<< こんなヒト、どうでもいいのよ、... なにやら10,000km東から... >>
なんだ、2500ユーロで買えたのか。ε= (´∞` ) Bof
まったくもって恥ずかしい話が共和国内で木曜日から持ち上がっています。
中国人留学生が学歴を買っていたことがバレました。
...バレるの遅いよ、もう。な話だったりするけれど。何でも金 キンとでもカネとでもどうぞご自由に で何とかなるという先祖を持つ8000km東のアジアにおぢゃる「中華國」と徹底政教分離から104年、68革命から41年が過ぎて良心なんて持たず、近年、サルコぢという金の亡者が皇帝の座に就いた欧州の「中華國」の間だから成り立つ商談ですね。どちらが本物の世界の中心、ヘソ国家なのかとこの事件だけで判断するとアジアの中國サマでしょう。欧州の自称「中華」サマであるおフランスは世界に生き恥晒したようなものですぜ。
木曜日に私が聴いた話では南仏はトゥーロン大学で2700ユーロで学位を買った中国人留学生を発見したということで、何でも最低価格が2500ユーロ、それ以上払えば学位が買えるのだそうです(現在では買え「た」のだそうです、になります。もう買えません。)。2500ユーロで買えるのに、逆に中國人側から「100,000ユーロ出すから、学位をくれ」と交渉してきたこともあったとか。こんな話、良心なんてあったもんぢゃありませんね。

この世はゼニだあっ!カネ、持って来ーいっっ!


お金に目がくらんだ人間はワルである、というのはディズニー映画ではお決まりの設定だったりしますが、
( ̄□ ̄;)ア!中國も仏蘭西もディズニーに疎かった...。
この一件、日本國には以下のように伝えられております。

<中国人留学生>仏の大学で数百人がわいろで学位取得疑惑
4月16日20時55分配信 毎日新聞
【パリ福原直樹】フランス南部の大学で、中国人留学生数百人が大学幹部にわいろを渡し、経営学修士などの学位を得ていた可能性が強まり、仏当局が捜査に乗り出した。捜査幹部は毎日新聞に「他の大学でも同様の行為が行われた可能性がある」としており、仏社会で大問題になる可能性が出てきた。▼仏国民教育省やルモンド紙によると、仏南部の公立トゥーロン大学(学生数約1万人)で約5年前から贈収賄が始まった。中国人留学生1人が学位を「購入」できたことから、他の中国人学生に慣行が拡大。08年だけで約300の学位が売られた可能性があるという。▼同紙によると捜査当局は1学位に2700ユーロ(約35万円)前後のわいろが支払われた可能性があると見ている。また、大学幹部の一人は「ある中国人学生が今年、約60人の中国人留学生に学位を与える見返りに、10万ユーロのわいろを提示した」と話した。同大学には約650人の中国人留学生がいる。▼捜査当局は事件の背後に仲介者がいると見ている。▼仏の中国人留学生は99年の約2000人が、06年には1万7000人に増加。同紙は大学幹部の「中国人留学生はほぼ全員が修士号を取得する一方、他学生の取得率は60~70%」「新規の中国人留学生のほとんどが仏語を話さない」との談話を紹介した。



木曜日以降、トゥーロン大学だけでなく、コルシカ Corse、ポー Pau、ラ・ロシェル La Rochelle、ポワチエ Poitiersでも同様の売買が行われていた、とニュウスで流れています。しかも、どうも中國人側が選択的に留学先の大学を絞って、つまり前出の大学ですな、いるらしい。うむぅうう。年度末になって中國人留学生側から積極的に学位を買う行動に出るのも、学位を取得して中國に帰国後、フランスの大学の学位証明書があると国家の功績者の扱いでその後の進路が決まる、つまり出世街道に乗れるというか、中國ですから政府が乗せてくれるのでしょう。フランスの複数の新聞に
La France, nouvel el dorado chinois?
フランスは中国の新しいエルドラド(黄金郷)なのか?
と書かれていましたが、お金さえあれば学位を買えるなら中國人にとってフランスは黄金郷ではないでしょうか。だってフランス語を話せない(というより、読み書きはどうなんだろう?)中國人留学生が100%学位を取れるのに、フランス国籍者の学位取得が学生全体の60~70%って。6割が進級できたり学位が取れるフランス国内の大学というのもかなり甘い部類に属すると私個人は拝察いたしますけれど。この話、フランス国内に数年寄生しているガイジンの立場で申しますと、教育査察官の職務怠慢かと想像したりもしましたが、賄賂だとするならフランス側が腐っているのでしょう。呆れた。単純に私がこれまで見てきた真面目すぎるほど真面目に、地味に、コツコツガツガツと勉強していたフランス人学生の姿を思い出し、留年しては軍隊や専門学校の道に彼らを思うとかわいそうになるけれど、だいたいフランス人学生だって学生生活補助をもらっている子がほとんどだからこんな賄賂に関わることさえ現実では難しいのです。ガイコクからわざわざこんなことをしにフランスに入国する中國人っていったい。

思い起こせば、大昔、私も中國人留学生とこんなことがありました ↓ 。
『私はこのオンナよりいい教育を受けているのよ。』
http://malicieuse.exblog.jp/1119132/
不思議でした。なぜ同棲相手も中國人留学生なのに、正規留学生としてふたりで長期滞在し、モナコに引越せるのか。華やかな二人だったわあ。今、思えば私の偏見や無知のせいで彼女から聞いた話が不思議に思えたのかもしれませんが、でも、やっぱり今もそこはかとなく不思議だ。中國人で海外滞在できるなんて政府に選ばれた家庭の子女でしょうから、政府の支援あってこその留学先ではないかと私は想像するのです。故に今回の件でも中國留学生側がフランス国内の留学先の的を絞っているという現象が起こるのではないか、と。学歴を持ち帰ったことで出世街道に政府が乗せてくれるのではなく、政府が学位獲得のためにフランスに送り込んだ選ばれた学生ではないのかなあ?物語はどこから始まっているのでしょう?実は中國政府包みの学歴購入だったりなんかして。んなわけないか。
兎に角、バレて良かったです。賄賂を受け取ったフランス人はいけません。
あなたの良心はどこに?
捜査官のみなさま方、お金に目もくれず正義を示してください。

、てー。ついでに神聖賢愚帝サルコぢ一世に関する報道を以下に。

サルコジ大統領しゃべり過ぎ=最高行政裁認定、TV発言規制へ-仏
4月18日7時17分配信 時事通信
【パリ18日時事】フランスの最高行政裁判所に当たる国務院はこのほど、サルコジ大統領のテレビ・ラジオでの発言時間が長過ぎ、多様な言論尊重の原則に反するとして是正を求めた野党・社会党の訴えを「妥当」と認め、大統領の発言時間を規制するよう関係当局に指示した。▼ルモンド紙によると、同大統領の発言時間は2007年7月~08年6月の1年間に、1人で仏政治家全体の20%以上を占めた。1989~2005年にミッテラン、シラク両大統領(当時)が平均7%だったのと比べ、圧倒的に長い。▼フランスでは政府、与党、野党のテレビ発言時間を3分の1ずつとする規則があるが、大統領は政治を超越した国家元首として、例外扱いされてきた。しかしサルコジ氏の場合、右派与党トップとしての政治的発言も目立つ。このため、社会党は大統領の発言時間を政府・与党分に組み入れるよう求めていた。▼近く当局がテレビ・ラジオ局と協議し、調整を進める見通し。



ヽ(`Д´)ノ さーて、さて。今や皇帝サルコぢの私物のごとき民放の雄 TF1 が最高行政裁判所の言うことを聞くのかご注目ですわいな。
フランスでは政府、与党、野党のテレビ発言時間を3分の1ずつとする規則があるが、大統領は政治を超越した国家元首として、例外扱いされてきた。しかしサルコジ氏の場合、右派与党トップとしての政治的発言も目立つ。
神聖賢愚帝サルコぢサマの場合は「政治を超越した国家元首」というより「公私混同甚だしい一族で独裁を目論む国家元首」ですからに。例外扱いされたのではなく、自ら「朕は臣民の外にある」ざんすからして。今のうちに裁判所も正義を示してサルコぢの毒を切り取らないと、フランスがサルの独裁国家になってからではどーにもなるまい。これもまた、
がんばってくらはいませ。
公務員の汚職くらい国の価値を下げる話はないのぉ。フランスもガイコク相手だろうが国家元首相手だろうがこんなことが続くようでは先進国どころか日本の飛鳥時代以前ではないでしょうか。自称世界の中華国家がこんなことで恥ずかしくないのも本物の中華だからでせうか。

le 18 avril 2009, Parfait
[PR]
by ma_cocotte | 2009-04-18 04:02 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(8)
Commented by いとへん at 2009-04-19 17:37 x
こんにちは、しばらく引きこもりをしてました。春とともに元気になったところです。
しかし、2700ユーロ程度で(いやいや大金なんですけど、これで将来が買えるとなればってことで)学位がもらえるならこの3倍も払って博士号まで頂きたいものですねー。あちらの国のかたは同じアジア人でもほんとに貪欲で日本人には計り知れないところがありますね。
すでに買った学位で母国で活躍なさってる方もすでにおられるのでしょうが、実際フランス語ができなくても問題がないんでしょうかねぇ??不思議国ですなー。
一つ前の日記も読みましたが、日本人のなかにも理解不能な方もたくさんいるもんですね。特にこの電脳の世界にはたくさんいるみたいですものね。気に病まずご自愛くださいね。
Commented by ma_cocotte at 2009-04-19 20:24
★ 鍵14H33@190409 さま、はじめまして。
枢機卿・濱尾司教さま(どうしてもこの呼び方が馴染みありまして、
ご寛恕のほど)のことは少女だった頃の素直な思いのまま書いたつもりです。
もし無作法だと感じ取られましたら、お赦しください。でも、当時、コメント
欄でいろいろ思い出を分かち合え、それをきっかけにコメントを下さるように
なった濱尾司教さまゆかりの方々との出会いは私にとって貴重です。
濱尾司教さまの帰天をもっての贈り物です。こうして鍵さんとの交流も
そうです。感謝、感謝ですね。
上の学歴売買の件は「鶏か卵か」的な話のように思えます。こういう
悪いことを促している素がうやむやだと思いませんか?気持悪いですね。
サルコぢは大統領になる前から中國を持ち上げるために日本國について
貶めた発言をしていたこともあったので、対チベット問題においてああいう
立場になったのは元々彼の個人思想や関係構築に原因があると私は
見ています。これもサルコがヘソ中(=中華)で私利私欲優先にしている
からではないでしょうか。いくら大金持ちでも彼の生き方はPitié だと
思います。
Commented by ma_cocotte at 2009-04-19 20:37
★ いとへんさま、こんにちわ。
Pâques と共に復帰!これぞ、Pâques !(笑。
こちらは日曜だというのに小雨降る肌寒い日になってしまいました。
バーベQはまだ先のお楽しみです(ちょい泣き)
いやー、この学位売買の件ですが、ココんちの食卓で「なんだ、2500
ユーロなら買えば良かったかな」とついうっかり私がつぶやきまして、
「Trop tard 遅いよ」という返事(笑)。お金でなんとかなるのかもしれませんが、
だからと言ってお金で買ったところでバレる私のアイデンティティなので、
尋常なら、良心があるなら買いませんよね。良心がないがごとく傲慢かますと
フランスだったらサルコぢのように彼の存在自体にConscience (良心)という
単語が箔付けされ、世間から嘲笑を浴びますが、中國の人はこういうことを
するのに良心の呵責がないのでしょうか? 続くぅ
Commented by ma_cocotte at 2009-04-19 20:40
★ この学位売買事件を知れば知るほどどこが発端なのかわかりません。
本当に学位証を得て以降に中國政府が関与して、エリートの道を与えて
いるのでしょうか?中國内での仲介業者とは民営?逆にフランス側で
お金に目がくらんで悪事を続けた人も情けないですね。どちらもいけません。
ひとつ前のエントリーもそうですがこちらの感想は「彼らの良心はどこに?」
に尽きます。
自分には許す行動と同じことを他人がしたら周囲に「相手にするな」と
言える人はもちろん自分自身も相手にしないでくれ、と言っているなら
理解できますが、どーやらそーぢゃないみたいです。これもある意味、
魂を売ってますね。騙されちゃマズいです。
Commented by いとへん at 2009-04-20 18:44 x
丁寧なお返事をありがとうございます。
少しでも良心の呵責を感じるなどというモラル道徳心を持ち合わせているようであれば、決して手を出すような買い物ではありませんね。
買ったところで、おっしゃるように化けの皮がつるりとすべり落ち、剥がれてしまう薄っぺらいお買い物です。同じ金額を払えばBTSにだって行けるのにと思ってしまいます。
中学生の頃、当時の校長先生は みんなはこの中学校の代表なのだ、何か悪いことをした場合でも、いいことをした場合でも、あの中学校の生徒 と言われてしまうという自覚を持ちなさい とおっしゃってました。まさしく、かの国の人、全てがモラルが低いと言い切ることもできない、人口に対してほんの一握りの高官、政治家等の所業なのでしょう、と思いたいです。一握りだからいいってもんでももちろんないのですけど。
ここ、44地域の大学でもなにやら同じことがあるやもと、いま調査に乗り出すと聞きました。ザンネンな限りですが、私には到底できない買い物なので地道にやるしかないですよねー。
Commented by ma_cocotte at 2009-04-20 22:40
★ いとへんさま、
フランスの大学は裏口の必要がないだけに、出口で学費購入となるのでしょうか。
中國国内で農村部と都市部に二分され、この2分を人民が自由に行き来
さえできないのに、海外に送られてくる中國人というのは政府に認可を
もらった中國人。思うに、既にその段階で政府からミッションを与えられて
いるのではないでしょうかね。これまで拙ブログで産業スパイの件も
不法滞在による不法調理の食材売買の件も取り上げて来ましたが、
やはり途中で存在が消えて売春行為なり調理場勤務なりスパイなり
私たちには不気味だけど・・・フランス人は不気味ぢゃないのかしら?
留学生受け入れとその後の就職斡旋についてフランスが中國人だけ
甘やかしていたのも傍観している私たちにはわかっていることですものね。
本文にも書きましたが、中國からやってきた留学生カップルが軽々と
エクスがだめならモナコに行くから・・・て言えること自体、今でも納得
いかなかったりしています。親からの仕送りだけではないと見ています。
Commented by el09 at 2009-04-21 09:52 x
ま・ここっとさま 心のこもったお返事ありがとうございました 鍵14H33@190409=el09です。。exciteブログの使用方法が不明なまま前回のご挨拶を誤って削除してしまいました 大変申し訳ございません(平身低頭) 浜尾枢機卿様の(楽しいこぼれ)話も またいつの日か貴ブログで教えてください パパ様のお話(もちろん他の多岐にわたる話題も)大変楽しみにいたしております el09のアンテナにかかるニュース事情を一般大多数ニュース源で知る→ま・ここっとさま貴ブログをすぐクリックする というパターンができあがっております(苦笑) それだけにこれほど充実した記事をお書きになる ま・ここっとさまのお勉強やご苦労は いかばかりかと。。僭越ながらご推察もうしあげます どうぞ ま・ここっとさまのまい・ぺえすで 貴ブログのさらなるご発展を心から期待しお祈り申し上げます 主の平和と善いことがありますように
Commented by ma_cocotte at 2009-04-21 16:23
★ el09 さま、改めましてこんにちは。
貴コメントに感謝です。
こちらこそよろしくお願いいたします。知らないことばかりなので、こういう
形ではありますが、互いに意見を交換しあって、知る喜びを味わうことが
できれば、と願いつつ、牛歩で前進しています。
「主の平和」についてこの頃考えることが多くなりました。しんみり。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< こんなヒト、どうでもいいのよ、... なにやら10,000km東から... >>