<< 「早起きは三文の徳」の「得」 ポワチエで、おくりびと >>
聖週間 La semaine sainte
今年の復活祭 La Pâques は今週末にあたります。
その一週間前の土曜日没後から始まる一週間を「聖週間 la semaine sainte 」と呼び、連日のように復活祭を迎えるための儀式が行われます。

・・・ということを知ってはいたのですけれど、聖週間最初の行事「枝の主日 Rameaux 」の 翌日 に、ポワチエの聖母参事会教会 Collégiale NOTRE-DAME-LA-GRANDE に入ってはみたものの、
b0070127_163656100.jpg
¢( ・_・) アレェ? そこはかとなく何か違う...!?


何が違うって・・・寄って見ましょう。
b0070127_16522033.jpg



もそっと寄って角度を変えて見ましょう。
b0070127_16562729.jpg



ぐるっと廻っちゃったりなんかして、
b0070127_16491656.jpg


なーんて美しいマントに台座なんでっしょっっ!...欲しいわぁ。(もらったところでどーする?

月曜日の昼下がりに撮った写真をココんちに持ち帰ったところで、何か違うとようやく気付いた私。流石、蛍光灯脳を携えたヒトであります。電球脳に生まれたかった。
以前、この教会を訪問した時 の写真をおさらいしてみたら、
b0070127_1752611.jpg
なーるほろ。

聖母子像も、おそらくカビ臭さの元凶の二本でもある両脇の柱も聖週間に入っておめかししていたのですね。この聖堂の空間から醸し出され我ら五感に訴える雰囲気はまさに「パッシオン Passion」
四旬節の典礼色は紫を用います。待降節にも紫を用いますが、四旬節の場合は回心や悔い改めを表します。なお、受難の主日(枝の主日)には赤、聖香油のミサでは白を用います。四旬節第4主日(レターレの主日)には、習慣のあるところではばら色を用いることができます。

さて、今宵は聖木曜日。最後の晩餐と洗足式でありまする。

le 9 avril 2009, Gautier

あ、そうでした。この聖週間、こちら ↓ でヴァチカンとノートルダム・ド・パリでの行事が生中継でご覧になれます。
La Semaine Sainte et Pâques sur KTO
http://www.ktotv.com/cms/semaine_sainte_2009
掲載されている放映時間に足すことの7時間が日本時間になります。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-04-09 16:39 | 『巡礼』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「早起きは三文の徳」の「得」 ポワチエで、おくりびと >>