<< きゅうぶんのきゅう ぬふぬヴぃ... それぞれの、さまざまな、里帰り。 >>
秋が来た、かな?
9月に入って第三日目。
午後になって晩夏独特の強い日差しが少し肌に痛いですが、二時間ほど庭で労作。労作をしているうちに風の音が強まり、どうやら北西風です。もしかしたら巴里より北でも風がこの強さで吹いていたら、木枯らし一号になるかもしれません。ああ、秋ではありませんか。
ココんちあたりは昨日、きょうと明け方にまとまった雨が降っただけで、枯れ芝がうっすら緑色に染まり始めました。庭の苺やフランボワーズが第二収穫期に入り、初夏よりも甘くふっくらした実をつけました。美味。そして、九月に入った途端、かなり涼しくなったので昨晩は煮豆料理。レンズ豆を煮ました。これもまた美味。この調子だと今月末にはサラダの季節は終わり、スープや煮豆料理が繰り返し出される日が来年の復活祭まで続くことになりそうです。

そして、ココんちの窓辺にきょうから、
b0070127_21383823.jpg
Cyclamen シクラメン

仏蘭西でシクラメンと言えば待降節から復活祭まで窓辺を飾る花です。
今年の待降節は11月29日から入りますけれど、ちょっと気の早すぎる準備でしょうか。

実は近所のスゥパァマルシェでラントレ rentrée、休暇明けということで今週末5日まで50%還元販売を行っており、その対象商品のひとつがシクラメンでした。ヒト鉢4ユーロ90なので、2ユーロ45が還元、このスゥパァマルシェチェーンのシステムだと翌日から還元された金額を買い物に利用できるようになっています。

ところが、わたくし。
シクラメン育てで成功したことがございません。
何より厳寒期を迎えてしまいますとシクラメンを置ける場所も限定されますし、室内に置くと場所によっては飼い猫が好んでいたずらする植物のひとつがシクラメンなのです。今回もこうして元気の良さそうなシクラメンを三鉢買ったものの、果たして美しい冬を迎えるためにこの三鉢を生かすことができるのか不安でございます。

どうかシクラメンさま、おクリスマスまで生き延びてくださいまし。

le 3 septembre 2009, Grégoire

....Σ( ̄△ ̄; あ、さんま...食べたひ。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-09-03 22:05 | 『夏』 Rien de spécial | Comments(2)
Commented by rice_shower at 2009-09-05 05:03 x
今はもう秋.....ですか。
ttp://www.youtube.com/watch?v=IgGS9OyrQks&feature=related
♪つらくても つらくても 死にはしないと♪

決して懐古趣味に浸っている訳ではなく、昨今のblogをそのまま歌にしている感の曲とは異なる、プロの格調と深さが感じられます。
Commented by ma_cocotte at 2009-09-05 17:04
◎ rice_shower さま、
貴HNを拝見するなり、「今年はお米の大豊作」をイメージしましたが、
今年の日本は冷害が心配なのでしょうか?

こちらは昨夕の食後に第三回ミュール摘みに出ましたが、寒くて、
寒くて、厳しい労作になりました。夕方のミュール摘みは昨日が最後です。
先週と今週では15度以上寒暖差・・・やはりココはキタグニなんですかねぇ
白鳥英美子さんの御声が似合う土地かもしれません。

それにしても、こおろぎやひぐらしの声も聞かないまま秋が来るこちらには
不満です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< きゅうぶんのきゅう ぬふぬヴぃ... それぞれの、さまざまな、里帰り。 >>