<< 今週末か来週はじめに &quo... いつ、どこで、誰が、何を、どう... >>
ヂャック・シラク氏、お相撲さんに嚙み付かれる。 Jacques Chirac mordu par "Sumo"
おはようございます。
今朝、まい・こんぴーたに火を入れた直後に目に入ったおフランスのトップニュウス。
どうもフランス共和国の前国父ヂャック・シラク Jacques Chirac さまが『相撲』に噛まれたと、前国母であらせられるベルナデット Bernadette さまが昨日発表なさったそうです。この『相撲』はフランス語で Sumo と大文字始まりで書き、発音は「スュモ」が近いでしょうか。「モ」の後に微妙な余韻が残りますが、日本語表記は難しかったりします。大文字で始まることから想像つきますが格または固有名詞でして、フランス共和国内ではシラクとスュモがひとつのテーマで聞こえれば「ああ、シラク家の愛犬か」と察しが付くくらい、有名犬の個犬名だったりしやす。

さて、前ファーストドッグであらせられます「シラクさんちのお相撲さん」はコチラです。
b0070127_16231857.jpg
Jacques et Bernadette Chirac se promènent avec leur chien Sumo
le 20 juillet 2007 à Biarritz. @ AFP

まあ、なーんて白コロぽっちゃりなチビ犬でしょう。私の記憶が正しければ、ご夫妻のお孫さん♂がどちらかのお誕生日祝いにさしあげた犬がこの「お相撲さん」であります。このお相撲取りが前国父さまに噛み付きやがったそうですが、報道ではこの小さな動物に抗欝剤を打っていることが原因でご主人さまに噛み付いちまったことに注目されていたりもします。

お犬サマの欝とわ・・・・。

犬猫におかれます上流世界もあてくしのような三角形の底辺には想像もつきませんが、欝を穿ってアグレッシヴというのもいやはやなんとも。最近は公の席にお出ましになるヂャック・シラクさまの老いが目に見えてわかったりもします(一方、現役 マルタのオンナ騎士 であらせられるベルナデットちゃんはお元気がおモリモリ×∞)。

大西洋の向こうはワッシントン・ディシィで大統領就任式が行われた翌日に、ベルナデットさまが「私の夫が相撲に噛まれたのよっ!」と公言されたことになりますが、おフランスでは先週末からオバマ大統領就任の話題が繰り返し流れ、その話題の中にはなんとオバマ氏がホワイト・ハウスに引っ越す際に妻子のみで犬猫を伴わなかったことまでありました。日本國ではどーでもいいことですが、おフランスでは注目すべき事項らしい。歴代大統領 で初めてだそうで。家族の誰かがアレルギーがあるらしいけれど、近い将来、犬か猫を引き取るンぢゃないかとまで推測されてもいます。ほっとけ。
b0070127_1642475.jpg
こりは、クリントンさんちのソックスさまでスカイ?
© Fondation 30 millions d'Amis

無原罪の大統領か・・・・オバマ氏の未来より安泰かもしれんぞ。
ぜひぜひご覧あそばせ(↓)。
http://www.30millionsdamis.fr/acces-special/web-tv/tv-fonda/chien-de-president/les-compagnons-des-presidents-americains.html
オバマ氏ですが、近いうちにエイメリカのSPA(動物愛護協会)から孤児犬を引き取る予定だそうです。

le 22 janvier 2009, Vincent  

あ、サルコぢサマんちですが、異性人ネタは定期的に浮かび上がっても犬猫ネタは聞いた記憶なし。サルにしてみれば犬猫はお金がかかるだけで、お金をご主人さまのポッケに集め入れててくれないもんね。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-01-22 16:54 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今週末か来週はじめに &quo... いつ、どこで、誰が、何を、どう... >>