<< 御茶ノ水では新しいものから消え... 主日の静けさをブチ破るスマッシ... >>
長年の分裂が一致して瞬時に分裂が始まった理由は?
今日の朝、ココんちの電脳メールボックスに速達で届いていました。
b0070127_17312577.jpg
今度の木曜日(2月5日)お仏蘭西時間で夜8時40分(日本時間翌6日午前4時40分)から
"Benoît XVI et la Tradition" 『ベネディクト16世と伝統』
という討論&検証番組が衛星放送 KTO (カテオ)で流れます。内、討論は 90分を予定 していますが、延長放送の可能性があります のでご了承のほど。

放映前から延長の予告 90 minutes de débats et de documents pour aller plus loin なんて、なんてステキ emoticon-0152-heart.gif

この番組の予告編もご覧になれます。↓ Click!くりっく ↓
b0070127_17335047.jpg
http://www.dailymotion.com/video/kEvoPTnkNPvhOrW3b1


なんて、ついうっかり ハァハァ しちゃう予告編なんでありましょう。
教皇ぶのわ・せーずが作る金糸と赤、臙脂色に白の世界なんて、うっとりぃいいいい。
それに、やっぱ黒スータンに白スルプリに、髪の毛は5分以上櫛でしっかり撫でたシチサン(7:3)。これがまさにカトリックな出家僧の理想美であります。欲を申せば、スルプリにもそっとレースがあると超うれし。あたしゃ、どうもお仏蘭西式の白フードな侍者服が好きになれんのだなあ。やっぱり侍者坊は赤のスータンに白スルプリでシチサンで、がーぶちょんなのだ。例のFSSPX会員 油鱧櫃 Floriano Abrahamowicz 師は黒スータンに白スルプリを着ても、髪型が邪道。いっそネオナチ&ネオムッソならツルツルっぱげが誰にでもわかる欧州的宗旨表明、いや、信仰宣言であります。
ああ、この予告編の最初の部分はまさにルフェーヴル師による1988年に行われたヴァチカン無認可の四司教任命式の様子ですね。油鱧櫃で鱧の天丼を連想してしまう。

話は番組に戻り、討論には、
Mgr Bernard Podvin, porte-parole de la Conférence des Evêques de France,
ベルナアル・ポドゥヴァン師、仏蘭西司教団広報担当

・・・・なんだけれど、この方、どうもこの2月1日付で広報担当に任命されたようです。すっごーい運命を背負っちゃったけど、これも神のみ旨のままに~なんでしょうなあ。

M. l'Abbé Vincent Ribeton, supérieur du district de France pour la Fraternité sacerdotale Saint-Pierre,
ヴァンサン・リベトン修道院長、聖ペトロ兄弟会フランス管区長

この「聖ペトロ兄弟会(略称FSSP)」はまさに1988年エクレジアデイと同時に教皇から認可された1962典礼を守る男子修道会であり、教皇無認可司教任命式を前もって知ったFSSPX会員12名が教皇庁に直訴してFSSPXから離れたという事実があります。
えと、ですね、JPII もラッツィもカスティヨン・ホジョス枢機卿もずーっと事細かに生温かく見守っているのは FSSP です。HPを見れば、創立20周年を迎えたFSSPに教皇さまがどれだけ具体的に目にできる贈り物を与えているのかわかります。ローマ管区を与えるまで20年もFSSP の様子を眺めたことも事実。
これ、日本に伝わっていない事実のようで、かなーり昔、教皇認可されているこの会のHPに掲載されている公文書を日本語でお知らせしたら、FSSPの都合よく捏造された文書だ、と返事をもらったことがあります。教皇庁認可団体が発行する文書に捏造って言われても、ねぇ?あなたならどう判断します?

Dom Philippe Piron, Père Abbé de l’abbaye Sainte-Anne de Kergonan,
ケルゴナンの聖アンヌ修道院の修道院長司祭

かのケルゴナンの男子の方の修道院ですね。ソレムの僧院と同じ流れです。

P. Jean-Robert Armogathe, philosophe et directeur de la revue Communio,
ヂャン・ロベエル・アルモガト師、哲学者であり、雑誌コミュニオの責任者

1977年、FSSPX がパリのサン・ニコラ・ド・シャルドネ教会を占拠した時に現場で対峙したパリ大司教側の立場の司祭。つまり、現場で起こった事件をよーく知っている人物で、FSSPXの問題点は典礼の違いにあるのではなく、裏でつながる、はたまた底辺に流れる極右とのかかわりにあるというのが持論だそうです。
この時間無制限(?)討論会の他にも、FSSPX のアラン・ロラン Alain Lorans 修道院長へのインタビュウや、FSSPXから追放されヴァチカンに引き取られた司祭、神学生が集う「善き牧者の神学校 l'Institut du Bon Pasteur 」についてのルポルタージュなども流れる予定です。

屁理屈討論に興味ござる方はぜひご覧あそばせ。

le 3 février 2009, Blaise
[PR]
by ma_cocotte | 2009-02-03 18:09 | 破門→波紋→和解→破壊 | Comments(2)
Commented by あぐねす at 2009-02-04 21:01 x
ma cocotteさま、
予告見ずにはいられませんでしたっ、見たいよー(けど、午前4時じゃ..)!感想たのしみにしております。

茨木教会のセクハラ司祭(74)がニュースになっておるが、結末はいかに?
そちらでは、鳥インフル発生ですか?
Commented by ma_cocotte at 2009-02-04 21:11
★ あぐねすさま、
KTO のWebテレビならばおそらく日本時間で金曜日の夜くらいから
アーカイブで好きな時間にご覧になれると思います。私は昨晩、1月の
はじめに放映されたらしいボスコ丼についての番組をこんぴーた画面で
見ました。
予告の内容からしてなかなか充実していますね。前々から思っていた
ことですが、仏蘭西国内には伝統を守る観想修道会がかなりあるのに
その視点からのカトリック伝統継承について公で語れることがあまり
なかったこと(観想だからしょーがないのかもしれないけれど)。
あっしの地元のように観想修道会に近未来を強いる司教もいるわけで、
私個人は納得いきません。2年後の定年をぢっと待つ。

そうそう、茨木教会の神父さま。定年までカウントダウンでしたでしょうに、
ここで発覚というか。どうも玉造本丸が積極的に動いたそうで。
こちらはクシュネ氏のスッキャンダールで大騒ぎさ。まもなく告解いや
国会が始まります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 御茶ノ水では新しいものから消え... 主日の静けさをブチ破るスマッシ... >>