<< 。 信 ジ ル 気 持 。 耳を信じて、目を疑う。 >>
怒髪天突き、牛乳の雨が降る。
b0070127_36131.jpg
先週末、旧市街の街中で見かけた光景です。
誰もがココにペットボトルや水筒を持っていくと、牛乳で満タンにして返してくれるという。
牛乳は有料ではなく、無料です。
牛乳を配っている方々は近郊の酪農経営者です。

この前日にはブルターニュの肩にあたるモンサンミシェルのあの潟に百万リットルの牛乳が放出されたこともニュウスで流れていました。共和国の酪農地帯において牛乳が豊作であるにもかかわらず、店舗に出回る牛乳の値段が横ばい、または値上がりしていることに酪農主がこのような形で抗議行動を起こし、牛乳販売業や乳製品加工業者が不正に稼ぐ悪徳にあると訴えているのです。
おっしゃるとおりざます。
共和国の庶民は何か月も保存がきく加工乳や粉末乳を主に飲んでおり、日本のように数日後に賞味期限が来る牛乳は酪農国でもあるのに共和国では贅沢品なのであります。牛乳が豊富に取れる時だけで構わないので、価格を下げていただければ庶民も普段は味わえない甘く濃い、新鮮な牛乳を味わうことができます。私もたまには美味しい牛乳を気軽にいただきたいです。

結果がどうであれ、意志を表明する権利が共和国民すべてにあります。
その表現方法は自由ですが、豊作とは言え、テレビの画面からとは言え、取れたばかりの牛乳がシャワーのように大地に撒かれてしまうことは、かつて南仏に住んでいた頃、輸入野菜や輸入魚介類に抗議する農園主や漁業従事者が道路に野菜や魚を撒き散らかして抗議した際、それを拾う仏蘭西人が多々いたことをこの目で見ている私個人には善行に見えませんが、こうして町の一角で取れたばかりの牛乳を無料で希望者に配布してくださることは、庶民にはうれしい抗議運動に見えます。

金の亡者となった牛乳販売業社や乳製品加工業者が儲けたお金はどこに行くのでしょう?

le 23 septembre 2009, Constant
[PR]
by ma_cocotte | 2009-09-23 03:35 | actualite 現時点の現場から | Comments(4)
Commented by いとへん at 2009-09-23 21:20 x
こんにちは、パトリモワンは楽しまれましたかー。私はどこも見にいきませんでした、県庁もみられるなんて知りませんでした。来年は行ってみたいと思いますが、44県庁は現在改築工事中、来年にはきれいになってることでしょう、楽しみです。パリならいっぱいあるでしょうが、友人はエリゼ宮に4時間並んだといってました。
この酪農家さんたちを救済するというか、なんとかする方法はないんでしょうかね、酪農国なのに牛乳を作るひとびとが浮かばれないなんてどんな流通の仕方なんでしょうか。生きているものを世話するというのは休みもなしで大変だというのに。フランの頃も知っているけれど(ユーロ導入後一度長い帰国をしてるので)、チーズなんて値段がぐっと上がってますよね!
Commented by らぴ at 2009-09-23 21:25 x
おひさしぶりです。ma_cocotteさま。おふらんすでもこの抗議行動が起こったのですね。わが王国でも先日起こりました。農作物はよく豊作になると収穫しないと言う手段をとりますよね。ですが牛乳は牛さまが相手。搾らないわけにはいかないですね。あの牛乳ぶちまけ抗議行動を牛さまにみせるのが辛うございます。
新鮮な牛乳、高級品ですよね。こんなに酪農が盛んなのに・・・と思ってしまいます。お隣のオランダではフツーに手に入るとか。うらやましいですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-09-23 23:29
◎ いとへんさま、
エリゼ宮も公開だったのですね。拝見したかったです。
私は以前、パリカトのご好意でパリ市庁舎のレセプションルームに
入った経験があります。流石、首都だけにすんばらすぃので、こういう
機会に公開されているならぜひともご覧いただきたい物件であります。

パトリモワンですが直前に地元の観光案内所に行くと、ガイドブックを
いただけますよ。同一地方の一覧になっているので早めに計画すれば
日帰り旅行も楽しめます。次回はぜひ。

牛乳の問題ですが予想以上に尾をひいていませんか。
国内自給なのだから、この際、直売などの形で共和国内に住む消費者が
仲介業者を経由しないでしばらく救済してもよいのでは、と思う私は
経済音痴だからでしょうか・・・でも、美味しい本物の牛乳を数回味わえる
だけでも庶民には「このご恩は一生忘れません」事項なのに。

フランの頃と比較してしまうと食料品は二倍近い値上がりになっていると
思います。バゲットの値段は普通のパン屋さんでの購入なら二倍以上ですね。
物価上昇を詳しく知ってしまうと、よく自分が生きているものだと自画自賛(爆笑
Commented by ma_cocotte at 2009-09-23 23:36
◎ らぴさま、こんにちは。

牛乳ですけれど、庶民は日持ちしすぎる加工乳が主の酪農国っていったい?
ですよねぇ。私はフランスに来てもしばらくあの日持ち加工乳を飲むことが
できませんでした。今もなぜか温めないと飲む気持になれませんが、
こんな日持ちするには何が混ざっているのでしょうか?
南仏に住んでいた頃、独逸人留学生が皮膚の痒みに悩まされて、本人
いわくこの加工乳のせいだ、と言っていました。限りあるお金でいただける
牛乳の種類が限られてしまうのが現実だから、こういう時くらい美味しい牛乳を
庶民に分けてくださってもよいのに、ねぇ、サルコぢさんよ。と振りたい
ところですが、彼はマニマニマニですし、寵妃おカルラ・おブルゥニさまに
アントワネットさまのような高笑いをされてしまいそうです。

美味しい牛乳をごくごく飲んでみたいです。目の前に牧場があるのですが。
ホルスタインがうぢょうぢょ(^_^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 。 信 ジ ル 気 持 。 耳を信じて、目を疑う。 >>