<< 十年と一日 こ、これは、妬けるな。 >>
大きな買い物、小さな買い物 Les soldes d'été s'achèvent mardi 28 juillet.
昨日をもって今年の夏のバーゲンが幕を閉じました。
今年は6月24日(洗礼者ヨハネのお祭り日)から共和国内一斉に夏のバーゲンが開幕しましたが、開幕も閉幕もお国に従わねばならないのがフランスです。次のバーゲン開幕の日まで品定めをしつつ、決してお財布を緩めない共和国民も結構います。

さて、ココんち。
バーゲンで大なり小なり「さぶろく~(=これは目玉ね~、みたいな意味?)」と現場でつぶやいてしまうとつい買ってしまったものもあれば、以前から今回のバーゲンを待ちに待って買ったものもあります。
ココんちのアタシが買ったものは「いつもの」こちら ↓ です。
b0070127_163049100.jpg
いつものブランドのお靴です。
バーゲンのたびに必ずチェックしています。今回はウヰンドウに行く前から茶系、妥協してベージュ(夏だからね)の靴を頭に置いて行きましたが、ウヰンドウを前にしてしまうと色なんてどーでもいいくらいかわいらしい靴だらけ。この靴ですが85ユーロだったものが25.5ユーロ!! 信じられな~い安さ、七割引ではありませんか、奥さーん。売れ残りだからこその割引率なのかもしれませんが、馬鹿なま・ここっつぁんは「この安さなら穴が開いていてもいいわ」と買ってしまいました。やはり、ま・ここっつぁんは真の馬鹿であります。

ところが、です。この靴を買い、広場に向かって十数メートル先にもう一軒、ド田舎なのにちょっと垢抜けた靴屋さんがあり、そこのウヰンドウを眺めたら、なんとこれと同じ靴の色違い、黒の靴が68.90ユーロだったンですよ、奥さん!・・・・・同じ靴、色違いなだけで25.5ユーロと68.9ユーロというこの値段の差はいったい???もちろんお店が違うこともありますが、あまりの違いにドけちのま・ここっつぁんは
ウッホウホウホウッホッホ
大きな山を一跨ぎどころの騒ぎではにゃい喜びに満たされたのでした。スロットマシーンで差額がぢゃらぢゃら出て来たような感じぃ?

欧州はイタリア、フランス、スペインに革の文化があり、靴や手袋の技術は優秀ですが、近年のフランスでは靴と底を糊付けにして廉価で売って稼ぐようになり、きちんと糸で靴と底を縫いつなげた靴に出遭ったらチャンスです。「良い靴を履いて、良い足を育てる」という考えはま・ここっつぁんが育った学校にいらっしゃるイタリア人聖職者や修道者方が子供たちに教えたことです。子供の頃、その確固たる頑固な意見を聞いたま・ここっつぁんも納得して妥協しないよう現在に至っております。

さて、このような持ち運び簡単なお靴を廉価で買ったココんちのアタシですけれど、簡単に運べない代物もひとつ買いました。それはベッドのマットレスです。フランス語でマトラ Matelas。昔から寝台に寝、おまけにキャンプ文化も熟した国だけにマットレス商業は活発ですが、決して安い買い物ではない・・・かな?朝市の出店でマットレス専門屋さんが出ているくらいですからね。当然ですがピンキリ。2年前の夏、ベル・ママン(=姑)がココんちに来るなり、「ナニ、これ?」とお貶しあそばすったマットレスをようやく買い直せましたが、いや~、ベル・ママンはいつも正しいっつぅか、この深い眠りと快適開眼には感動です。こんなことなら、もっと早く改めるべきでした。

ま、ひとつハズレの買い物がありましたが、良い買い物ができました、としよう、まる

le 29 juillet 2009, Marthe

ハズレはこちら ↓
b0070127_1722071.jpg

イタリアはデロンギ社のエスプレッソメーカーです。
以前からカフェやバアで見かける元祖エスプレッソメーカーに憧れており、近年、カプセル式や予め丸いフィルターに入ったコーヒー挽豆やら溶液で作るエスプレッソメーカーが次々に出ても、どうしてもあの右手でキュイキュイっと操る世界を諦めきれず、されどこれまた安い買い物ではないため「がるるるる」でしたが、なんとこれ ↑ を29.9ユーロで見つけましたのよ、奥さーん!もちろん「さぶろくぅ」ですから迷わず買い、ココんちに持って帰るなり、いそいそ作り始め、ローマで買ったエスプレッソ豆でそれは美味しいカフェを入れた。入れたんですよ、確かに。とっころが、機械に付属している牛乳をクリーム状にする管から圧力がまったく出ないのです。右横についているボタンをまわすと出るはずなのに、ボタンをまわしたら、
ボタンが取れちゃった
がっく~ん。翌朝、お店に持って行ったけれど、最後の一品(!)のことで返品扱い、ドナドナ処分ですわな。

デザインも小型で遊び心があって惚れたのに・・・・・_| ̄|○  一夜でお別れ。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-07-29 16:55 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(8)
Commented by ペネロペ at 2009-07-29 18:59 x
マシンはともかく..(^^;ゞさすがD社 義母も一発やられたことありまする
良いお買い物されましたね\(^O^)/
何て私好みのお靴でしょう♪♪
特にスペインやイタリアの皮製品は上質揃い、もうバーゲンで買わにゃ損した気分になりますよね。

靴やマットレス、私も同感です。(私下着素材にもこだわりアリ!)
体に直接影響ありますよね。
どこでもビーサンで歩いてる人たちを見ると「丈夫な足やな」と感心する反面、観察すると偏平足多いです。骨がゆがんだり腰が痛くなったりしないのか不思議です。
ま・ココットさんはサイズに問題ないですか?
私は35なのでこれまた超難しいんです。子供・大人の微妙なサイズでどちらも在庫が少ないのですよ。バーゲンでお目にかかれる確率が少ないのが悲しいわ(T。T)
仏のバーゲン事情好きです(*^-^*)


チボッちお足が..履きたそう...

Commented by ma_cocotte at 2009-07-30 02:46
◎ ペネロペさま、えっえっえっ。
エスプレッソだからD社に憧れましたけど、どうやら最後の一品のスカ
だったのでしょうか。30ユーロなんて妙に廉価でしょう?でも、これで
入れた珈琲がおいしかったこと。やはりこの右手で作業する元祖に
拘りたいです。

きっかあずはお勧めですよ。35ならばきっかあずなら豊富にあります。
ぜひ探してみてください。
私はまだめふぃすと(ギニョルでシラク夫妻が愛用していました)を
試していません。右足が外反りになり始めているのでここらでめふぃすと。

>チボっち

す、すご。難易度高くしたつもりだったのに(爆笑
Commented by ペネロペ at 2009-07-30 06:09 x
チボっち上級偏だった?
もう 目に入れても痛くない甥っ子(←誰?)だから分かるわよん(*^▽^*) あはっ♪ ペネロペおばちゃんコワイ~(byちぼ)

参考になりありがとうございました。
さっそく靴調べしてみます。そのメーカー知りませんでした メモメモ
仏に来て次々靴が壊れてやっと見つけたのがかんぺーるでした。ここの靴も丈夫で軽くて履きやすいので気に入ってます(私の予算で厳しいですが(T。T)日本でOL時代に履いてた靴は眠ったまま。石畳では歩きにくい。ホントこちらの女性は足が丈夫だと思いますよ。
エスプレッソは私も断然手動マシン派です。
いえいえ最後のスカじゃないですよ~ D社は時々やってくれるそうです(^^;ゞ でもお洒落なデザインが好きです。
次の出会いが早く訪れますように。
伊エスプレッソ大好きだから私こだわりますよ~!話しが止まらないかも?!
 
Commented by ma_cocotte at 2009-07-30 16:20
◎ ペネロペさま、ええ、かなり上級設定でした。(^_^)
私もかんぺーるが気になり、毎度、候補に挙がるけれど、最終決定で
どうしてもきっかあずになってしまうという繰り返しです。今回も悩んだ。
きっかあずは日本では子供用の靴で有名で、大人用の靴は欧州で
人気ですね。私もこちらに来てしばらくして気付き、きっかあずの遊び心に
これまた惹かれました。

D社ですが、完璧にミルクに圧力をかけるためのボタンが壊れていた
・・・というか、「はめ忘れ」だと思いました。螺旋のネジを一方と絡ませる
のを忘れている。気付いてしまった、わたし。
上のマシンは小型でおもちゃのようでありながら、お水を入れる口の蓋は
重厚で私好みだったのに・・・。私はエスプレッソはポット派ですが、これも
近年はアルミが主流になってしまい、手元の重いポットが貴重品になって
しまいました。ローマでも買い損ねました。(号泣
Commented by Lucia at 2009-07-31 11:07 x
De Longhiのコーヒー沸かしは妹が持っていて、美味しいcappuccinoが飲めるので、時々妹店(!)に注文に行きます。
ma_cocotteさんも折角手に入れられたのに、残念ですね。イタリアなら普通、何年経っても部品もあるし、修理もしてくれるのですが…。
最近の嬉しい買物は、私もマットレスでした。私は毎朝背中から肩、首の激痛で、腕も動かせないような状態で目覚めていました。評判は半信半疑ながら、Magniflexのスポーツタイプを通販で入手したら、あ~ら不思議!関節に問題がある右肩に多少の痛みは残るものの、全身がとても楽で、朝5時頃まで眠れるようになりました。通販の最高の買物でした。
残念な買物は、ローマで手に入れたBenetonのスマートでお洒落なスーツケース。四輪付きですが、車輪が樹脂製なので、砕けてしまいました。日本では部品の入手も修理もできないそうです。
Commented by ma_cocotte at 2009-07-31 16:57
◎ Lucia さま、そうでしょう?
このマシーンを買ってすぐローマで買ったエスプレッソ粉で作ったら
涙が出るほど美味しくて。ところが、ミルクを泡立てる圧力がまったく
出ないのです。あまりに安いからそれでも我慢した方が良かったのかも
しれませんが、もしかして品代えか修理になるかと持って行ったら
そのままアリヴェデルチでした。
新しいマットレスで深い眠りを体験できるくらい幸せなことってありませんね。
今の私もそうです。
ローマと言えば、石畳対策!
フランスも旧市街には石畳が残っていますが、もしかしたらローマより
数百年新しいですね(爆笑)。歩き慣れないと疲れますが、あれだけの
史跡がゴロゴロですと歩かざるを得ません。今回買った靴もローマ
再訪のために生かせるといいのですが。
Commented by Lucia at 2009-08-01 11:28 x
昔私が購入した小さな小さなエスプレッソメーカーも圧力がうまくかからないので、お飾りになっています。コーヒーだけなら、1~2杯用のポットを使っていますが、イタリアではステンレスよりアルミの方が美味しく出るというのです。ただ、日本の水だと浄水器を通してもアルミが溶けるので、私は最近ステンレスのを使っています。仕舞いっきりのコーヒー沸かしだけでも数えると…7~8はあります。だから家が狭くなるのでしょうね!私先に Beneton と書きましたが、品物が偽物なのではなくて、書き間違いです。t が一つ抜けました。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-01 21:11
◎ Lucia さま、
エスプレッソポットですが、近年の軽いアルミが美味しく出るのでしょうか?
私は適度に手にどっしりと重みを感じる以前のエスプレッソポットに愛着が
あります。ローマでは自由時間がほとんどなくて雑貨屋さんに行く時間もなく、
ただ一度トラステヴェエレの怪しげなお店に並んでいるのを見かけましたが、
怪しげな雰囲気に入らぬまま。今になってあそこで買っておけば良かったと
後悔しています。が、きょうびイタリアでも重たいポットは見つけ難くなって
いるのかもしれませんね。

私の夢は元祖のポットを大中小揃えることです。
南仏時代、お世話になったローマ人のシスターが住む修道院のお台所に
さりげなく置かれていたのが妙におしゃれだったのです。
エスプレッソポットが珈琲を抽出する時の音や蒸気の音、香り・・・大好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 十年と一日 こ、これは、妬けるな。 >>