<< 時は光陰、矢の如し。 夏の終わり、あの日に食べたスー... >>
こりゃ、素通りできません。
旧市街の西、或る学校の正門です。
b0070127_3174423.jpg
Ecole
Notre Dame
St Joseph

Maternelle & Primaire

日本語に直訳しますと 聖母・聖ヨゼフ学校(幼稚園・小学校)なりますでしょうか。
仏蘭西共和国の教育制度では幼稚園は小学校付属となり、公立私立のどちらでもたいてい幼稚園と小学校は隣接しています。日本國でも仏蘭西の教育修道会が持つ幼稚園はたいてい「小学校付属幼稚園」と名付けられていますが、おそらく仏蘭西の伝統を日本でも貫かれたこその名称です。
この聖母・聖ヨゼフ小学校と付属幼稚園は旧市街で最も古い教会のそば、司祭館の隣にある私立校になります。隣の司祭館に住む教区司祭がこの小学校と幼稚園、司祭館を挟んで反対側にある中学校のオモニエ aumônier (本来は住み込み司祭)の役割も兼務します。
b0070127_43389.jpg
学校正門から見上げた路地向こうの教会の鐘楼尖塔と、左手前は司祭館の屋根


共和国内の小さな町村だと21世紀の今も役場、教会、小学校は長屋のようにくっついた建物で、ひとつの広場を共有していたりします。大昔から教会をまず建て、そこから同心円状に町が広がっていく町形成が仏蘭西の基本だったのでこういう町並みが今も共和国内に点在しているのでしょう。

さて、仏蘭西の初等教育ですが送り迎えの時間以外は門が硬く閉ざされてしまい、お子たちが勝手に門外に出ることは決してありません。早退、遅刻は親が許可を学校に願って認めてもらうのが基本ですし、早退であれ、遅刻であれ、門の向こう側の教員とこちら側の親の間でつないでいた子供の手を渡すくらい慎重であります。門から外で小学生がひとりでとぼとぼ登下校することはありません。が、仏蘭西の学校は日本の学校と違い、校内に図書館やプールなど充実した設備が必ずしもないので、校外の公共施設に移動することもしばしばあります。この移動風景はどこの町でもよく見かけるもので、たいてい子供たちが二列にお手手をつないで並び、先頭に二人、最後尾に二人の大人が引率しています。もちろんひとりは教員ですが、他の引率者は学生だったりします。
将来、教職員を志す学生は進級が決まったら、登録大学のレクトラ rectorat、大学本部に行き、地元校での研修志願を出すと必要に応じて、学校またはサントルデール Centre d'air 、水曜休校や夏季休暇において両親が就労している場合に未成年者を預かる施設でお手伝いすることができます。そうすることでこのような移動教室時には安全に子供たちを移動することができますし、学生たちはこの経験を通して自分が適格であるかどうかぢっくり見極めることができます。一石二鳥というか、子供のために、親のためにも、職員のためにも、学生のためにも、そして社会のためにも良い制度に思えます。

勇気を出して、正門の近くに寄ってみましたら、なんとまあ!
b0070127_3265074.jpg
正面玄関にマリアさま

反射的に、ぺこりと一礼です。
白のおべべに青サッシュとなりますと、いんまきゅれえ・こんせぷしおーん!
無原罪の聖母 L'immaculée conception de Marie 像ですね。

b0070127_4325059.jpg
もそっとおそば近くに参れば、ヴぃえるぢゅ・マリィたんは素足で蛇をグリグリなさってんだろうなあ。


私が通った学校も正門前に台座に乗った聖母子像が設えてあり、この学び舎に集う者全員が門から入ったらまず聖母に一礼、門を出る前にも必ず聖母に一礼することが習慣になっておりました。た、だ、し、
義務ではなくて習慣。 これ、ポイント (` ´)b


le 17 septembre 2009, Renaud
[PR]
by ma_cocotte | 2009-09-17 03:54 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(3)
Commented by ma_cocotte at 2009-09-20 01:00
◎ berucci-pete さま、

ルルドの聖母と無原罪の聖母像は別に考えた方がいいのですね。
おみ足の親指と人差し指の間に薔薇の花があり、しっかり蛇を踏んで
いるのかと思っていました。
Commented by ma_cocotte at 2009-09-20 15:10
◎ berucciーpete さま

berrucci-peteさんは仏蘭西育ちだったのですね。存じませんでした。
仏蘭西でも自治体によっては今もまだ公立幼稚園、小学校は水曜日が
休校日ですよね。金曜日の給食もお魚ですし。

私が育った学校は園内中、聖像とご絵だらけで、その前は一礼となっていました。
職員室のドアの上がなぜか教皇さまのご尊影でした。(^_^)v
Commented by ma_cocotte at 2009-09-20 20:26
◎ berucci-peteさま、

中学時代を仏蘭西で過ごされたなんて良いですね。
私は夜間でいいので仏蘭西の中学校で勉強しなおしたい希望を持っています。
私も私立の中高一貫校は知りませんが、高校から新入生を取るのも
悪くないと思っています。カトリック校だと12年一貫校で中学入試を
廃止した学校も日本ではいくつかありますが。良い面ももちろんありますが、
どうなんでしょうねぇ。難しいです。

仏教系の女子校は剃髪式のような行事を行っている学校も日本国内に
あると聞いた記憶がございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 時は光陰、矢の如し。 夏の終わり、あの日に食べたスー... >>