしい盛り。
b0070127_22395788.jpg
チュロスを撮ったつもりなのにココんちで開いてみたら、私のおもちゃカメラはしっかり背後のおねいさんにピントを合わせていたのでした。流れ石。

おねいさんと目がふと合えば、バツ悪そうに目を逸らすどころか満面の笑みで「ボナペティ Bon appétit!」と言ってくれるのもココが仏蘭西だからなのかも?


le 21 décembre 2008, Adrien
[PR]
by ma_cocotte | 2008-12-21 22:02 | Promenons-nous! | Comments(12)
Commented by Lucia at 2008-12-22 10:55 x
チュロス、美味しそうですね!4ユーロでこんなにたくさん?たくさんの人たちと分け合って食べたら心も温か~くなりそう!Bon appetit!(アクサンなしでごめんなさい)
Commented by ma_cocotte at 2008-12-22 17:53
★ Lucia さま、

美味しかったです。
昨夕も旧市街に行きましたが、土曜夜とは比べられないほどの人手で
ヴぃっくり。おやつの時間(仏蘭西は4時以降です)にはチュロスを求める
行列が出来ていました。おっしゃるとおり、チュロスはみんなで分け合って
食べる楽しみがありますね。0.5ユーロ多く払うと、ニュテラが付きます。
Commented by Lucia at 2008-12-23 10:44 x
ニュテラって、チョコレートクリームみたいなのでしょうか?
とってもいいおやつですね…。

旧市街のアーケードの光装飾もシンプルで気に入りました。私も歩いてみた~い!
Commented by ma_cocotte at 2008-12-23 17:33
★ Lucia さま

ニュテラはイタリアのFerrero 社の製品で、ヘーゼルナッツチョコクリーム
です。

http://malicieuse.exblog.jp/9398609

おそらくイタリアーノやフロンセ全員が「俺、一瓶食えるぜ」と豪語する
「主食」かも(爆笑。
Commented by Lucia at 2008-12-24 09:59 x
やっぱりそうだったのですね。私が留学時代からお世話になっていたフィレンツェの修道院学生寮の朝食に、日曜日はジャムの代わりにそれが出ました。最初は恐る恐る食べてみたのですが、病みつきになりますね。
日本ではユーロは回復してきて安定しているようですが、一時よりは円高なので、こんな小さなお口の楽しみもイタリアから入ってくれば良いのですが…。あるいは既に日本でも売られていて、私が知らないだけでしょうか。
Commented by ma_cocotte at 2008-12-24 18:20
★ Lucia さま、
そうです。仏蘭西でもFerrerro社の製品は大人気で、この時期はどこも
Ferrerro社のチョコレートが山積みになっています。
ニュテラは既に輸入されていると思います。神戸にも横浜元町のような
輸入食品に強いカルチエがありませんか?
太るのはわかっていてもニュテラをバナナやイチゴに乗せて食べる。
美味でございます。
Commented at 2008-12-24 20:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-24 20:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-24 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-24 20:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-24 20:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-24 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 待ち切れずに、 諸民族大移動、はじまる。 >>