<< ヂャウ・ハランバン夫妻は羅馬に... 知って良かった、知らなきゃ良かった。 >>
迷惑に慣れても、それは迷惑。
きょうは午前11時少し前に旧市街に向かったところ、道の途中で警官が道路を遮断。警官のそばには一台の自動車しか見えなかったので人身事故だったらどうしよう、とハラハラしましたが、歩を進めているうちに警官が道路を遮断した理由が労働組合員によるデモ行進のためだとわかりました。
b0070127_5162262.jpg
集合場所は学区視学官事務局の前。午前10時も過ぎて気温もぐーんと上昇する中、春の日差しを浴びて、参加者の群れから醸し出される雰囲気はなんだか楽しそうであります。大きな組合旗や主張を書いた幕を肩に乗せて集まってくるヒト、人、ひと。多くの労働者がきょうのデモに参加することで公立学校のほとんどが休校となり、子連れ参加の人もかなりいました。こんなんだからフランスという国では小学生が第一インターナシオナルをすらすら斉唱できるんだよなー。

このデモ行進と同時間にま・ここっつぁんは旧市街周辺を車で移動したけれど、デモのせいで渋滞に巻き込まれたり、警官に迂回を促されたり、昼食直前の時間帯だけにどの車も命がないのにイライラしているのがわかるような空気が流れていました。
ま、こんなデモにもストライキにも慣れたけれどね。
国鉄ストも、学生ストも、高校生ストも、教職員ストも、役所ストも、郵便局ストも、ゴミ収集ストも・・・あと何ストだあ?目の当たりもしたし、巻き込まれもしました。ガイジンの私であっても迷惑度はどれもマックスだったかも。
b0070127_5375883.jpg
↑ 昨年11月22日に行われた教職員ストライキ・デモ行進 ↑

ココ新天地に引越してからは私事都合で就職活動登録もせず、子供もいないし、県庁所在地に住んでいることでスト被害をイライラするほど感じることなく傍観していられる余裕がまだ残っているようです。まあ、以前の住まいは泣く子も黙る13 県、すなわちマルセイユを抱える BdR (Bûche du Rhone)県ですからに。
今もストライキのたびに思い出すのが南仏の大学での担任で、かなーりヒダリの先生でもありましたが、教職員ストライキを目前にした時「ストライキは共和国民に平等に与えられた権利なのだ」とフランスに住み始めたばかりの私に説明してくださいました。結果はどうでもいいのだそうです。共和国民なら誰もがストライキできることに意義があり、フランス万歳!なんですってよ。その話を聞いてから注視してみると、仏蘭西という国においてはスト前に予告し、警察や関係役所に事前報告すると右だろうが左だろうが、時には未成年にさえ、デモ行進を行えるように警察がお出ましくださり、警護までしているようです。昨日だったかポワチエの県庁で朝っぱらから高校生が柵に自らの身体を鎖で縛るというパーフォマンスは予告無しだったために警官が鎖を巨大ペンチで切りまくっていましたね。

が、しかし、だ。
ストでもデモでもやってくれ。・・・と、わが心が少しは世間に広くなったつもりだけれど、お昼過ぎに帰宅してテレビをつけたところで、ストライキのためにニュウスが放映されないってぇのは困る。本当に困る。でも仏蘭西という国ではテレビ局職員にもストやらデモに参加する権利がある。だって彼らも共和国民なのだから。でも、生放送番組が流れないってぇのは困る。仏蘭西びとは困らないのだろうか?

きょうのところは、おとといからずーっと仏蘭西のニュウスのトップ事項は教皇B16のアフリカ訪問についてですからね。
▼TF1 : Les propos du pape horrifient la classe politique
18 mars 2009 - 20h00
▼TF1 : Au Cameroun, pas un mot du Pape sur le préservatif
19 mars 2009 - 20h00
お昼のニュウスでは確認できなかったけれど、夜のニュウスを見たらやっぱりトップはB16のアフリカ訪問。ギニョルショーも昨日今日とも教皇@アフリカのネタが中心。それにしてもこんにち カメルーンでは60,000人参列の野外ミサ だって・・・すっごー。
↓ 3月19日カメルーンでのミサの中継はこちらで。
http://www.ktotv.com/cms/videos/fiche_video.html?idV=00043839&vl=video_a_la_une
あ、けふはB16の霊名日でもあったのだな。

le 19 mars 2009, Joseph
[PR]
by ma_cocotte | 2009-03-19 23:59 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(4)
Commented by しぇリ~ at 2009-03-21 00:04 x
France3で少しだけ流れますが、ニュースもストとは驚きですよね。
以前、我が家の前からデモが始まったとき、朝4時くらいから人々が集まり始めるので、うるさくて非常に迷惑でした。
お天気がよいから今回のデモは見ていて楽しそうでしたよ。。
でも、メーカーサイドのデモやネゴは暴徒化して怖いですね。
まさに革命を起した国だからか??と思わずにはいられません。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-21 05:18
★ しぇリ~さま、
まだストの余韻が残っているようですね。
暴徒と化すのはよろしくないけれど、賢愚帝の要求をかなえられない
共和国民のつらさを賢愚帝が理解してくれないと、と思います。
Commented by らぴ at 2009-03-21 19:41 x
テレビまでストやっていると、「君たちにはジャーナリスト魂ってもんがないのかぁ!こんなときこそ仕事なんじゃないのかい?」とつっこみたくなりますね。権利と言われればそうなんだけれど。数年前、警察官がデモやってたときは「誰がこのデモ警備するの???」と思った次第です。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-28 20:28
★ らぴさま、生放送のストというのは信じ難いものがありますよね。
労働者の権利であり、共和国民に平等に与えられた権利でもあるのは
すばらしいとはわかっちゃあいるンですが(笑。

が、フランスでもコネ入社の方々はこういう活動に参加しないことが
内内の条件に加えられていたりもするらしいです。その約束だけで
突然の解雇から免れるとか(失笑。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヂャウ・ハランバン夫妻は羅馬に... 知って良かった、知らなきゃ良かった。 >>