<< 心と心が今はもう通わない その役回りは御免蒙る。 >>
田舎から田舎へ、
このチョコをあげよう。
b0070127_411398.jpg

いつも買出しに行くスゥペルマルシェ supermarché の近くに新しいチョコレート屋さん chocolatier ができたことを知り、勇気を出して行ってみました。チョコレート屋さんにしてはかなり広いお店なのに、所狭しとショコラ、日本語で言うところのチョコレートだらけ。棚をひとつひとつ眺めていたら、店主のムッシュウが現れ、試食にとホワイトチョコレートを出してくださいました。かじってみると、しゃりしゃりしゃりと中身が口の中でほろほろとほどけ、溶け始めました。ムッシュウの説明によりますと、塩キャラメルで作られているのだそう。
こちら ↓ が試食でいただいたホワイトチョコレートと同じもの。
b0070127_431268.jpg

あまりにこの試食チョコレートが美味しかったので同じチョコレートとトリュフチョコレートを買うことに決め、レジに持っていくと、開店記念のおまけとして小さな箱をいただきました。ココんちに持ち帰っておまけの箱を開いたら、最初のお写真のごとき中身。なんと贅沢なおまけでありましょうか。

こんなド田舎に住み始めて、ひさしぶりの大ヒット。
お父さんが明日はホームランを打ってしまうくらいの大ヒット。← これでは意味が大不明(^_^)
昨日も訪問したおうちにお届けし、明日も訪問するおうちにお届けします。

いただいたパンフレットによりますと、仏蘭西中西部の小都市に本店があるお店だそうで、支店含めて8軒のお店を経営しながらも、巴里にはまだ進出していないようです。田舎に住む私の口だから満足できたのでしょうか。花の都はお巴里にお住まいの方々には、ぺ なのかな・・・。

そんな巴里では14日から18日まで第15回チョコレート見本市 La 15ème édition du salon du chocolat が開催されています。http://www.salonduchocolat.fr/index.php
仏蘭西のショコラは濃ゆいので私の場合、午後に食することを控えてはおりますが、こればかりは裏飯屋。一日中、見本市でショコラの香りをフガフガしたいものです。

le 16 octobre 2009, Edwige
[PR]
by ma_cocotte | 2009-10-16 03:49 | The ou Cafe? | Comments(38)
Commented at 2009-10-17 07:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 16:34
◎ 鍵7H17@17/10/09 さま、
カトリック教会生活の常識と伝統は誰が語っても世界中どこでも同じに
過ぎません。文字が読めなくても誰もが神父様の下で守っている基本
を書かれて自己の都合に悪いからと、コメント削除や仮想敵ひとりを中傷する
ことでウソと仕立て上げれば、そういうことをする方々が世界中で笑い者
になるだけの話です。神の不在、守護の天使を軽んじる言動をインターネット
公衆でお披露目とは。迷える羊を更に惑わせるようなことを、本当の
カトリックは決してしません。疑心の種ばかり他人の心に蒔くなんてありえない。
ただし、ネットを第一に頼る求道者の方々が互いに崇高で本物のカトリック
信者と名乗りあっている方々の(ある種、単純でわかりやすい)お話を信じて
しまうのも当然かもしれません。

以下、続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 16:38
◎ 鍵さまがおっしゃる、

 >私たちはどんな人間であろうとも神様の道具になります。
 >であれば常に意向を改め、神様のために行う必要があります。

これは召命の基本ですよね。
私達が心の耳を澄まして澄まして、神さまの望みを聞き、熟考して、
「はい、思し召しのままに」と。何事も受胎告知の聖母に倣いますが、
私たちにとって問題なのはどれほど奉献しつくせるかにあるのでは
ないでしょうか。いくら自分の心身を捧げても捧げても捧げきれない
思い。祈りに導かれますね。でも、健全な心身を失ってはなりません。
神様はできないことを望んだりなさいません。私達は自分の分に謙虚
であるべきです。
もしかしたら鍵さんもいろいろ惑うかもしれませんが、「信望愛」ですよ!
麹町の神父様方を信頼してください。
私たちに絶望はありません。闇をを暁星、海星である聖母が照らし、
その先にイエズスさまがいらっしゃいます。疑う余地なし。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 17:50
◎ ココに立ち寄られた皆さま方へ

以下の掲示板のコメントですが、

イオタ・ローさんへ 投稿者:サボテン 投稿日:2009年10月17日(土)10時18分44秒
http://9222.teacup.com/immacolata/bbs/376

サボテンという方の想像のみの発言であり、
このサボテンとおっしゃるご婦人、なんらご本人から私に対しての確認が
現在に至るまで入っておりません。

以下、皆さま、ご存知でしたらお知らせください。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 18:03
◎ 以下の点、
----------8<
maggieさんや私が教会文書にこうありますよ、と書くと、

「あなたは聖側にいらっしゃる方ですか?(俗側の人間でしょ?)」
「あなたは所属教会の指導司祭から許可を得てそういうことを書いておられるのですか?」
「皆さん、この方たちの書くことはカトリック信者を惑わすことですよ」
「カトリックのようでカトリック<ぢゃ>ない」
「カトリック信者は、所属教会で指導司祭の言うことに素直に従うのです」
「疑問があれば所属教会の司祭にお話をして、司祭が司教に司教がヒエラルキーの上にお尋ねになればいいことです」
「あなた方は稚拙です」
と、一見おだやかにさとしつつ、
御自分は【理解不足の知識】をそのまま書き連ねておられました。

----------8<

拙ブログにmaggie、サボテン両名の送信記録はありません。
が、上記と似通った内容は過去に「匿名」というHNの方が茨城県から
意見をいただいたことがあります。
この匿名なる人物のコメントの行いについては以前、私見を掲載しました。
ご参考までに。
http://malicieuse.exblog.jp/10740912
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 18:12
◎ 印象操作に気をつけてください。
「~しょう」の語尾ばかりです。しかも、私の友人に対してまで妄想で語り、
ご本人が私の母校がサレジオ会だと挙げたのに「貞淑な夫人風の下品」
とは。私は構いませんが世間に対して失礼です。

----------8<
フランス夫人は日本の現実をご存じない。ミサには与られたり巡礼旅行をされたり、カトリック文化の見聞はあるのだけれど、教会内の様々な問題について関わられていないのでしょう。
----------8<
1970年代の比較的落ち着いていた日本の教会の状態がそのまま持続しているのだと考えておられるのだと思います。お友達の日本の信者さんでも、彼女が未信者なら、彼女に教会内のごたごたは話しませんから、日本の現実を理解されていないのでしょう。
----------8<
それにしても、HN「一イグナチオ所属信者」とはなんとも彼女らしいHNです。そのようにすれば説得力があると考え、ロール・プレイされたつもりだったのでしょう。
----------8<
信者のふりしている無神論者かもしれないし、貞淑な夫人風の下品な方かもしれないし、カトリックの知識はある反カトリックもいないわけではないでしょう。
----------8<
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 20:10
◎ berucci-pete さま、
そうですね。
支店も出さず、日曜休業のまま、老舗を守るお店には頑張っていただきたいです。
和菓子屋さんも、おかき屋さんも。

日本はどうしてもブランド名が優先になり、本物の舌を育てるには
難しい環境なのかもしれません。
そういえば拙宅から遠くない土地のAOCバターが丸の内で店名となって
デビュウしたようです。
Commented by berucci-pete at 2009-10-17 21:07 x
おや、それはエシレですね? へええ、さすがは東京、何でも出店しますねぇ。
この前 Mont-Saint-Michel の La Mère Poulard のオムレツを頂いて
東京に出店していたことを知りました。
Commented at 2009-10-17 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 22:17
◎ berucci-pete さま、あたりです!(^_^)
商社側もどういう思惑なんでしょうね。
確かにエシレのバターは美味しいけれど、地元ではポワチエ出身の
ロビュションがこの地方すべてのバターを推薦するCMが流れています。

プゥラールのお店も東京にあるのですね?
次回帰国で行ってみようか・・・猛烈に高そうですね。
スーパーで売っているプゥラールのビスキュイで我慢します。とほほ
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 22:37
◎ 鍵22H12@17/10/09 さま、
あちらのコメントを拝読しましたので、信仰弱気お立場であることは
なんとなくわかりました。私への批判も私に直にお願いします。
求道者というのは「神様を求め続けている者」ですから、鍵さんは既に
そうです。これからは、導く羊飼いを探すのみですね。
麹町の講座一覧をご覧になって、ご自分のこれまでの生活に差し支えない
時間の講座にしぼり、まずはその担当司祭や修道女に個人でお目に
かかってはどうですか?かつての私はそうしました。

ところで、私が高校時代、信者でもなければ、求道者でもなかったことは
事実です。あの文章、よーくご覧くださいね。
「高校時代」です。(笑)その後の人生について私自身は何も語っていません。
あの方々が語る現在のカトリックのウソや悪口のみを信じたら、いずれ
バチカンにとっては偽物の「自称本物カトリック団体」に招かれてしまいます。
気をつけてください。おそらく今の鍵さんが神さまに近いから、向き合い
始めているから、神様にも悪魔にも試されているのですよ。
Commented at 2009-10-17 23:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-17 23:34
◎ 鍵23H19@17/1009 さま、
こちらこそ申し訳ありませんでした。
私の推測に過ぎませんが、もしかしたらサレジオ会にご縁がございますか?
私は自分勝手なのでパウロ6世の時代やヨハネ・パウロ二世の御世の
初期が心落ち着けるとでも申しましょうか。
白柳大司教さまが枢機卿となられ、濱尾司教さまとピッタウ学長が
ローマにおよばれされた後の日本のカトリックにはいろいろ戸惑いを
覚え、距離を置いたひとりが私です。
まだまだ何もわからないことだらけですが、司教様や神父様、シスター
方、諸先輩から伺う話で育てていただいています。私は既に天国の
方が近いので魂を育てることに励まないとなりません。
いろいろ批判を読んだところで、やはりイエズスさまにまで繋がる按手を
私達が軽んじてはならないし、意見を申し上げるにせよ、面倒くさくても
私達が守らねばならない伝達の道があり、それを知っているからには
道路の端を歩かず、真ん中を歩み、へりに落ちそうなヒトを真ん中に
引っ張らねばならないと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。
Commented by berucci-pete at 2009-10-18 00:36 x
次から次へと舶来の新しいものが入ってくるのは基本的には歓迎です。
でも、定着しないでいつの間にか撤退してることが結構あって、気に入った
直後に大打撃を受けることがしばしばです。
「こんなことならあなたのこと、知らずにいた方が良かった」

Poulard は松屋銀座に第一号店があるようです。
カトリックにもモン・サン・ミシェルにも全く縁の無い方が
近所の駅で期間限定のフェアをしていたからと買って来てくれたのが
9月29日、御ミサから帰って来た直後でした。
僧院のイラスト付きの袋を見てちょっと鳥肌が立ちました。

Commented by ma_cocotte at 2009-10-18 01:00
◎ berucci-pete さま、
私は大昔、日比谷の三井ビルのアーケードにあった紅茶屋さんが
気に入っていたけれど、静かに消えてしまいました。あれは残念でした。
Poulardでお食事するには今の私にゃ節約しなければ。
モンサンミシェルの本店も日本語メニュウがあるそうですね。
観光地に成り果てたモンサンミシェルもエルサレム会が管轄したことで
カトリックとして再興されたので、嬉しく思います。
Commented at 2009-10-18 07:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-18 14:55
+ 鍵17H07@18/10/09 さま、やはりそうでしたか。
私は高校の修学旅行で別府の姉妹校に参りました。昨年秋の帰国時も
10月6日に調布に参りました。午前中にミサ、その後、恩師に再会し、
資料館訪問。カトリックにおいても、歴史探訪にしても有意義な一日になりました。
おそらく鍵さんがご存知の神父様やシスター方と私もつながるかも
しれません。

あの「命かけてと誓った日から」の出だしですが、召命なのか誓願なのか
意味深に取れたりすると思いませんか。「ひとつの花を見て美しいと
思える」というくだりも。
生き急がなくてもいずれ招かれるのに、という気持も正直私にはあります。
良い主日になりますように。こちらは午前8時ですが、まだ外は真っ暗です。
Commented at 2009-10-18 18:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-18 20:38
+ 鍵18H30@18/10/09 さま
私自身は彼らから塗られる油泥は初めてではありません。自分に塗られる
油泥を拭うのは私自身でしかなく、拭うためには塗った繰るより数倍の
労力と時間と誠意が必要だというのも重々わかっています。が、今回の
件は今までと異なり、私の愚な存在を悪用してイグナチオに集う羊たちに
イエズス会や羊飼いを疑うように仕向けたり、尋常を逸していることに
引っかかりを覚えています。
左傾化したカトリック校と断定もしていますが、必ずしも全てのカトリック
校ではありませんし、結局、カトリック信者と名乗って危機を訴えて
いるように見せかけて、日本のカトリック教会の中に混乱をもたらそう
としている。それは典礼重視といいながら典礼文を何等理解していない
ことになりませんか?
薄気味悪さを感じています。

ですが、鍵さんのご忠告、感謝しています。

話変わりますが、神父様やシスター方の異動はまめに行われる会ですので、
手品の上手な神父様は私の母校でもしばらく住み込みの聴罪司祭として
いらっしゃいました。昨年、お目にかかりましたよ。相変わらずお茶目で
面白い神父様です。
Commented at 2009-10-20 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-10-20 10:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 15:51
+ 鍵10H36@20/10/09 さま、
私も兄弟姉妹がありません。
今回と似たようなことは既に過去にあり、同じ方々が「ま・ここっと」という名を耳にすると自動的にモグラタタキを始めることになっています。
今回収まったとしても、私が電脳から消えない限り、彼らの私への払拭労働は続きます。
以下、全てではありませんが、前例です。

*寒い冬には着物がない
http://malicieuse.exblog.jp/8725040

*ひとりで嫌いになれないのかしら。
http://malicieuse.exblog.jp/10827106

こうして紹介し、鍵さんがおさらいされたところでいろいろご不便があるかと
思います。というのも、彼らの特徴は書きなぐるだけ書きなぐって、数時間後に消去し、話の辻褄が合わないようにします。
特に上の二つ目のコメント討論には彼らが崇敬する男性が「通りすがり」
として現れ、ご持論を長々と書かれていますが、途中でIDが曇ることが
数回あり、その後、この男性は別の電脳域でアリバイ作りのためにひと
芝居打っています。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 16:11
+ 私はもう数年前から例えばteacup掲示板の論客のIPを調べる術を存じています。あちらは藤波という方を頼られているので、その前後で今回騒いでいる方々の態度が豹変したことは周知の事実です。
今回も(既に消去されたようですが)あちらからサボテン、マギー各氏が拙ブログで意見を書いたにもかかわらず私の無知がひどい、とありますが、拙ブログのコメントにサボテンというHNも、マギーというHNもありませんが、拙ブログとteacup双方で同じIPアドレスの方がいます。
ミカエラの名を語って崇敬される方を庇うために現れた関西在住の方はその名を選んだことが失敗にもなりました。ご本人はユダの手紙の8-9節でご自分に酔いしれてしまい、10節を読まずに送信。

>しかし、かの人々は、自分たちの知らないことを冒瀆し、理性を持たぬけもののように、本能的に知っていることの中で亡びてしまう。

ドンボスコ社バルバロ訳新約聖書から引用しました。(^_^)
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 16:31
+ 鍵10H38@20/10/09 さま、
お知らせありがとうございました。
鍵様からのコメントでその司教様にも事実無根の油泥が塗られていること、承知いたしました。なんということでしょう。
この三月にローマに参りました時、ヴァチカンで働いていらっしゃる神父様にお目にかかりました。典礼文ひとつにしても日本語、中国語などアジア言語についての問題はかなり難しく、フランスの貴方方もこの点のために祈りましょう、と指導してくださいました。エヴァンジェリゼ国がヒトが作った国境など越境しミッション国のために祈ってくださる。感謝、その一言に尽きます。

 >定期的に司祭に報告相談し指示を仰ぎました。
 >最終的な行動の際は司祭の按手を受けました。
 >カトリック信者は司祭、司教、教皇様に繋がっていなければならない
   と思います。祈り、祈り、祈り、の後に行動だと思います。

カトリック教会の内にある聖俗信者全員が守っていることですね。カトリック校だと、教師、校長様に応用し、学園で学ぶことを許された児童、生徒全員が信者であろうとなかろうと守りました。守れないならば園から退。なぜかアダムとエワと同じです。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 16:43
+ いずれにしましても、ダヴィド王のように栄華も権力も持たず、外見みすぼらしい洗礼者ヨハネも、地方出身で大工の長男という肩書のイエズスさまも真実を語られたところで、栄華や外見、肩書で他人を見定めることしかできない人々によってあのような最期となりました。
確認もしないまま妄想を吹聴し賛同する者を集め、敵を根こそぎ溶かし存在を消したところで、それは有限世界の中の被造物の一に過ぎず、カトリック世界の伝統習慣も法律も教皇様の下、なんら変わりません。
こんなことなら昔のような公教、公教会という単語を今の日本でも生かせばよかったですね。「公の教え」ですもん。セクトではありません。
Commented at 2009-10-20 17:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 17:34
+ 鍵17H14@20/10/09 さま
これまでの通例が今回も実施されるとするなら、この鍵コメのやりとりは私の一人芝居であると確認しないままの嘘の吹聴が始まります。カトリックは広がる、空を仰ぐ生活宗教なのに、カトリックは不満分子を排除し、地面を眺めて砂粒、塵を払拭する生活宗教のように喧伝したところで、宣教国日本では迷う羊が増えても、世界のあまねく羊が日本の囲いの中を憐れむだけです。
一個人がこの世から消えたところで何の変わりがありましょう。
以下、ご参考までに
「人間は特に霊魂に付与されている点で動物から区別される。この霊魂が思索し、考え、望み、善悪を識別するのである。」
「私達のみじめな霊魂を救うためにはどんなことでもする覚悟が必要だ」
「善を求め、悪を避けるにあたり、毅然たる者でありなさい。しかし、常に柔和に、そして賢明に。忍耐強く、慈愛に満ちていれば、温順でない人々の心をも掴む力が神から授けられるのを体験するでしょう」

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 17:42
+ 「あなたがたが子供たちから豊かな教育の実りを得たいのならば、誰に対しても侮辱されて傷つけられたからと言って怒りを示してはならない。子供達の欠点を受け入れ、直してやり、忘れなさい。彼らに常に好意を示し、あなたがたの努力が全て彼らの霊魂の利益のためであることを理解させなさい。」

鍵さま、私ができることは子供達の欠点を受け入れ、忘れることだけです。
直すお仕事は羊飼いにあり、羊飼いから求められれば、祈り考え、受け入れてみるのが私達ではないでしょうか。

「愛、忍耐、優しさを示し、屈辱的なとがめや罰は決して与えないこと。可能な範囲で善を誰に対しても行い、悪は誰に対しても行わないように」

という言葉もあります。「可能な範囲」がポイントではありましょう。
騒いでいる方々には可能な範囲を怒髪が突ら抜いたと拝察しています。
Commented at 2009-10-20 17:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 18:14
+ 鍵17H45@20/10/09 さま、
紋章学において楯の形は「強固な信仰」を表わします。ですから、新旧越えてキリスト教の学び舎の学章の型に楯が織り込まれています。第一目的が羊飼いと羊を囲いの外に出し異邦人に謝罪することにある場合、楯という単語ひとつでも単語同じで中身が異なる場合があるのかもしれません。
使徒行録の17章16節から34節まで、パウロでも去り際を知り、去られたことがある。私も分を弁えます。できることはしますが、できないことはできないと申し上げる。どちらも謙虚、恭順、従順が伴わねば聖母を軽んじることになります。
教皇忠誠派という新語を電脳域で目にすることが多くなりましたが、教皇さまの何に忠誠されているのか不明瞭であり、日本の司教様方に教皇様のおっしゃることを聞けと世俗が命じていますが、具体的にどのお言葉なのか不明瞭です。教皇様が司教様方にご不満あるならばアドリミナの際、はっきりおっしゃるでしょうに。世俗の立場で詮索が過ぎると第八戒に触れると思います。気をつけなくては。
Commented at 2009-10-20 18:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-20 21:47
+ 鍵18H24@20/10/09 さま、
はい、単語しか変えない決まった台本があるようなので、二度、三度同様なら四度目もさして変わりないかと。一個人の信用をなくすことで消せることもあれば、逆に語り継がれることもあります。
先日聞いた話で、教皇さまが1962ミサをピオVミサではなくヨハネXXIIIミサと呼ばれるようになったそうです。教皇さまがそうおっしゃったならここから先の詮索はならぬ、と教えられているので、おぼしめしのままに、ですね。いくらカトリックの名を出し自身を信用させても、そこから他人の心に疑いの種を蒔くのであればカトリックではないと自身で告白したようなものです。信じて、騙されたところで、騙されたのが隣人でなく自分で良かった、とおっしゃる神父さまやシスター方に私はこれまで何人もお目にかかっています。騙されて何もかも失ったとて神と共にあることは何よりの平和と喜びと私に伝えたかったのだと思います。私は短気です。

さて、お食事。多めに塩コショウの野菜煮を作り、翌日はそこにコンソメなど加えてミキサーにかけると良いようです。ルルドの修道院もローマの修道院も夕食はその繰り返しでした。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 14:44
+ クズ管理人の2chへのカキコ さま、
笑止千万さんと管理人はクズさんと異なるIPアドレスだけれど同じ
電信会社と契約して、同じポイントからの送信ですか?

清少納言なる人物は日本国内からの送信だということ、私のこのブログが
フランスからの送信だと調べ方を知っているなら簡単に調べられます。
本当に世間で通用する手段で調べたことを発表されていますか?
嘘も繰り返すと万民に信じてもらえる手法を用いたのはナチスです。

----------8<----------8<----------8<----------8<----------8<

主日の教会近くで予想外な場面に遭遇してみろ。
問い質すのは人としての心情だろう。
今回の騒動は全国区の話題ではありません。
極めて狭いローカルな、マニアックな連中のニュースにすぎない。

----------8<----------8<----------8<----------8<----------8<

ローカルな話題になぜ関西の教区教会信者がぼけーーーっと外から
眺めていたのですか?
その方が世界中のカトリック信者が不思議な点です。
続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 14:48
+ 笑止千万の 管理人はクズの2chへのカキコ さま、

----------8<----------8<----------8<----------8<----------8<

おまえらの知識が世間の常識ではないのだから。

----------8<----------8<----------8<----------8<----------8<

どちらの世間の常識ですか?福岡?
少なくとも日曜日に外堀より内で騒動するなど、超宗教で千代田区内の
常識ではありません。千代田区内で千代田区が認可した商業地区で
騒がれたらどうですか?
そして、国境のないカトリック世界ではこのような抗議行動に賛同する信者
そのものが生活常識から外れています。世俗信者(あえて使いますが平信徒)の
分を弁えず、恭順の先を間違えています。教区信者は不満がある、
他教区を憂えるなら自身の所属教会司祭に相談するのが世界の
カトリックの常識です。
3つも複アカを用いず、ひとつのHNで書かれたらどうでしょう?
貴殿がここに書かれたコメントは私見なんですから。
「イグナチオの一信者」の意見は本人を消したところで、教皇様が改善を
命じない限り、世々に至るまで受け継がれる生活基本に過ぎません。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 15:06
+ 笑止千万さま、管理人はクズさま は同じIPアドレス。

そして、匿名さんとサボテンさんと同じ

  ソフトBKから複アカを使っての批判送信

毎度、お疲れさまです。
同じサボテンでもさいたま教区に苦しめられるカトリックのクリスチャンを
ある掲示板では演じ、他の求道者ブログでは次々とピオ関連URLを
貼りながらのピオ賛美。
バレそうな電脳スペースでは別のHNを使用される。

本物の伝統主義の世俗女性が祭壇より奥を公衆で語るなかれ。
修道者まで装って「匿名」というHNで1545年以前のキリスト教世界を
否定する書き込みを延々となさっていましたが、あの送信の際の番号は
何でしょう?
ためしに一度、ある番号を消したら、数時間後にまったく同じ文章を
送信してきた。自分の生きた言葉の表現ではないということですなあ。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 15:12
+ みなさま方へ

このエントリーはチョコレートの話題です。
エントリーに関係のない話題はこれ以上、このエントリーコメント欄では
受け付けません。
右サブメニュからご自身がお話したいことと関連する内容のエントリー
(少なくとも麹町の件は2エントリー掲載しています)にお願いします。

我侭、ご寛恕のほど
Commented by きなこもち at 2009-10-22 08:57 x
しゃりしゃりしゃり、この食感・・・私好みです!
(しゃりしゃりといえば神田精養軒のピットが大大大好物だったのです。製造停止になってしまって残念・・・)
開店記念のおまけでこれはがんばってるなと思います。
店主のムッシュウ太っ腹ですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-22 14:00
+ きなこもちさま、

あああ!このチョコの中身は神田精養軒のピットをもう少し繊細にしたような
感じです。あのツヤツヤの薔薇色の包み紙でしょう?青い包み紙も
あったような記憶があります。

先日、このお店に行ったら「今日のお味見です」と今度は三種類の
チョコの層になった、それこそピットの形のチョコをいただきました。美味!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 心と心が今はもう通わない その役回りは御免蒙る。 >>