<< 坊主の行水は夢の址 この食卓に招かれた『ひとびと』... >>
ぱぁぱのなつやすみ Bentornato a casa, Santo Padre!
畏れ多くも畏くも、どうやら今週月曜日から我らがパァパ、べえねでっとぉ!ちゃちゃんがちゃん が夏の休暇、おヴぁかんすに入られたやふです。畏れながらおクリックあそばせ ↓ 。




゚+。:.゚ヽ(=´▽`=)ノ゚.:。+゚
まあ、既に棺おけに片足の親指、人差し指、中指あたりまで突っ込んだ凡婆、わたくしだけの連想でありましょうけれど、このビデオの作りは、幼き頃の土曜午前九時四十五分でしたかしら、クルクル踊る薔薇のマークはシマタカヤ提供で始まる 硬質アルバム ヽ(`Д´)ノ 不敬罪!を思い起こしました。
が、その流麗な音楽が止んだ瞬間、ビデオでは ばばばばばばっと大空を劈くかのような轟音と共に、щ(゚Д゚)щ うぉおおおおっっ!とあまりに印象的なヘリコプター来襲 のシーンとなりますが、この場面でビデオのBGMが停まってしまいますと、今度はすぐに我が聴覚からの妄想が始まり、なぜか凡婆の脳内にはダースベーダーのテーマぐゎ。いや、タイムリーにも7月14日午前、花の都はお巴里での軍事パレードにおける空からのイメージ映像にも重なってしまいました。こちらでどうぞ ↓
14 juillet : Caméra embarquée au coeur du défilé
http://tf1.lci.fr/infos/france/0,,4472034,00-camera-embarquee-au-coeur-du-defile-.html
コッポラの映画を思い出します、はい。

さて、13日月曜日の我らがパァパ、べえねでっとぉ!ちゃちゃんがちゃん ですが、聖霊武装の最高司令官がアルプスの秘密指令基地、いえ、大地に舞い降りまして、しばらく後に ↓
b0070127_16255597.jpg
いやはや背後の脇役の美しさで救われる聖性・・・大嘘。

で、アルプス山中の秘密指令基地(かのアオスタ家の領地内ぢゃな)に御身をお隠しになられたところで、我らがパァパ、べえねでっとぉ!ちゃちゃんがちゃん がナニをお休みできるのだろう、としばし考えてみました。召命を聴き、従い、それを聖側に告白してヨゼフ・ラッツィンガーなる一独逸青年が受け入れられてからこんにちに至るまで24時間例外なく続けられた聖務日課はサボりたくても身体がカッキンコッキンと動いてしまわれるでしょうから、せいぜい「ぱぁぱのなつやすみ」でお休みできるのは、来訪者との公式面談くらいのものでしょう。この休暇の間に、「おめにかかりたい」という申請があっても、認可は下りん。それだけの話のようで、この手続きの仕組は何事にもカトリックの世界では万事において重んじられている基本です。そう教えてくださったのは私がじかにお目にかかることができる神父さま方でしたが、世界中どこに生きるナニ人のカトリックの神父さまも同じことをおっしゃいます。ヒトが作った国境や国籍なんか取っ払った世界がカトリックなのですからおっしゃることはどこでも同じ。カトリック世界の仕組について私は我が齢が一桁しかない時に耶蘇小学校で習いましたが、今もいつも世々に至るまでこのカトリックせいかつの基本は変わらないし、この基本を壊せるのは神さましかいらっしゃいません。聖母も心で迷えど、お口からは「あなたのおことばのとおりになりますように」としか言の葉を出しませんでした。あなたのお言葉通り、私が生きるのですよ。
教皇さまがどうぞ休暇中も静かに喜びのうちに聖務日課を含めて過ごされますように。
兎にも角にも、Bonnes Vacances, Pape!
アオスタのハムは美味ぢゃ、ぢゅるるる。イタリア風だといちじく添えでしょうか。

le 15 juillet 2009, Donald


( ̄□ ̄;)ア? もすかすたら... 硬質写真帖は日曜朝9時45分に赤坂から電波放映でしたっけ?直前の9時半からはツグタノニワコさん(← 御所アクセントでどうかひとつ)のナレエションによります「世界のこどもたち」が流れていたかもかも?今もそうだけど当時、難しいことは何も知らない女子だった私はスラブ圏の女子小学生の頭の上の大きなおリボンに憧れました。校則違反になっちゃうのでできませんでした。おメダイのついたネックレスは違反どころか奨励事項。世間から眺めれば変なガッコだけど、神さまやマリアさまから眺めたら「よくなさいました」(^_^) 良い思い出です。この思い出は我が魂に携えて旅立とうと決めてます。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-07-15 16:49 | Vive le pape! | Comments(2)
Commented by やよい at 2009-07-16 20:28 x
おお〜〜、べねさま

と言うよりは 花束を持っていた秘書さんに 私たち女性は(あはっ、一部のね)憧れてみておりまする。

彼はドイツかイタリアの雑誌の インタヴューで、秘書さんが話題になるのは大変、稀だとのことで、「あなたはレデーキラーといわれていますが...」という質問を受けていました。
テニスをしている様子が ドイツの雑誌の表紙を飾ってもおります。
べ根様と一緒に、眼福、
Commented by ma_cocotte at 2009-07-16 22:21
◎ やよいさまもゲオルグさまヲッチャーでありますか?
ロザリオを括る姿でさえ眼福でありますが、テニスとなりますと私には
毒薬かもしれません(爆笑。
ビデオですが、イタリアン・アルプスの小村とは言え、なんだか21世紀
なのに民族衣装の子供たちの様子で19世紀頃なのか、聖職者や
お役人、警官の装束で「ここはどこ?」と私には夢のような世界です。

が、画面に流れる景色はミント味の清涼剤ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 坊主の行水は夢の址 この食卓に招かれた『ひとびと』... >>