<< 壁のムコウ と 壁のコチラ 片隅から視線を感じた。 >>
噂を信じちゃいけないよ。
2009年5月12日、エルサレムはオリーヴ山であげられた野外ミサでの事実。
b0070127_21125954.jpg
Mardi, les fidèles sont venus par milliers dans la Vallée de Josaphat à Jérusalem pour assister mardi à la première messe célébrée par le pape Benoît XVI dans la Ville sainte © AFP PHOTO/JACK GUEZ

日本國内だけでなく、電脳域の日本語環境で絶対禁止と噂されている、いわゆるひとつの「両形態」、英語で書くなら Holy Communion under both kinds と呼ばれる聖体拝領の形ですけれど、
え?「串カツ方式」と揶揄される方々もいらっさる?
教皇さま司式のこのごミサにおかれましては、教皇さまからの聖体拝領は「跪いて口での聖体拝領」ですけれど、他の司祭からの拝領の場合は「両形態」で、ビデオ画面には司祭の手による両形態も、世俗の手による両形態も、はっきり認めることができます。
Messe célébrée dans la Vallée de Josaphat
Diffusé le 12/05/2009 / Durée 90 mn

http://www.ktotv.com/cms/videos/fiche_video.html?idV=00044914&vl=video_nouveautes
↑ 一時間45分目あたりから聖体拝領になります ↑
このごミサをどなたがどのように裁くのだらふ?
どうやら両形態と呼ばれる聖体拝領がカトリック教会において 絶対禁止でない ことだけは間違いあるまい。いったい誰がこの拝領について「絶対禁止」と日本語で伝え始めたのだろう?そもそも、抜本からどこにも、どの文書にも、「絶対禁止」なんて書いていないのに。何語だから信じる、何語だから疑う、というより、「我が目で見りゃわかる」がカトリックのよさでもある。教皇さまの御目の届く中で堂々と「両形態」が行われているのだから、
教皇さまといつも一緒、わたしたちみんな 060.gif071.gif060.gif
それにしても、オソルベシ、日本ビト。

le 13 mai 2009, Notre Dame de Fatima


▽5月13日午前にベトレヘムであげられたごミサのビデオもぜひ
Messe sur la place de la Mangeoire à Bethléem
Diffusé le 13/05/2009 / Durée 90 mn

http://www.ktotv.com/cms/videos/fiche_video.html?idV=00044916&vl=video_nouveautes


追 記 【2009年6月19日、聖心の祝日に】
畏れ多くも、いえ、恐れずに就労先から ラ フランス とおっしゃる方が以下のコメントをくださいました。
Commented by ラ フランス at 2009-06-19 12:16 x
日本で問題とされているのは、セルフインティンクションです。
これは、バチカンでは認められておりません。
バチカンでは、聖職者でない方(世俗の方)の両形態のセルフインティンクションは、行っておりません。この映像は、認可された聖職者のものであり、世俗の方の両形態ではありません。

ブログ管理者様は、読者に誤解を与えぬよう
記事の訂正をお願いいたします。
この方が「バチカンでは認められておりません」とおっしゃるのはおそらく指針あがないの秘跡第104項の一文 ↓ を指して、断言していらっしゃると拝察いたします。
[104.] The communicant must not be permitted to intinct the host himself in the chalice, nor to receive the intincted host in the hand. As for the host to be used for the intinction, it should be made of valid matter, also consecrated; it is altogether forbidden to use non-consecrated bread or other matter. Redemptionis Sacramentum
以上、ヴァチカンの公式英語訳について日本カトリック司教協議会が認可された日本語訳は以下のとおりです。
104. 拝領者は自分でホスティアを御血に浸すことや、御血に浸されたホスティアを手で拝領することを許されてはならない。御血に浸すために用いられるホスティアについては、有効な材料で作られており、聖別されていなければならない。聖別されていないパンやその他のものを用いることは絶対に禁じられる
この英文前半の be permitted to の permit の意味は「許す、許可する」「~させておく」「黙認(容認、許容)する」です。この動詞 permit の語源はラテン語の permiss permitto であり、このラテン語の意味は英語でいうところの to allow、つまり日本語の意味は「許す」「認める」「酌量する」 です。人類の歴史において、このラテン語 permiss permitto が派生した動詞を用いるのは英語だけでなく、フランス語、イタリア語、スペイン語もそうです。cf. http://malicieuse.exblog.jp/11170244/

さて、問題の104項の一部分の文ですが、
The communicant must not be permitted to intinct the host himself in the chalice,
この一文の幹はどうなるでしょうか?
The communicant is permitted to intinct the host himself in the chalice,
です。原文はこの肯定文を not を用いて否定し、助動詞の must を更に添えたのです。この must は「現在または未来の必要、義務、命令」に用い、must の否定形は must not ではなく、need not です。そんぢゃ must not だと動詞をどう補うのでしょう?「当然の推移を含んだ禁止」です。なぜ「当然の推移を含む」のかと申しますと、must という助動詞は「話し手の判断に由来する義務」を命じる時に用いるからです。

肯定文がある以上、許しを得る手段、つまり認可申請 application の方法があるとなります。決して「絶対禁止」と判断できません。具体例は同じ「指針あがないの秘跡」第92項
[92.] Although each of the faithful always has the right to receive Holy Communion on the tongue, at his choice, if any communicant should wish to receive the Sacrament in the hand, in areas where the Bishops’ Conference with the recognitio of the Apostolic See has given permission, the sacred host is to be administered to him or her.

92. おのおのの信者は、自分の選択によって、聖体を口で受ける権利をつねに持っているが、拝領者のある者が手で秘跡を受けることを望むなら、司教協議会が使徒座の承認を得て許可した地域においては、その者に聖なるホスティアを授与すべきである。
permission は動詞 permit の名詞形のひとつで、意味は「許可、許諾、認可」です。そして太字で抜き出した部分「司教協議会が使徒座の承認を得て許可した地域においては」ですが、この動作の流れはカトリックの世界に限らず欧米社会の一般常識で、
認可請求 Application → 委任 Authorization → 認可状 Permission
の流れがあるので、カトリック世界ならば司教協議会が使徒座に行動を起こしての結果、つまり司教協議会の手元に使徒座から委任状、免状が届いた段階で「求めが成就された」ことになり、免状が届かない審査過程であろう段階では、理由や場合によって教区長である司教の判断で暫定的行動ができる場合もあるのです。この第92項の一文後半を否定形に作り変えてみると、理解に至れる可能を個人によっては持っていると思われます。
if any communicant should wish to receive the Sacrament in the hand, in areas where the Bishops’ Conference without the recognitio of the Apostolic See has given permission, the sacred host is notto be administered to him or her.
be administered to ~ について公式の和訳では「授与すべきである。」となっていますが、本来、 be administered to ~ には [ 法律を ]施行または執行する という深意と真意があります。ですから、92項の後半を否定形に変えると、
拝領者のある者が手で秘跡を受けることを望むなら、司教協議会が使徒座の承認を得て許可されていない地域においては、その者に聖なるホスティアを授与することは(法により)施行執行しない
と和訳することできます。
ここで注目すべきはこの104項の主語です。The communicant は拝領者です。授与者が含まれていません。これもカトリックの中の慣習から見れば当たり前のことで、世俗に生きる立場で聖域を抜きにした勝手な判断、独善判断はあり得ないことなので、「授与できる立場を与えられる立場の者」が使徒座に「両形態拝領の許しをいただく手段」が原則としてあるということになります。
仮に、聖域側において日本の司教協議会と使徒座の間で
認可請求 Application → 委任 Authorization → 認可状 Permission
の作業中だとするならば、教区長判断で両形態拝領の委任を小教区長または修道会によっては修道院長に出すことができる事項もあるのです。全ての事項について平らに等しく委任が出ません。
そもそも、セルフ・インティンクション self-intinction という英語風の単語ですが、ヴァチカンの公式英語訳「あがないの秘跡」においてこの単語は用いられていません。他の文献でも見受けませんので、典礼秘跡省で認められた単語ではなさそうです。

b0070127_452947.jpg

この写真 ↑ の掲示は以下のように書かれています。

DANS UN MONASTERE VOUS AVEZ LA POSSIBILITE
DE COMMUNIER AU PRECIEUX SANG.
IL EST CONSEILLE DE COMMUNIER PAR INTINCTION.
VOUS GARDEZ L'HOSTIE DANS LA MAIN ET VOUS
LA TREMPEZ DANS LE CALICE QUI VOUS EST PRESENTE.


日本語訳は以下のとおりです。

この観想修道会においてあなたは貴重な御血を拝領することができます。
"Intinction アンタンクシオン"による拝領をお勧めします。
(つまり、)あなたは の中に ホスチア を保持し、
(続いて、)ホスチアをあなたの前に差し出されたカリスに浸します


フランスも聖域において認可申請中であり、ヴァチカンの典礼秘跡省からの正式な返答(禁止または認可)を待つ間は各教区の長上である教区長の判断に一任されているそうです。将来、典礼秘跡省から正式な通達を拝受した時点で、その考えに全司教が従うことになります。そういう聖域側の動きについて世俗が全て万遍なく把握することがあるのでしょうか。
しかも、上の写真の小聖堂でも
DANS UN MONASTERE VOUS AVEZ LA POSSIBILITE
DE COMMUNIER AU PRECIEUX SANG
.

この観想修道会においてあなた貴重な御血を拝領することができます
と、「Vous あなた(方)」が「La possibilité 可能性」を「Avez 持っている」のであって、小教区聖堂に認可状を出した司教さまはなんら拝領者に両形態拝領を強制していません。拝領者個人ができないならしなくていいのですよ。実際、私が傍観している限り、舌でいただいた拝領者は必ずしもカリスに触れることもなく、ご自分の席に戻っています。

そんなわけで、ヴァチカンの求めに絶対従わない司教さまなんて、現在のところFSSPXの司教方しかおりません し、日本語で電脳上で流されている「ヴァチカンに従わない司教さまと神父さま方のせいで両形態したくないのに世俗の私はさせられている」というような悲劇はヴァチカンに直訴したところで「だったら、祈りに祈ってご自分で判断なさい」とお返事をいただくでしょう。書面ではなく、司祭方と
面と向かっての相談事ならば。
です。ヴァチカンは世俗に対し良心が痛むことを権威で押し付けてもいないのに、聖域で住まう方ではなく世俗が「これは、バチカンでは認められておりません。」と、読者に誤解を与えているのです。そのセルフ・インティンクションを拝領者本人がしたくないなら、自分で判断し、しなければ良いのですよ。短絡的に教区や小教区、司式司祭のせいにして、自分は正しいという主張はいかがと思います。

そもそもヴァチカンの聖ペトロ大聖堂で私はセルフ・インティンクション(?)なる両形態拝領を見ました。そばにいたヴァチカン職員方はどなたも止めませんでした。事前にヴァチカンから認可を頂戴した司教司式のミサだったからでしょうか?聖域の書類の流れは世俗が知る必要なく、基本的には従順・恭順。ですから「バチカンで認められていない」というコメントをこうして頂戴したところで、ヴァチカン市国内の現場においてこの目で見た私は同意もできませんし、このコメントに従うこともできません。

Messe à Montecassino
http://www.ktotv.com/cms/videos/fiche_video.html?idV=00045132&vl=video_nouveautes
[PR]
by ma_cocotte | 2009-05-13 21:21 | 『?』なKTOりっくん | Comments(14)
Commented by ラ フランス at 2009-06-19 12:16 x
日本で問題とされているのは、セルフインティンクションです。
これは、バチカンでは認められておりません。
バチカンでは、聖職者でない方(世俗の方)の両形態のセルフインティンクションは、行っておりません。この映像は、認可された聖職者のものであり、世俗の方の両形態ではありません。

ブログ管理者様は、読者に誤解を与えぬよう
記事の訂正をお願いいたします。
Commented by ma_cocotte at 2009-06-19 15:27
★ ラ フランス さま、はじめまして。

読者に誤解を与えないように、フランスの観想修道会の聖堂に掲載されている
写真を上にも添付しますね。修道者も世俗もセルフ・インティンクションを
「現在」行っています。それは<認可申請中>は司教の判断に任せられる
からです。
ラ フランスさまがおっしゃるとおり、証拠が曖昧でした。

で、ラ フランスさま、
職場で拙ブログをご覧になり、職場のPCからコメントを送信されて
大丈夫ですか?
Commented by コルベ at 2009-06-19 21:01 x
こんにちは。

文書の104節はどう考えても禁止条項のように見えるのですが、
そうではないってことですね。
一休さんのとんち話(この橋わたるべからず)のような
アクロバット的な手法のようにも感じるんですが、
”許容”しているのだという見方ですね。

そこまでして、セルフインティンクションを勧めたい
メリットってなんなんでしょう?
何か良いことがあるのでしょうか?

よければ教えてください!
Commented by ma_cocotte at 2009-06-19 21:34
★ コルベさま、はじめまして。
私はセルフインティンクションを他人に勧めていません。
逆に must not be permitted to ~ は絶対禁止を意味しないのに、
まるで絶対禁止のように日本語で喧伝する理由は何でしょう?
104項の前半の英文の幹では、コルベさんが自ら書かれたとおり「拝領
者が自分自身でホスチアをカリスの中に浸すことは許容されている」と訳せます。
英語においてpermit は名詞だと「免許証」「許可証」の意です。本当に
問答無用の絶対禁止だったらForbiddance か prohibition の派生で
表現するべきだったでしょう。
他人がそうしたところで自分はしなければいい。その理由は本人の
possibility(可能性)次第です。誰のせいでもなく、拝領者本人が決める
ことです。どうしても貴方がたが絶対禁止と世界中の信者に文章をもって
認めさせたいなら、Forbid またはprohibit に書き換えるよう、ヴァチカンの
翻訳関係部署に申請(application)を出されたら、いずれpermission が
出て単語が変更されるかもしれません。
それとも聖域から貴方がたに絶対禁止と世間に触れ回るようにという
使命が与えられているのですか?
Commented by ma_cocotte at 2009-06-19 21:40
★ コルベさま
私は以下のように書きましたが、コルベさんが所属する教会の司祭に
まず申請し、その先は助任→主任→教区長→ヴァチカンとなり、世俗は
沙汰を待つのみです。決して世俗→ヴァチカンというカトリックの伝統慣習
から外れることを私が貴方がたに勧めたのではありません。

そんな非常識を本物の伝統と生活慣習を守るカトリック信者はなさいません。
もちろんコルベさまも重々ご存知でらっしゃいますわよね?

======十======

どうしても貴方がたが絶対禁止と世界中の信者に文章をもって認めさせ
たいなら、Forbid またはprohibit に書き換えるよう、ヴァチカンの
翻訳関係部署に申請(application)を出されたら、いずれpermission が
出て単語が変更されるかもしれません。
Commented by こるべ at 2009-06-19 22:06 x
ma_cocotteさま

お返事いただき感謝します。

質問コーナーではないことは承知していますが、
次のこと教えていただければありがたいです。
104の前半は「御血に浸されたホスティアを手で拝領すること」
も許容されうる、という意味に理解することができますか?

どうぞよろしくお願いします。
Commented by ma_cocotte at 2009-06-19 22:17
★ こるべさま、
「許容されうる」までに決まった手順を踏めば許容されうる可能性が
あるのではないでしょうか。絶対禁止というのは許容されるまでの手段が
まったく無いことを意味します。
これはカトリックだけでなく、一般社会でも permit- が用いられている
場合は「許される部分」があります。が、絶対禁止は「無条件」で、
許される条件が「ない」のです。
ただし、重要な点がひとつあります。
それは許容されうる、つまり「許可状」が出されるためには

  申請 → 認可判断 → 委任&許可

という動作の流れがあります。もし求める側が申請すら動作を起こして
いない時点では「禁じられる」という言葉を日本語であてがうしかない
かもしれません。俗世間の例を出すなら、デモ行進を行う前に警察や
関係省庁にその旨の申請をし、申請が通った場合、車道を通行止めにしたり、
警護警官が配備されるでしょう。ところが申請さえしないで突然デモを
民衆が行ったら、それは違反と扱われ、警察に連行されませんか?
Commented by こるべ at 2009-06-20 00:42 x
いろいろなことが未解決ですが、このへんでやめておきます。
ありがとうございました。
Commented by ma_cocotte at 2009-06-20 01:36
★ こるべさま、承知いたしました。
「あがないの秘跡」104項の前半の文につき絶対禁止だと仮にするなら、
その理由をヴァチカンが補足しないと世間が混乱すると思います。
申請を出したところで必ずしもそれが受け入れられる返答が戻ってくる
とは限りません。こるべさんが願う「禁止」の旨が明記された返事が
あるかもしれません。それがはっきりした時点でそのようになりますよ。
もし「禁止」であれば暫定の認可はもちろん止まります(と、フランスで
聞いています)。
時間が長く感じられるかもしれませんが、こるべさんが世俗の方だと
するなら祈ってその日を待つ。いずれにせよ、カトリック(教会)のために、ですね。
Commented by こるべ at 2009-06-28 12:59 x
ma_cocotte様

所属教会では、今日から2とおりの聖体拝領方法に限定される
ことになったとの指示が司祭からありました。
1.御血を付けたホスチアを口で頂く。
2.手でホスチアを頂き口に入れたあと、別にカリスを受け取り
  御血を口で飲む。
以上です。

外国の文書の読み方の難しさを今回感じましたが、
あいまいさがなくなり、すっきりしました。
事態の急展開に驚いています。
ご相談いただきありがとうございました。
Commented by ma_cocotte at 2009-06-28 20:49
◎ こるべさま、良かったですね。
私もあれからいろいろ調べてみましたが、どうしても日本語で表現すると
訳しきれないことがこの項に限らずあるようです。

1.は昨年、パードレ・ピオのミサで、カプチンの神父さまはこの形で
なさっていましたよ。侍者がチボリウム、神父さまがカリスを持たれました。
こちらでは侍者がカリス、神父さまがホスチアで、信者が手を出すか、
口を開けるかによって臨機応変に動かれてます。

2.は以前から婚姻や洗礼式など内輪のミサでしばしば行われていましたね。

いずれにせよ、「あなたのおことばのとおりになりますように」(L 1:38)
ですね。でお・ぐらしあす。
Commented by しょうたろう at 2015-10-02 09:09 x
ma_cocotte様

御血を拝領する事は問題ないのですが、自分でホスチアを取ったり、自分で御血を浸す事は禁じられています。

『日本におけるミサ中の聖体拝領の方法に関する指針』
www.cbcj.catholic.jp/jpn/news/141121.htm

このpdfファイルの8ページをご覧下さい。

また、以下に池長大司教様の文書も貼り付けておきますので確認をお願いします。

Commented by しょうたろう at 2015-10-02 09:13 x
2009年7月9日

大阪教区の皆様

大阪大司教  池長 潤

【信徒の両形態による聖体拝領の方法について】

 教区の神父様、修道会・宜教会の方々、そして信徒の皆様に、両形態による聖体拝領の方法について、お知らせいたします。

 日本のカトリック教会では、これまで両形態による聖体拝領の方法として、司祭や聖体授与の臨時の奉仕者から与えられたご聖体を、自分で手で持っておん血に浸して拝領 (intinctio) したり、祭壇上に置かれたカリスを拝領者が自分で手にとって拝領をする方法が比較的一般的に行われてきました。日本カトリック司教協議会・典礼委員会は、この方法を 「日本の適用」 として、再三、引き続き特別な許しを与えて頂きたいと、教皇庁・典礼秘跡省にお願いしてきました。

 けれども、典礼秘跡省は、ご聖体もおん血も司祭や任命された奉仕者が、拝領者に手渡し授けることが、典礼上、定められた大切な規定として厳密に守らなければならないとの見解を強調し、2009年4月1日に駐日教皇大使を通して届けられた書簡においても、そのことが明示されました。日本カトリック司教協議会はこれを受け、今年6月の定例司教総会で、日本全体でローマの指示に従うよう確認いたしました。

 つきましては、7月9日付けのこの手紙が届いた日から、大阪教区のすべての教会や修道会・宣教会でも、信徒 (修道者を含む) が両形態による聖体拝領を行なう場合、以下の方法に従って行って頂きたくお願いいたします。
 (1) 司祭や任命された奉仕者から直接ご聖体およびカリスを受け取って拝領する。
  いったん受け取ったご聖体を、自分でおん血につけて拝領しない。
 (2) ご聖体をおん血に浸して拝領 (intinctio) する場合は、司祭や任命された奉仕者が直接拝領者の舌の上に置く。

役務を担う者の思いを謙虚に受け止め、日々主の死と復活を記念する教会が、いつもその永遠のいのちに満たされて歩み続けることができますように。
Commented by ma_cocotte at 2015-10-07 22:40
+ しょうたろうさま、

日本というか、大阪教区では「自分でホスチアを取ったり、自分で御血を浸す事」は行ってはならないようですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 壁のムコウ と 壁のコチラ 片隅から視線を感じた。 >>