<< 今日から、ラマダン。 Le r... 免許、も、ラッタッタ。 >>
なんと、半年待ちですって。
Fiat 500 ふぃあっと・ちんくえちぇんと。
b0070127_055673.jpg
ココんちの近所のチンクエチェント。勝手に「しろたまご」と呼んでいます。(^_^)

ほぢぃいいいっっ!
超ウルトラかわいいっ!
運転免許がもう少しで手に入る!と予想できるようになったあたりから、道で行き交うヨソの車が気になり始めました。仏蘭西はナンバープレートのデザインが変更されたことも災いして、以前にも増して気になります。

ほぼ同時に、やたら Fiat 500 (仏蘭西語南仏訛りだとフィアト・セィンソン)を近所で見るようになり、近所のオタクには黒、白、カフェオレの三台があり、ココんちから教習所までの道程にはレモン色とブルーグレーに白のチェッカーがプリントされた500が路上駐車されています。他にも走行中の500を何度か見ましたが、どういうわけか500のオーナーは都会的な美男美女が多いのです。・・・となると、私には手の届かない500になってしまいますけれど、かわいい、兎に角かわいい。どの色でもおしゃれかわいいけれど、私としてはやはり大昔の ルパン三世 と同じ赤の500が第一候補かも。オレンジも超ミニョンヌ ↓
b0070127_057770.jpg
日毎増え続けるFiat500ですが、外装も内装もすべてオーダーメイドでき、なんと!50万通りの組み合わせ ができるのだそうです。そういわれてみると、どこんちの500もインパネがミニクーパーと勝負できるくらい超かわいい!です。イタ車は色が違いますね、というのは大昔、部下のランチアを眺めた上司がつぶやいた一言ですが、会社違えど500の色もどれもイイです。

あああ、欲しいですねえ、フィアットチンクエチェ~ントォ!
Fiat には心底から懲りた自分ではないのか!? ヽ(`Д´)ノ

先日聞いた話では、今、Fiat500 をオーダーしても手元に届くのは半年後だそうです。

le 21 août 2009, Christophe

いろいろ調べてみたら、日本國では2007年からFiat500が販売されているようです。仏蘭西では最近見かけるようになりましたが、それは私がド田舎に住んでいるからでせう。

Fiat 社ってサレヂオと仲良しなのよね。(-。-) ボソッ



Fiat の副社長 Mauro さん、何もここまで格好良くなくても格好良すぎですぅ。

[PR]
by ma_cocotte | 2009-08-21 23:48 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(16)
Commented by Lucia at 2009-08-22 08:35 x
Fiat 車でも好きな色の車体を今では注文できるのですね。それで半年待ちというのであれば(当然のことでしょうが)、私が三十数年前にイタリアでFiat車を所有した頃に比べると、随分変わりましたね。その頃は、どのタイプかだけを決めて、色はその時入手できるもの…という具合でした。ついでに言えば、当時はサイドミラーも運転席の安全ベルトでさえもみなオプションでした。
当時のイタリアでは、日本のように、どの色の車種も多数取り揃えておいて、購入者の要望に応えるという体制は出来ていなかったのです。
とはいえ、今では日本でもハイブリッド車だと半年待ちにもなりかねないとか。
当時Fiat 500に乗っていた友人(女性)は車の整備まで全部自分でやっていましたが、今の500はやはりそういうわけにはいかないのでしょうね。軽自動車なのに走りも良いから好まれるのでしょうか?それともデザイン優先で選ばれているのでしょうか?
Commented by ma_cocotte at 2009-08-22 19:46
◎ Lucia さま、500の車体の場合、カラーだけでなく、柄も選べ、その中には
Tokyo という柄もあります。拙宅近所にはブルーグレーのボディーに白の
チェックをあしらった500がいつも停まっています。タイヤのホイールや
内装を含めて50万通りの組み合わせができ、それを自由にオーダーできる
というのは楽し過ぎます。
上の本文中最後にYouTubeを貼りましたが、トリノの本社工場では
サレジオの職業訓練校の生徒が製造に関わっているみたいです。
自立援助してくださるなんてありがたいことです。

仏蘭西はもともとセダン車より小型車が主流主力ですので、デザイン含め
選択上位だと思います。地下鉄が網羅している大都市なら兎も角、中堅より
小規模の都市では車が必須ですので、アーヴァンカーについては各社、
力を入れていると思います。兎に角、かわいい小型車が多く、ひとつ選ぶ
ことがとても難しいです。
Commented by siojake at 2009-08-22 21:46 x
先日の小旅行で500に乗っちゃった我が家の2人と一匹。
予約したレンタカーのPandaは、何故か01県ナンバーの新型500に変身しておったのでした。まさに降って湧いた3日間の幸せでしたねぇ。
運転担当の連れ合い曰く、高速走行中に妙なヨレが感じられたけど、「癖」と言える範疇内だったそうな。ちなみに累計キロ数も少ないバリバリの新車でしたよ。

旅行中、各地の駐車場では結構視線を感じました。
乗ってるのが日本人のオッチャンオバチャンで申し訳ないのぉ~(笑)

車を返した時、フト見るとすぐ近くに黒の500が止まっててしばし見比べ。黒もコロッコロした感じでキュート!
その昔、銀座線・上野広小路駅入り口にルノー5が突っ込んじゃった事故がありましたが、その位のサイズの車を欧州では一番見かけますよね。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-22 23:29
◎ siojakeさま、私はきょうのお昼、2cvを見ました。
2cvやルノー4、5は永遠のキュート車ですね。
最近、1007やModusも近くで見たけれど、これらもGooooood!です。
1007がかなーり好きになったけれど、5ドアが存在しないのでダメ。
少し大きいですけれどC3ピカソも気になっています。
が、それこそ教習所のセンセとの雑談ですが、やはりオーダーメードの
楽しさは今のところ500がピカイチだそうです。C3ピカソの内装もかなーり
おしゃれよん、でも。
黒の500ですが、しろたまごさんちの相方さんが黒たまご(ピータンかいっ!?)
に乗っています。かわいいですよね。近所のレモンさんのインパネがこれまた
黄色のプラスチックで超ミニョンヌなのです。
インターネットで自分のデザインをシミュレートできますが、面白いですよ。
Commented by Lucia at 2009-08-28 08:36 x
ma_cocotte さん、フランスでは現在、高速道路使用は無料ですか?私は昔々、スイスやスペインとイタリアを結ぶフランスの高速道路は走ったけれど、どうだったか覚えていません。イタリアでは無料ではないけれど、日本のようにとんでもない高額、ということはありません。
明後日の選挙に向けての公約(マニフェストとか呼んでますが)では、自民党が突然決めて現在実行されている、地方の高速道路に限っての週末1000円案と、民主党の無料案が取りざたされています。
1000円と言っても、東京都の周辺と都内、大阪府近辺としては大津以西では割引がないので、私たちの生活には余り関係ないのですが、突然の無料化には私も大いに疑問を抱いています。
日本では何故か、いつも「欧米では…」と言いますが、eu の中でも、国によって違いがあるということが無視されているのが不思議ですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-28 17:01
◎ Lucia さま、フランスの高速道は有料がほとんどだと思います。
が、日本人にしてみると国道と高速の違いがあまりよくわからないかもしれません。
どちらも旧市街に入らない限り、信号がありません。
日本が欧米化するなら消費税引き上げ、贅沢税の導入となりますよね。

日本の税制は放射ロジックなので理解するのが難しいです。



Commented by Lucia at 2009-08-29 19:27 x
私のイタリアでの運転経験は、随分昔のことなので、あるいは今は違うかもしれませんが、イタリアでは有料の高速道路(autostrada) と無料の自動車専用道路(名称を忘れました!)と普通の国道etc. がありました。
日本のように、大都会のど真ん中を、片側二車線の高速道路が、しかも制限速度から見れば明らかに「低速道路」が、縦横無尽に走り、しかも高額だという状況は、日本に初めて来られるイタリア人には理解できないのではないでしょうか。前にも書いたかも知れませんが、足立区を出発して東名高速に入るのに、渋滞に遭ったら二時間近くかかって、しかもその間休憩をとることもできなかったのには参りました。道さえよく知っていれば、高速道路に乗らない方が途中で休むこともできるから良いかもしれませんね。
北陸自動車道は、高速道路に慣れていない青葉マークの運転者でも、左側車線で制限速度を守っていれば、安心して走れますが…。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-29 22:10
◎ Lucia さま、
観光目的ならば日本人は国際免許を取れば海外で運転できますが、
仏蘭西人が国際免許をもらったところで日本では運転できません。
南仏だと国道など道路標識にイタリア語、スペイン語、独逸語、英語が
書かれているので良いですよ。ヴァンチミリアからスペイン国境まで安全運転でも
海岸沿いの国道のみの使用で7時間ほどあれば仏蘭西を抜けられる
と聞いています。
無料の自動車専用道路は国道(略称N)の一種だと思います。
決まった標識がありますが、対向車線との間にはっきりとわかる仕切り
(生垣も含まれる)があります。制限速度が110km/hですね。高速の
制限速度は130km/hで雨天時に国道と同じ110km/hになります。
Commented by Lucia at 2009-08-30 08:59 x
東名高速道路では、工事中でもなく、雨が降っているわけでもなく、渋滞や事故があるわけでもないのに、最高制限速度が50kmの区間が何箇所かあります。でも誰もそんな制限速度にはお構いなしに時速100kmくらいで走っているから、せめて70kmにしようとすると、かえって危険な場合さえあります。いつも「なんでだろ~!」って心の中で呟きながら走るのですが…。
イタリアの高速道路では、車によって制限速度が違っていたように記憶しています。500だと80kmだったかもしれません。私が走っていた頃には車によっては200km出しているのもありましたが、勿論道路の状況に合わせてのことです。我がFiat127は、140kmくらい出すととても安定していました。もう忘れた速度ですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-30 16:30
◎ Lucia さま
仏蘭西は大型車と牽引車両と運転初心者に減速となっていることがあります。
(初心者については環状道路より外の市外において、です)
高速だと大型車の車線が右ですし、大型車が最も左の車線を走ることも
禁じれていると記憶しています。小型車量については日本と異なり、区別が
税金面でしかないと思います。
Commented by Lucia at 2009-08-31 08:04 x
日本ではどうも高速道路での規則は「あっても無きが如し」が多いですね。
片側三車線以上で、一番左車線が大型トラックに指定されていても、大型トラックは右車線や追い越し車線を我が物顔で走っているし、阪神高速のように、ほぼ全線が60km制限となっていても(その制限速度の意味も解らないのですが…)、100kmで走る車が多いのです。
監視カメラもどこかに設置されているようですが、多くの車は、それに近づくと警報が鳴るという機械を搭載しているのだとか。
規則で拘束するのではなく、運転者を教育すること(交通事故を招くような運転は、たとえスピードを出して他の車を追い越していくことに快感があっても、絶対にしないような心構えを養う…。)が交通事故防止には一番ですね。それができないところに大きな問題があるのですが…。
最近は高速道路での事故が多すぎます。
Commented by ma_cocotte at 2009-08-31 16:43
◎ Lucia さま、
仏蘭西では交通取り締まりは警察と憲兵隊によるものです。
もちろん監視カメラも設置されています。が、警察や憲兵隊が走行車両を
止めて質疑するという習慣がまだかなり残っています。

日本はどうでしょう?
機械のみを見方や相手(敵)にするなら、人間は自分のみでいいですよね。

 >交通事故を招くような運転は、たとえスピードを出して他の車を
 >追い越していくことに快感があっても、絶対にしないような心構えを養う

これについては私の実家地元警察での免許更新前のビデオ教習で丁寧に
指導されます。Luciaさんのお住まいの地方では「それができないところに
大きな問題がある」のかもしれません。
国ばかりの責任ではなく、交通規則を守らない運転者を雇用する会社にも
問題があります。定期的に社内教育で確認するなど改善されるといいですね。
Commented by Lucia at 2009-09-01 15:45 x
コンテナを積んだ大型トレーラーの転倒事故や、タイヤの脱落による人身事故なども時々ニュースで取り上げられています。コンテナの中の荷物がどのような積み方になっているかも、運転手さんはチェックする権利がないとかで、左右に重量が偏っているとカーヴができずに転倒するとニュースで報じていました。運転手さんも命懸けですね。
ですから、大型トラックやトレーラーが高速道路を占領する夜間の運転には気を遣います。なるべく離れて走るのが賢明でしょう。
悪質なのは、料金場を突破したり、ETC掲載器を付け替えて料金をごまかす人も絶えないとか…。
日本は悪質運転者にもとても寛容なので、事故が減らないの関しれません。
例えばイタリアでは、死亡事故を起こしたら、その運転者には二度と免許証は交付されないと聞いていましたが、日本では、私の母が青信号を待って横断していた時に死亡した事故の当事者に対してでしたが、警察は、事故現場からその車を運転させて自宅に帰らせました。また、免許証の一時返還は5ヵ月後に通知されたので、その間自由に乗り回していました。しかも事故から3年経てば再交付されるのですよ。
Commented by ma_cocotte at 2009-09-01 17:53
◎ Lucia さま、
でも牽引しているコンテナの重さなど運転者はわかるものではないでしょうか?
Luciaさんが先におっしゃったとおり、運転者がスピードを出すからコンテナの
中が軽量だったり積み方のバランスが悪ければ横転するのは当然です。

いずれにせよ、コンテナに関わる会社も運転者を雇う会社も社内教育や
点検を充実していただくしかないのではないでしょうか?

Commented by Lucia at 2009-09-02 10:21 x
確かに運送会社の方たちにも責任はありますね。定刻通り荷物を目的地に運ぶために、無理な運転をせざるを得ない人もあるでしょうから。
今度高速道路料金が無料になったら、高速道路で渋滞が増えるから、予定通り目的地に着けなくなるだろうということで、運送業者さんは無料化反対を唱えているようです。
そういえば、高速道路などなかった昔は、貨物列車がたくさん走っていたし、客車にも貨物用の車両が連結されていましたね。長距離トラックはCO2削減のためにも大きな問題だから、すべてを根本から見直すことが必要かも…。
私の場合は、色々な理由が重なって、公共交通機関を使っての旅行ができないので遠距離は車で移動しますが、なるべくエコ運転を心掛けています。家の近所の移動には、車はとても効率が悪いのですが、急な坂道が多く、歩道も左右で傾斜していて、歩道に乗るにもスロープのない個所が多く、しかも歩道さえない道が多いので、自走式車椅子での移動も無理だし、何か代用になるものはないかと模索中です。
Commented by ma_cocotte at 2009-09-02 15:15
◎ Lucia さま、
距離数、制限距離に加え、コンピュータもあるのに逆算して余裕をもった
想定ができずに無理な運転を強いるというのは想像難しいですけれど、
フランスは主日にAutorizationを事前にもらっていない大型車両の
運行は禁止ですし、深夜に運転することにも制限があるから、日本の方が
自由に走れるし、応用が利くと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今日から、ラマダン。 Le r... 免許、も、ラッタッタ。 >>