<< 「返して」とお願いしても「戻っ... これさえあれば『プロヴァンス』 >>
Monsieur Révolutionと呼ばれているそうだ。ね,ノエル?
先日,France3で放映の生番組"On ne peut pas plaire à tout le monde"のゲストのひとりがNoël Mamère だった。
彼はBordeaux近くのBègles市市長であり,Gironde県の議員でもあり,フランス「緑の党」党首でもある元ニュースキャスターだ。この経歴を読んだだけで水を飲み込んで血を薄くしたくなるでしょう?テレビに映る彼,かなり人相に「毒」を感じるし,やっぱり元ニュースキャスター,話の押しが上手です。
今年6月5日彼はフランスで初めてゲイ・カップルの市民婚を司式。歴史に名を刻んだ。その直後にフランス政府から法で認められていないホモセクシュアルの結婚は無効であると宣言されてしまった。
昨晩は「移民に地方選挙権を与える運動を始める」と宣言し,司会者に「あなたは現代のMr. Révolution(=革命家)ですね?」なんて呼ばれて・・・「ふっふっふ,おぬしも悪よのぉ」ばりの不適なニヤリ。が,彼には弱みがある。それは前回の大統領選挙でももちろん彼は緑の党から選ばれた大統領候補であった。討論番組好きのフランスは大統領選挙まで連日各テレビ局で候補者討論会が放映され続けたけど,どの番組でも彼に尋ねることは

「緑の党って右派ですか?左派ですか?」

すると不思議なことに彼はいつも「緑の党はエコロジーを重んじ・・・」と切り出すのだけど,すぐに「そりゃ右派だって左派だってエコロジーは重んじるでしょう?」と尋ね返される。その後話をすり返るのも元ニュースキャスターの彼にはオチャノコサイサイでのらりくらり。大統領一次選挙で社会党のジョスパン候補(元首相)が敗れ去りシラク大統領と極右ジャン・マリー・ル・ペン氏の二次選挙となったこともあり,悩むことなくなぜかシラクを応援するはめになった左派に属してしまって現在に至っちゃっています。

兎にも角にも,6月のフランス初ホモ婚については彼の売名行為だと揶揄されることが多い。直後に国会議員選挙が控えていたからだ。昨晩もつっこみ鋭い司会者に「どうして法に定められていないのに認められたのでしょう?」と質問されたら「だってオランダでもベルギーでも・・・」と言った途端,ちょっと変わった雰囲気の女性歌手が椅子から離れて「ここはフランスだよ」と言いながら煙草を吹かし始めちゃった。

いや,常に眉間に縦皺の一見ニヒルなノエルももろにわかる苦笑いとうろたえ。
歯が見えた。
ちょっと滑稽な日曜夜だったわ。
[PR]
by ma_cocotte | 2004-11-25 18:19 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「返して」とお願いしても「戻っ... これさえあれば『プロヴァンス』 >>