<< ヂャック・シラク氏、お相撲さん... 永 遠 の 謝 罪 >>
いつ、どこで、誰が、何を、どうした? → きょう、仏蘭西で、誰が、米大統領就任式生中継を、見るのか?
まっこと、ま・ここっつぁんは、不思議なンで、アルがー。
国営放送France 2 ではこんにち16時半から、民放の雄TF1 では15時55分から海の向こうはエイメリカ合衆国大統領就任式の生放送を含む大特別番組を放映いたしやす。
France 2 : Edition spéciale Obama
http://video-direct.france2.fr/player.php?id=344
TF1 : En direct : Investiture d'Obama
http://tf1.lci.fr/infos/endirect/0,,4229015,00-investiture-d-obama-la-speciale-de-lci-.html
↑ どちらのURLでも生中継が放映されるようです。
なんか先週末からニュウスを見ればオバマ、オバマでオバマの話題ヴぁっかりでR。
週明けの昨日なんか、あっしの大好きな生討論番組C dans l'air の御題がこれ
Gaza attend Obama
http://www.france5.fr/c-dans-l-air/index-fr.php?page=resume&id_rubrique=1068
オバマを待つガザ ・・・・・こ、こぢつけ?...と言う単語が一瞬閃きもしましたが、ちょと考えたらバラク・オバマ氏という方は自ら願ってハワイにお住まいの母方祖父母の家にお世話になるまでは、アフリカ出身の実父、母親の再婚相手であるインドネシアびとの継父もイスラームなのでイスラーム道徳の中で育ったのです。「・・・・だったら、オバマさんはガザに同情してくらっしゃってるかも」と期待するのもわからなくはありません。昨夕のこの生デバ番組での識者の見解の中には「そうは言ってもオバマはエイメリカの国父になったのだから、期待どころか今のうちにガッカリしてしまった方がいいンぢゃない?」なんてのもありました。

さー、どっちなんでしょー?
オバマさんは内政のみでガイコクのことなんて考えないと言うか、下流には平等に憐れまれる程度なのでは、とま・ここっつぁんのツル脳による予想です。

それにしても、エイメリカの大統領就任式の生中継なんてこれまでお仏蘭西で流れていたのでしょうか?記憶にないというか、そのものに興味がないのでこれまで一度も見なかっただけなのかもしれませんが、今回ばかりはコマーシャルタイムのたびにしつこく流れるのでうっかり記憶してしまったようです。

1905年12月より完全政教分離を実行している仏蘭西とは言え、元は「ヴァチカンの長女国」という渾名まで持った国だからローマ法王関連の生中継が流れることはわからなくもありませんが、なぜエイメリカ大統領の就任式にここまで力(リキ)を入れているのでしょう?

今一度まわりを見渡せば、先日紹介したアンリ・カンソン Henry Quinson 修道士も、昨年末に選ばれたミス・フランス2009 もエイメリカびとと仏蘭西びととの間に生まれたモワチエ・モワチエ moitié moitié ですし、これまでま・ここっつぁんが棲息した南仏にも、現在のクソど田舎にもエイメリカで恋に落ちて愛を確認した日本びとと仏蘭西びとの間に生まれた子供が米、仏、日の三か国国籍を持つアイデンティティがおりましたので、おそらく花の都のおパリにはエイメリカの国籍を持つ人々がうぢゃうぢゃいらっしゃるでしょう。んならば、こんなヨソの国の国家元首就任式にもパップコーンとコカ、いや、エイメリカ風にコークでテレビ画面を楽しむご家庭も多いでせうね。
・・・え・・・あ、、、、るーとびあ...でしか。 emoticon-0119-puke.gif

le 20 janvier 2009, Sébastien

私はどうしようかなあ。.....YouTube で 嵐 でも見るか・・・
[PR]
by ma_cocotte | 2009-01-20 18:17 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(2)
Commented by tama at 2009-01-22 08:39 x
なんと、就任式には200万人があつまつたんですね。山手線の電車にすると、500台、甲子園球場だとすると、40個、というすごさです。演説はかなり厳しい現実を述べ、国民の責任を促すものでしたね。46歳でご両親はもう、なくなつておられるんですね!!わが息子より、若いです。
いかに自分が年をとつたか、ということも妙におもわされる就任式でした。オバマさん、うまくやつてくださいね。世界があなたの行動をみまもつているんですからね。
Commented by ma_cocotte at 2009-01-22 17:09
★ tama さま、
興味深い式典でしたね。
祈りで始まるあたりは現代フランスではありえなーいことですし、祈りに
入った途端、集まった国民も共に祈るかのように目を閉じて。もし現場に
いたら、静粛厳粛な空気を自分でも感じることができただろうと思いました。
今の日本びとがもしああいう状況にいて、「祈りましょう」と聞こえたとして、
自分自身でどういう姿勢に入るのか・・・?

彼は高校生の年齢だったか、母親から離れてハワイの祖父母と住む
決意をしましたよね。私が同年齢だったことを思い返してみても、この決意という
のはとてつもなく大きいのではないでしょうか?同年齢に見られる無計画な
家出とは違うような気がします。そんなヒトだから46歳の若さでこうなった
のかな、とも思ったりしますが、オバマさんは動物と一緒に引越ししなかった
大統領だとフランスでは何度か話題になりました。
教皇さまがいらっしゃれば留守中の猫を誰が世話をしているんだ?なんて
コメントが流れたりする、フランスはそんな国みたいです。あらためて
笑っちゃいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヂャック・シラク氏、お相撲さん... 永 遠 の 謝 罪 >>