<< B16は署名を断った。 Le ... 地ニハ善意ノ人ニ平和アレ。 >>
パウロの日を迎えると同時に、
毎年6月29日はペトロとパウロの祝日です。フランスの暦だとフランス語表記になるのでペトロは Pierre ぴえーる、パウロは Paul ぽる と記されています。
b0070127_635368.jpg
今年2009年は6月29日は月曜日、前日28日の夕刻18時よりローマは城壁外の聖パウロ大聖堂 Basilica di San Paolo fuori le mura ↑ において昨年6月28日から始まった聖パウロ年の閉会式を兼ねた夕祷が行われました。ビデオはこちら ↓ 美しいぞよぞよ。
1ères Vêpres pour la clôture de l'Année St Paul
http://www.ktotv.com/cms/videos/fiche_video.html?idV=00045640&vl=video_nouveautes
ビデオが始まってまもなく気付くのは入祭のために並ぶ聖職者方の中に多くの微妙な真っ黒装束の方々。この聖パウロ大聖堂と隣り合わせのベネディクト会の修道者方です。こちら ↓ は大聖堂隣の修道院の回廊の柱です。
b0070127_6441451.jpg
この回廊とパティオはもうたとえようのない美しさで、静寂の内にベネディクト会の修道士がさっと通り抜ける、あの瞬時の緊張。修道院独特の空気を感じ取れます。
ビデオの中で教皇さまが通られた扉はこの下にございます。
b0070127_6491475.jpg

今回の私のローマ巡礼旅行はキリスト教前史の検証に始まり、キリスト教に的をしぼりはじめて最初の訪問先が聖パウロ大聖堂でした。これまで数か国の教会建築を見ては来ましたが、一歩入るなりローマ「だけ」の個性に魅せられてしまいました。フランスはだーめだ。
上のビデオでも聴こえるオルガンはおそらくこのオルガンの音だと思います。
b0070127_74967.jpg
畏れ多くも畏くも、教皇さまのお椅子から眺めるなら右斜め上だったと記憶しています。そして、教皇さまのお椅子の真上の天井にはこのモザイク画。とても正教会。
b0070127_6561155.jpg
イエズスさまの右にはペトロ。
そして、初代教皇ペトロ ↓ をもうひとり、見ぃっけ!
b0070127_7111014.jpg
そう、ココから始まる大レース。違う。全教皇の肖像画。
b0070127_7201485.jpg
このモザイク・ペトちゃん、素敵かももも。

我らがパァパ・ベーネデットォ、ちゃちゃんがちゃん の肖像は、こちら
パァパ・ベーネデットォ、ちゃちゃんがちゃん の右隣は JPII → JPI → Paul VI ... ですが、左隣から先は確か6つの円が空いています。7つ目はどうするのでしょうね。

le 29 juin 2009, Pierre et Paul
[PR]
by ma_cocotte | 2009-06-29 07:21 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(2)
Commented by 伊望 at 2009-06-29 23:44 x
素敵なコズマーティ様式の柱ですね。レヴァント風でとても異国的です。
Commented by ma_cocotte at 2009-06-30 01:07
◎ 伊望さま、聖パウロ大聖堂突き当たり右奥に宝物館と回廊に行く
入口があります。もしまだでしたら、次回はぜひ!
修道院の独特な、凛とした雰囲気はいいですね。
今は廃墟となった修道院建造物であっても、時にその当時の空気が
残っていることがあるのはまっこと不思議です。
28日、29日の一連の行事は正教会の聖職者方と一緒で、印象的でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< B16は署名を断った。 Le ... 地ニハ善意ノ人ニ平和アレ。 >>