<< 二年ぶりの豊作 もし、今、花の都にいらっしゃる... >>
お蔵の中から、
ココんちにいらしたマリアさま。
b0070127_15554984.jpg
今年7月26日の昼下がりから拙宅にいらっしゃいます。
板に写した絵らしく、裏にはこのようなシールが貼ってありました。
b0070127_1621928.jpg
シールの下にピントを合わせると「04」と彫られた傷。
マルセイユの聖具商で売られていたもののようですが、住所からマルセイユに区政がしかれる前の時代のようで、地図で調べたら一区の、私の記憶に残っている教会 の近くにあったお店のようです。
b0070127_21581386.jpg






上の絵はご存知の方にはすぐ連想できるでありましょう1465年頃、フラ・フィリッポ・リッピ Fra Filippo Lippi(1406-1469)によって描かれた「聖母子と天使」の模写かと思われます。本物はイタリアはフィレンツェのウフィツィ美術館に収められています。
ココんちに持ち帰った板絵は、一目惚れとでも申しましょうか。絵画を囲む額縁の造りにも惚れました。この絵をどこで見つけたかと言いますと、こちら。
b0070127_2244926.jpg
ココんちに近い観想修道女会です。
Vide Grenier ヴィド・グルニエ、=お蔵一掃と称して二日間、骨董市が催されたのです。
この写真は日常は禁域である回廊から聖堂鐘楼を仰いで撮ったものです。

上の絵以外に、市で見つけてココんちに持ち帰ったものは、
b0070127_1614873.jpg
かわいいでしょう?聖水入れ bénitier です。

b0070127_1625898.jpg
これも、べにちえ。一目惚れ。
どちらも聖水入れですから、独特の汚れが残ったままです。

b0070127_1632663.jpg
こちらも、なんとなく、買ってしまいました。
遠方から見た時はタウ τ に見えましたし、近くで見た第一印象はなぜだかエディット・シュタイン Edith Stein、ですが、よーく見ると小テレーズの修道名(聖い面影の幼いイエズスのテレジア)を表現した粘土板でしょうか?おそらくシスターの手作りだと思います。

駐車場にて。
b0070127_22224494.jpg
ビンゴぉっっ!


le 15 août 2009, Assomption

さてさて、こんにちは聖母被昇天の大祝日でござーますからして、
カステルガンドルフォでのアンヂェリュスもぜひぜひ。イタリア語のままです。
DIRECT Angélus à Castelgandolfo
Diffusé le 15/08/2009 /

http://www.ktotv.com/videos-chretiennes/emissions/nouveautes/direct-angelus-a-castelgandolfo/00046479

[PR]
by ma_cocotte | 2009-08-15 16:03 | 『?』なKTOりっくん | Comments(2)
Commented by きなこもち at 2009-08-17 17:59 x
聖水入ですが、おもえば学校内の聖堂にあったのもこんな感じのでした。べにちえというのは初めて知りました。
ポケットにグリーンかお花を生けたらなんか似合いそうな可愛らしい器ですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-17 18:38
◎ きなこもちさま、
そうですね、きなこもちさんの御母校ですと、似た形でしょう。(^_^)
私の母校の主聖堂ですが入口の聖水入れは卒業生一同からの頂き物で、
スポンジに浸されているのが特長かもです。
ベニチエはフランス語発音ですね。語幹のベニですが bénir で、神さまか
神父さまの御手のみに用いられる動詞で、「祝(聖)別する」の意味です。
上の板絵も二つの聖水入れもおそらく修道女方の個室に置かれていたと
思われます。私には何もできませんが、私とも夫婦がお世話になったシスター
から「修道会のために小さなお手伝いをしたことは良いことです」とメールを
いただきました。それだけでなんだか心がほっとしました。
それにしてもこのシンボルマークは乙女こころをくすぐりますね。
見るなり「かわいい!私が買う!」でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 二年ぶりの豊作 もし、今、花の都にいらっしゃる... >>