<< デルフィーヌとソランヂュのお部屋で お蔵の中から、 >>
二年ぶりの豊作
どうしちゃったンでしょうか、ココんちあたり。
葉月八月になるかならないかのうちに秋の気配を感じましたのに、ここ数日は35度ほどに。そんな汗疹の発疹危険温度の暑さの中、外に出ましたら、
b0070127_0183551.jpg
火事か、狼煙か。


後でわかったことはダンボール工場での火災だったとか。
お天道様が沈むのは22時手前にはなったものの、ここ数日の暑さは午後9時を回っても34度なんてこともあり、夕食後、そこはかとなーく涼風を感じられる頃にココんちあたりを散策。というのも、八月半ばの今、農道際のミュール mûre の収穫時期なのです。ココんちの窓から遠方にはおぢいちゃまとお孫ちゃんが摘み取る姿が見えます。私もふら~っと出てみてヴぃっくりうさぎさん。
b0070127_029677.jpg
今年は豊作、大豊作?

黒光りし、粒の一粒一粒がぷっくりと膨らんで艶ある果実は実に甘く、つまんではお口にぽん!袋にポン!昨年、一昨年はこうして摘みに出ても柔らかく甘い実を見つけられませんでしたが、今年はうっほっほっです。
近い将来、道路整備されることになっているので、この野生の果実を摘む楽しみも先が見えています。それを思うと、フランスでは聞くことのないヒグラシの秋を告げる声が脳裏を過ぎりもしますが、あの黒煙から3時間過ぎてもまだ遠方には白煙が。
b0070127_0375427.jpg
土曜日が聖母被昇天の祭日だったこともあり、この土日は妙に静か。大型車両は許可なしで日祭日は走行できないので、二日続きだと移動途中のドライヴインで仮眠して動くことも難しいから、おそらくフランスの国境手前には大型車両が列を成して連休明けを待ち、運転手さんは海水浴か・・・それもいいぢゃーん?
さて、ココんちに戻ってミュールをざるにあけてみました。
b0070127_04244.jpg
こうして写真で改めますと、ほんと、豊作。
ココんちあたりの狩猟民族を祖にする方々はこの実にお砂糖をかけて食べるそう。まだ黒くなる前の赤い実や、薄緑の実、花も咲いていましたから、もうしばらくミュール摘みを楽しめそうです。

le 16 août 2009, Armel
[PR]
by ma_cocotte | 2009-08-17 00:45 | 『夏』 Rien de special | Comments(4)
Commented by ヴぇろにか at 2009-08-17 19:41 x
 ジャムにしたいです~~~~ハァハァ。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-18 02:31
◎ ヴぇろにかさま、
ジャムにするのがもったいないくらい柔らかくて甘酸っぱいです。
大豊作ですね、きっと!
Commented by いとへん at 2009-08-18 18:08 x
こんにちはー。私の住む44地域も例年になく暑くてびっくりです。
日本の夏を彷彿させてくれるので気持ちいいですね。
私もミュールたくさんつみましたよー(3キロほど。。) ジャムに致しましたです。去年に比べたらほんと、豊作かもしれません。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-18 21:21
◎ いとへんさま、さりゅうですぅううう。
いとへんさんちあたりで暑いとなると拙宅あたりが暑くて当然、自然ですね。
今も庭の水撒きをしましたが、芝が枯れるほど暑い・・・これ、驚きです。

ミュールは2年ぶりの豊作で、うれしいです。
甘くても、ちょっとほろ苦くても美味しいですね。
秋になると木の実を楽しめますが、こうやってエデンの園みたいな経験が
できること幸せです。庭ではフランボワーズが第二収穫期に入りました。
これも今年は甘いっ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< デルフィーヌとソランヂュのお部屋で お蔵の中から、 >>