<< 隠れても無駄、無駄。 ヂャウ・ハランバン夫妻は羅馬に... >>
妙にこだわる貴兄貴女に、
畏れ多くも畏くも。
こちらが、ヴァチカンは聖ピエトロ大聖堂のミサ・スケジュールでございます。m( _ _ )m
b0070127_14523948.jpg
↑ 聖ピエトロ大聖堂入口扉のすぐ左に掲示されております ↑


妙にこだわる方々には「見えない!」と叱られたりしますので、まずは
b0070127_15394195.jpg
主 日


続きましては、
b0070127_15434118.jpg
週 日



¢( ・_・) オヤ?    (" ̄д ̄) アレ~?



週日でしたら、午後五時
b0070127_15485488.jpg



日曜(主日)でしたら、午前十時半
b0070127_15491936.jpg

大聖堂祭壇 にいらっしゃれば ラテン語の典礼文と聖歌によるごミサ にあずかれます。

トリエント典礼ではないでしょーけれど、まっさか 偽物 ではあるまーに。

こむてュヴ、こむヴヴれ で ヴぁじ、あれじ ざ~ます。  
Comme tu veux. Comme vous voulez... et, vas-y. Allez-y.

ちなみにあてくしは、朝もはよからココ ↓
b0070127_1652212.jpg
このために午前7時には大聖堂内のど真ん中におりますた。
ここ ↑ であずかるミサのためには一般の墓参の道順と異なり、ろうそくを持つ赤いおべべに白いスルプリの侍者に導かれ、大祭壇向かって右の螺旋階段をそろそろと降りて参ります。がーぶちょん。
墓所の左隣には、グアドルーペの聖母の小聖堂がございました。
b0070127_1693869.jpg
この日は午前8時過ぎから5人ほどがこの聖堂でごミサにあずかってらっさいました。

司教さまの「神さまがいなかったら、ペトロがいなかったら、私たちが今ここでこうして集えたでしょうか?」という私たちへの問いかけは心に本当に響きました。涙がぢわぁあああ。
b0070127_16301239.jpg
ぺっとろぉおおっっ!


le 29 mars 2009, Gwladys

 聖ピエトロ大聖堂地下ですが、左奥から入場する観光コースでは写真撮影は厳禁です。職員が撮影を知るなり、即刻、外部に強制退去になります。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-03-29 14:56 | 『?』なKTOりっくん | Comments(4)
Commented by Lucia at 2009-03-30 08:57 x
何十回も聖ピエトロ大聖堂には参りましたが、こんな案内には気付きませんでした。もしかしたら、私は車椅子なので、エレベータを使って横から入ってしまうから見なかったのでしょうか?

ローマでは3月のお天気は気まぐれだと言われています。晴れていると思ったら雨になったり…。だからいつでもレインコート着用が良さそうです。日中猛暑の真夏でも夜になると冷え込むので、凱旋門や皇帝の記念円柱などでも、南を向いている部分の傷みが激しいと修復士が言っておられました。

日本でも今年は3月末なのに冷え込んでいます。数日前も日本海側の福井では雪が積もっていました。
やはり世界的に気候変動が記録されているようですね。
どうかお風邪など召されず、お元気で旅の楽しさを反芻してくださいね。
Commented by ma_cocotte at 2009-03-30 16:33
★ Lucia さま、おそらくそうです>エレベータ
一般の入口(聖年の扉の左)の扉の左にクラシックな書見台に
固定されて掲示されていました。母校のシスター方が聖堂に参集する
時間と似た時間配分なので聖務日課に近いでしょうか。他にもミサが
行われていることが多いので、聖堂内では典礼文や聖歌が耳に入って
来て心地よかったです(偶然にも祭壇後ろの聖堂で仏蘭西語ミサが
あげられていました)。

今回のローマですが、どうも異常気象の真っ只中に足を入れてしまったようです。
朝の天気予報でトリノより低温と知って覚悟しても寒かったです。火曜日の
夕方、友人に会うため、団体とは別行動を取った際にまとまった雨に
遭いました。雨宿りしたお店が食材店でいろいろ味見しながら時間つぶし。
楽しかったです!(夕食に遅れてライトに叱られたけれど。

とても充実しすぎた旅でしたが、自分のテンポではないし、ベネさまが
いらっしゃらなかったのでどこか消化不良な部分もあります。Lucia さんの
ご来欧でローマにもう一度!...かないますように!
Commented by Lucia at 2009-03-31 07:35 x
シチリアはパレルモに行った友人から昨日手紙を受け取ったのですが、パレルモでも極寒地のようだったそうです。確かに気象は異常ですね。
サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラのお写真、見事ですね。空の青さはma_cocotteさんの澄んだ心を反映していたのかも・・・。
旅の疲れが出ませんように!
Commented by ma_cocotte at 2009-03-31 14:44
★ Lucia さま、先週ですが毎朝、天気予報を見ると、ピエモンテや
エミリアの方がローマより予想最高気温が高いのです。

・・・・納得いきませんでした(爆笑。

ローマから戻った翌日のココんちあたりも初夏のような気持良さで。
で、教皇さまがヴァチカンに戻られた翌日の夜はヴァチカン高官である
フランス人神父さまからのレクチャーでしたが、教皇さまがいらした
あたりは連日40度だったそうです。もしかしたら教皇さまがローマの
熱気を運ばれているのかも。いらっしゃらない時のローマは閑散と
しているのに、戻られてからの人ごみの凄さと言ったら。

やっぱりもう一度ローマに行かねば!(笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 隠れても無駄、無駄。 ヂャウ・ハランバン夫妻は羅馬に... >>