<< No more 【10.11 ... ...初めて見た >>
角を曲がれば~♪ 
永遠の都ローマ。
b0070127_17241791.jpg
ヴィットォリオ・エマニュエェレII世記念堂前の大ロータリー ↑ を右側通行の自動車に従って参りますと、突き当たりにパードレ・ピオが玄関で迎えてくださる 蝋人形館 があり、そこを左折した先に、ドドンと教会。
b0070127_17495258.jpg
遠景から一枚撮っておいて良かった。この教会がフランシスコ会の教会であることを知ったのはこの教会の前を数歩過ぎたところで、でした。私達の巡礼の訪問スポットでなかったにも関わらず、要領よく中に入られた司教さまと永久助祭さまが団体の一番後ろを歩いていた私に教えてくださった。流石、習慣が身についたお方は通り過ぎる場所でも、実にスマートに聖櫃や祭壇にカーテシなさいます。
何せロオマの右も左もわからぬまま道を登ってしまった田舎者、ガイドさんに従うのが精一杯。確かこのフランシスコ会の聖堂前を過ぎ、橙色の建物のあたりを右に曲がるとこのような路地に入ってしまいます。
b0070127_1751350.jpg
時刻によってはかなり薄暗い路地でも先の陽光に不安も吹き飛びます。路地を抜けると小さな広場があり、突き当りには
b0070127_17512796.jpg
PONTIFICIA VNIVERSITAS GREGORIANA


少し角度を変えますと、右手前はフランシスコ会になります。
b0070127_17515289.jpg
確か大学とフランシスコ会が渡り廊下でつながっており、雨の日も風の日もフランシスカーンは濡れることもなく飛ばされることもなく苦のない極楽でおべんきょできるのです。サボれませぬな。
b0070127_17521091.jpg
玄関先のローマンカラーの方が妙に ロンバルディ 、ウリフタのロンバルディでした。え?ロンバルディ?
この日は教皇様がアフリカから帰国された日の翌々日だったかと記憶しております。

というわけで、角を曲がればグレゴリオが見えるのでした、まる

le 20 octobre 2009, Adeline
[PR]
by ma_cocotte | 2009-10-20 17:53 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(3)
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 16:03
+ 笑える。さま

きょうは県庁をご欠勤ですか?それとも勤務中?
チョコレートのエントリーに関連エントリーが二つあると書きましたけれど、
こちらは関係エントリーではありません。
はずれ。
始めの一歩を踏み出す前に成人ならよーくご自分の目と頭で確認してください。
幼児洗礼者の生まれながらの特別な聖性を大切にしてくださいね。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 16:34
+ がんばれ。さま

上の 笑える。 さんと同じIPアドレスから送信するにしても、複アカに
してしまったら「自分に甘く、他人に厳しい」という証明になります。
頭の中で思い浮かぶではなくて、IPアドレスが事実を証明しているに
過ぎません。あなたがたの思考の限界の外にいる人間の方が世界には
多いだけです。

で、このエントリーは麹町の件に関係ありません。

試しにあなたのIPアドレスを拒否してみましょう。有期か無期かは
現時点で公表しません。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 17:57
+ 見上げた人だね。あんたも。さま、

お疲れさまです。

拒否実験は ひとつのIP のみです。
御自身がよくおわかりでしょう?こうして送信できたのだから。

他人のブログの管理人が私だと断定し、このような救援手段を求めての
助太刀ですか?該当のブログは簡単に第三者がIPアドレスを
確認できますから、このような事実無根を書いたところで、貴方のコメントに
根拠がないことバレますよね。該当ブログのコメント欄をしらみつぶしに
誰が検索しても私のIPアドレスはどこにもありません。断言。
ご自分に術がないのならば、警察にでも確認していただいたらどうですか?

貴方の今回のIPアドレスを私が拒否設定すると別のHNの方ひとりも
送信できなくなりそうです。やってみましょう。

そして、何度も書いていますが、関係のないエントリーで疳の虫を発症
することやめてくださいね。専用お砂場を文字も読めないあなたがたの
ために用意いたしましたので、そちらにご足労願えますでしょうか。
文字を読めなくてもピーシーで遊べるのねぇ。
http://malicieuse.exblog.jp/12174281/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< No more 【10.11 ... ...初めて見た >>