<< 二時間に一度の休憩に、 教皇さまも、お風呂桶で、滑る。... >>
主日ですので、お許しが。
7月4日から始まった ツール・ド・フランス Tour de France も早いもので残り8日間の戦いとなりました。

確か開催第二日目、7月5日のモナコ Monaco からブリニョル Brignoles まで187kmのレースの途中だったと記憶しています。自転車が駆け抜ける街道の際を埋める観戦客の中に、修道女方。その修道女方ですが不気味なほどクラシックな頭の天辺から足の爪先まで真っ白のお召し物を身にまとい、しかもおでこも耳も布に包まれ、お顔だけが出ており、ある種「荘厳」を醸し出す雰囲気を携えてらっしゃいますが、何と妙にお元気。その時代錯誤なお召し物が醸し出す雰囲気と、シスター方の明るさのギャップがありすぎて、これまた不気味なほど。シスター方の中には小さなお子を肩車し、頭を覆うベールの上からツール・ド・フランスの紅白水玉をあしらった帽子を載せ、滑稽を務めるのもお子たちを喜ばせるためではないかしら?と想像しました。テレビのスピーカから聴こえてくる実況では、修道院にお住まいの修道女方が主日なので外出が許されたのだと説明していました。うむ、確かにこのあまりにクラシカルな服装はココんち近くのカルメル会やベネディクト会の修道女より完全防備ですので、観想修道女会なのかもしれません。

とりあえずみんなたちにもご覧いただきませう。自転車の一団が通り抜けた直後のシスター方のご様子が伺えるビデオが見つかりましたので、どうぞ ↓ 



真っ白の装いですのに、胸のド真ん中の十字架とハートの真っ赤な刺繍に括りつけられた金色のおメダイが印象的です。生中継の最中も突然のタイムマシーン現象という偶然に驚いたのは私だけではありますまい。調べてみましたら、地中海岸に近いフレヂュス Fréjus にある Les petites sœurs de la Consolation, du Sacré-Cœur et de la Sainte-Face 、直訳するなら「聖なるみ顔の、聖心の、慰めの小さな姉妹たち」という女子修道会でした。自転車レースは修道女会の門前の通りを駆け抜けたのですね。
シスター方は正式にはこのようなお姿 ↓ になるそうです。 photo par Nice Matin
b0070127_2555140.jpg
なんと、まあ、眼福 ですこと。


仏蘭西語でクーヴァン Couvent ではなくモナステェル monastère にお住まいとなりますと、この二単語の和訳は「修道院」であっても、後者は観想修道院、前者はそれ以外の修道院と判断されがちですが、これほどクラシックな重装備でありながら底抜けに快活な修道女方の奉献生活の形は半観想半宣教修道者 "moniales-missionnaires" と表わされるのだそうです。驚くほどクラシックな装いですのに、創立はなんと1989年、カトリック2009年の歴史から見たらついこの間、たった20年前ぢゃござんせんか。カトリックヲタクな方々ならば胸元の刺繍でピンと来るかと思いますが、かのシャルル・ド・フーコー Charles de Foucauld 師の霊性の下の友愛姉妹会で、私が4月はじめにココで紹介しました イエスの小さい姉妹の友愛会 とも姉妹会にあたるようです。イエスの小さい姉妹の友愛会より観想的生活が重いであろうことは一目瞭然ですが、このフレヂュスの修道院でも同じように姉妹方が交代で永久聖体礼拝を続けているそうです。フランスのドメインに vocation.tvcn.fr という召命勧誘HPがあり、ここでこのフレヂュスの修道女会の生活が紹介されていますので、みんなたちもぜひご覧くださいませ。http://special.tvcn.fr/vocation/2008/12/08/petites_soeurs/

画面にも何度か映りますが、この修道院でささげられるごミサはグレゴリアンのみで、フレヂュス・トゥーロン Fréjus-Toulon 教区HP で紹介されているこの修道女会の聖務日課 ↓ も1989年創立ですのに、歴史ありすぎる修道会よりすこぶるハアドかもしれません。
Tous les jours 週日:
1h - 2h Matines   
6h-7h Laudes, Oraison, Prime  
8h15-8h30 Tierce
8h30-9h10 Messe en grégorien
9h15-9h30 Premier chapelet
12h-12h30 Angelus, Oraison de Nazareth, Sexte
15h-15h30 Second chapelet, None
18h45-19h Troisième chapelet
19h-19h30 Vêpres
20h45-21h10 Complies


le Dimanche 日曜日
9h Messe en grégorien
17h Vêpres chantées
17h30 Salut du Saint Sacrement
厳しいっっ! 余談ですけれど、このフレヂュス教区は6月28日に25名叙階したと。こりゃ、全104教区の中でも上位ではないでしょうか。
聖体礼拝は午前9時10分から12時半までは世俗もあずかれるとのこと。完全観想ではないので、修道女方は4歳から17歳までの要理指導、青少年の黙想や巡礼の宿泊の受け入れ、成人のための巡礼や練成会、老人と病者の慰問などを行うと同時に、修道女方による手工芸品、ロザリオや聖像、聖画などの聖具や食料を販売しています。なかなかかわいい

修道女方は生きながらに全身全霊を神に捧げられているとは言え、これはかなり心身にハードな毎日でありますが、ビデオを拝見すると修道女方の美しすぎる笑顔で我が存在が恥であると悟るばかり。幸せであってください。自転車レースのテレビ観戦で、「知る喜び」。これもまた、でお・ぐらあしあす、まる


le 18 juillet 2009, Frédéric
[PR]
by ma_cocotte | 2009-07-18 03:41 | 『?』なKTOりっくん | Comments(2)
Commented by siojake at 2009-07-18 21:37 x
シスター方、とっても楽しそう!
これって「あなたの家に泊まります!」のレポーターがツール中に担当してるミニ番組ですよね。流石、良いとこ見つけるなぁ。

そのツールなんですが、16日の火曜日にアオスタを通過するのです。
果たしてご覧になるのかしらん?

Commented by ma_cocotte at 2009-07-18 22:36
◎ siojake さま、そうです。
ココんちの二人ともアントワーヌさんの大ファンなのです。
このシスター方はレースの生中継中にも丁寧に映って、本当にヴぃっくり
しました。ここまでクラシックな装いの修道女方をフランスでお目にかかれるなんて
ありそうでありませんし(爆笑。
ですが、シスター方は朗らかですね。こちらの心の汚れが流されるほど
(自覚あり)。

うぉおお!本当だ!第16日にアオスタを抜けますね!
http://www.letour.fr/2009/TDF/LIVE/fr/1600/index.html
第一日目のモナコの短距離レースの際、飛び出る前に十字架を切る
選手が何人かいたので、こりゃ、もしベネさまがお出ましになったら彼らは
天に昇る勢いでチャリオッツ・オブ・ファイヤーでしょう。
エゼキエルぅ(私が暴走してどうする?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 二時間に一度の休憩に、 教皇さまも、お風呂桶で、滑る。... >>