<< ヂャン・バプティストに心を洗っ... 今のうちにやっておかなくっちゃ。 >>
さあ、きょうもはりきって生きましょう。
聖域の朝は早い。
b0070127_0425758.jpg
ローマの宿舎にて。午前8時手前。

b0070127_12426.jpg
ヴァチカンの聖ピエトロの回廊にて。午前9時手前。
自然光の中、仕事に向かわれる人々の美しいこと。

こうして人前に現れる前、各自が開眼一番、
朝まだきに我が心、主をあこがれて目覚む。
神よ、私の口を開いてください。
と唱え、身支度を整え、
私の神よ、あなたを礼拝いたします。
心からあなたを愛します。
きょう一日の行いをすべてあなたにお捧げいたします。
この行いがみ旨にかない、
あなたの光栄のためになるようにしてください。
わたしを罪から、そして、あらゆる悪からお守りください。
あなたの恵みが常に私の上に、
そして、わたしの愛するすべての人の上にありますように。
と祈って、公に飛び出る!
そのような人々が集う職場に悪が凄んでいるのだろうか?

午前9時半頃だったか、イエズス会管轄のジェズ教会 Chiesa del Gesù にて。
b0070127_0481853.jpg
朝の陽光の下、告解 ing 中


週日だと言うのに小聖堂の小ミサにはたくさんのローマっ子が集まっていた。
b0070127_1213720.jpg


ココ ↑ は小聖堂だと言うのに天井は、地に集う人々を眺めています。
b0070127_1313687.jpg
すんばらすぃ・・・手抜き無しのことよ。


人がひとりでいるのは良くないほど、人は強いのか、弱いのか。
朝一番に祈った人々は就寝前にはこう唱えて横になるそうだ。
わたしの神よ、あなたを礼拝いたします。
心からあなたを愛します。
わたしを造り、キリスト者とし、そして昼間もお守りくださいましたことを、あなたに感謝いたします。
わたしの犯した罪をおゆるしください。
そして、もし何かよいことをしたのならばお受け取りください。
眠っている間も危険からわたしを守り、あなたの恵みが常にわたしの上に、そして、わたしの愛するすべての人の上にもありますように。
と。そして、眠りから目覚めたら、上に挙げた祈りを唱え、身支度を整え、公に出る。これを毎日、毎日、目が覚めなくなる日まで繰り返すとな。ふむぅ、
人 は 弱 い 。
と、この一日のうち12時間ちょい、朝の希望→夕の反省の言葉の流れを眺めてはそう思うけれど、この毎朝晩の祈りの繰り返しで 心は強くなっていく のだろう。

このように朝晩の祈りを繰り返している方々を裁ける人々は毎朝毎晩どのような祈りを唱えているのだろう。こんな朝晩の祈りを唱えない方が、むしろ人は他人に 力で強くなれる のかもしれない。ふと、そう思った。

le 24 juin 2009, Jean-Baptiste
[PR]
by ma_cocotte | 2009-06-24 23:34 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヂャン・バプティストに心を洗っ... 今のうちにやっておかなくっちゃ。 >>