<< 図書室の片隅から見つけたもの。 13日の金曜日の前日に Le ... >>
お庭の憲兵さん Les gendarmes du jardin
13日の金曜日。
ココんちあたりは午後になって気温がぐぅううんと上昇。太陽も燦燦 058.gif
ま・ここっつぁんは半袖Tシャツのまま、今年初の芝刈りをしました。刈り取った芝はゴミ箱に直行ではなく、苺の苗の周りに敷き詰めます。こうすれば苺の花が泥に触れないので傷まず美味しい実を結んでくれるのです。
春が目の前に近づいていることを実感したのは人間だけではありません。こちら ↓ もそう。
b0070127_16285426.jpg
お仏蘭西のてんとう虫

日本のコロっと丸いてんとう虫とは異なり、お仏蘭西のてんとう虫は面長であります。
3月に入り、ココんちの薔薇の茎から新芽が吹き始めた途端、てんとう虫の登場です。このてんとう虫、こちらが茎や葉を動かすと裏からぞろぞろ出て来るのが常です。上空から突然ボトボトと落ちてくるとゾっとさせられたりもします。この彼らが裏でこそこそと何をやっているのかというと、どうもアブラムシをはじめとする草木の天敵をやっつけているのです。だから、このてんとう虫を仏蘭西語ではル・ヂャンダルム Le gendarme、=憲兵とズバリ呼ぶらしいのです。ココんちでは草木に農薬を使わないようにしているので、庭の憲兵であるてんとう虫さんの働きには感謝するばかりです。
てんとう虫のみなさん、今度の冬が来るまでがんばってください。
b0070127_2373626.jpg
↑ 3月15日午後3時手前の憲兵さんたち@ココんち ↑
日曜日にうぢゃうぢゃとよく働くのも人間界の憲兵さんと一緒です。


le 15 mars 2009, Louise
[PR]
by ma_cocotte | 2009-03-15 16:28 | 『冬』 Rien de special | Comments(8)
Commented by brunodujapon at 2009-03-15 17:17
テントウムシはladybirdと英語では言いましたっけ。聖母の憲兵ですね。
ところでこのつるばらは偽リシュリュー様でしょうか。

うちはもう、農薬使いません、と言ってもいられないので、せっせと農薬を
今月から散布することにします。殺菌剤に殺虫剤。銭もかかるのでうれしくないです。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-15 18:08
★ Brunodujapon さま、この薔薇はMme A. MEILLAND Clg.
という名前です。驚くほど丈夫で、ぐんぐん成長し、伸びすぎた茎を
切って土に刺すだけで、根もないのに新芽を出せるくらい頑丈。
マダムとは言え「肝っ玉かあさん」だと思います。

偽リシュリュウ枢機卿も新芽を吹きました。ワクワク。
めげもせず、凝りもせず、まだ紫の薔薇苗を探している私です。
うちも農薬を使おうかと、薔薇の黒ずんだ葉を見て悩むことしばしです。
憲兵さんたちに悪玉を駆逐していただきたいっす(T T)
Commented by anbai at 2009-03-15 23:30 x
こちらでは、近在のいくつかの植物園などで雪割草の展示とか、
即売会などが行われている時分です。お住いのところは温かいのですね。
それにしても、てんとう虫でしたか。

足も触覚も長いものだから、小さい●キちゃんかと…ビックリしました。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-16 01:04
★ anbai さま、
それが緯度では北海道は旭川より上になります。
酪農と穀物の産地でありながら、葡萄の産地でもあります。
地球は不思議です。

ああ、ゴキちゃんと言えば日本のゴキちゃんと異なり、こちらのゴキちゃんは
このてんとう虫とほぼ同じサイズです。たとえてんとう虫でもこうして
群れをなしていると「ひえぇえええっ」となります。ちょと恐いです。
Commented by ヴぇろにか at 2009-03-16 19:32 x
 はじめて見ました、おフランスのてんとう虫!
確かにこれなら憲兵ってのもうなずけます。
でも正直わたしにはコワイです…。

 当地は週末には桜の開花予定、だそうです。いくら何でも
早すぎる気もしますが。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-16 20:41
★ ヴぇろにかさま、
虫が苦手な方には申し訳ない写真を載せてしまいました。
けれど、凄いでしょう?もううぢゃうぢゃです。来月にはかたつむりも
うぢゃうぢゃし始めます。
でも、こうして働いてくれることでアブラムシなどを退治してくれてもいる。
ありがたいことです。自然にヴぁんざーい!

なんと、もう桜ですか?
日本の桜は世界一です。私の分まで愛でてくださいませ。
私は庭のさくらんぼの木で日本の桜を思うことにします。
Commented by at 2009-03-18 10:54 x
わたしは虫が好きなので、めずらしいヨーロッパの天道虫を拝見してうれしかったのですが、たくさん虫がいるのはそれでも怖い気がすることもあります。苦手な方はもっとつらいかもしれませんね^^

きのうはあたたかな日でした。まるで4月のような陽気で空もすっかり春めいて星がなんだかおぼろにみえて、もう冬ではないような。ってお彼岸にもう入ったのかな。

ことしは本当に桜がはやいのだそうです。鹿児島や浜松ではもう咲いているとか。ま・ここっと様のお庭の桜の木もまちどおしいことですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-18 16:04
☆ 鰤さま、
このてんとう虫、人を嚇かせるのです。上手に葉裏や枝にしがみついて
いるようで、こちらが知らずに触るとゾロゾロっと壁に広がり、地面に
落ちたり。「ひえっ」なんて時代劇みたいな驚き方をしてしまいます

こちらも昨日は20度を越え、冬物のセーターでは邪魔。きょうは冬物
セーターの洗濯に励もうかと予定しています。
現在、拙宅ではヒヤシンス、沈丁花、クリスマスローズ、クロッカスが
咲き、クレマチスがぐんぐんツルを伸ばしています。いい庭造りができると
いいんだけれどなあ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 図書室の片隅から見つけたもの。 13日の金曜日の前日に Le ... >>