<< Остров は Ostrov 角を曲がれば~♪  >>
No more 【10.11 麹町の変な乱】
気騒ぎ。
b0070127_16261028.jpg
ご自分の良心に対して背を向けた疚しい言動を、自分の妄想のみで他人に油泥を擦り付けるとは、ご自身の心に神も守護の天使も不在であるとご自分で公衆において証明しているようなものです。
珍妙滑稽 とはこのこと。
右の写真 ↓ は長崎での叙階式のナマ写真。当時のローマ教区長が按手されています。
b0070127_16271018.jpg
このローマ教区長から直に叙階されたローマ・カトリック修道司祭から私は教会学校リーダーとなるお話をいただき、熟考の末、神父さまの求めを受け入れたまでです。私自身の至らなさは私がお目にかかったこともない方々にほうぼうで喧伝されなくても、私自身も、責任司祭も、先輩方も、当時の子供達も重々わかりすぎていることです。この方々あればこその今の私であり、だからといって今の私がまだまだ未熟でありすぎることも、私に関わる世界中の全ての友や既に天で永息している方々が私以上にわかっていることです。

何の面識もなく、私自身に何ひとつ事実確認もしないまま、ご自分の妄想のみを「~でしょう」の語尾で公共に疑いの種を蒔き、放流された実しやかなウソに世間の同意を得ようと不眠不休で勤しむ方々におかれまして、その使命はどなたからいただいたものですか?互いに「教皇忠誠派である伝統的カトリック信者」と紹介しあっている各々方ですからもちろん所属教会主任司祭ですよね?本物の伝統主義者が司祭を軽んじてこんな遊びに興じたところで、後に続く羊の見本にも手本にもなりません。Innocent な羊を脇道にそらせようと必死の羊の皮をかぶった山羊がどうも電脳域に放牧されています。

単に羊飼いの存在が見えない「世俗だけのお戯れ」ならば、それは
カトリックせいかつゴッコ
です。お休み時間が過ぎたらお教室に戻って教導職の教えを耳かっぽぢって良く聞かれ、実践なさいますよう。
お教室に入る前に羊の皮を脱ぐことを忘れずに。
ご自分で脱げないなら告解室という所で脱がせていただけますよ。

こんな睡眠時間を惜しんでまでの遊びがすぎると授業中に居眠りばかり、ご自分が真剣になるべきはどちらの時間でしょう?教導職とのお授業に真剣でないから公衆でカトリック社会性に欠如したことを続けられると傍観者に判断されてもそれは自ら披露したこと。誰のせいでもありません。あ、羊を甘やかした羊飼いのせいかな?山羊の放置も羊飼いの責任かもしれません。

先に麹町教会の一件とは関係のない拙エントリーに場違いなコメントが続くことを管理者として憂慮し、過去の関連エントリー二つのうちどちらかに意見を書いてくださるよう申し上げましたが、その拙エントリーより後発の無関係エントリーに複アカコメントをひとつのIPアドレスから送信するとは、何たる愚行。それも所属教会の主任司祭から直のミッションですか?んなわけあるまい。

====== 十 ======

きょうから拙ブログ内で訪問者によって開催された 日本国内からの送信による複アカ祭り について、現在、ひとつ ふたつのIPを拒否設定、他のIPやID・URLの拒否設定をかけないままにしてあります。既に別エントリーで私がほのめかしましたとおり、IPアドレス検索の術は当方にありますこと、ご承知おきくださいませ。

さて、羊の皮をかぶった山羊さんたちへ。このエントリーのコメント欄が
あなた方の お砂場 であり、お遊戯室 です。
====== 十 ======

*コメント欄をご覧の親御さま、教導職のみなさま方*
きょうはようこそおでましくださいました。ご足労、感謝いたします。
このような参観でございますので、コメントを書かれる前にその文面をご自身の良心と照らし合わせ、互いの冷静かつ真摯な意見を互いのために交換し、ここに集う私達が天主さまに喜ばれるよう成長いたしましょう。

勝手ながら、このエントリーでの 鍵コメントは削除 いたします。
鍵コメントは個人面談に値するかと思いますし、既にご存知のように鍵コメントだけで該当者の妄想を私達が手伝ってしまうことになります。
みなさま方のご理解に感謝いたします。 Merci!

le 21 octobre 2009, Céline

b0070127_16264241.jpg
麹町主任司祭からいただいた「キリストに倣いて」、光明社製。

自らの利の花を咲かすための「疑いの種」を電脳域に蒔く前に筆跡鑑定なさいませ。
大阪やら福岡やら横浜やら茨城の本物の伝統主義教皇忠誠派の世俗信者方も、伝統にのっとって東京教区の、しかも修道会管轄小教区への疑問や不満はまずご自分が所属される教会の神父さまにお話し、後は聖側の判断に委ねるしかありません。それが不満なら今一度、召命をよーーーーーーーーーく聞いて、ご自分の立場を現状から変えることです。独身男性ならば早くて7年で叙階でしょ。たった7年なんてカトリックの歴史の中では光陰のごとしです。貴方が最短で7年後に堂々と分を踏まえて動かれるなら世俗の誰が文句をいいましょう?え?世俗婦女子?伝統主義の婦女子は静粛に。誓願無き婦女子はただただ祭壇より前で従順と謙遜をもって仕えるのみ。
そんなカトリックの伝統も知らないの? ε= (´∞` ) Bof

【註】 写真内の書類は麹町教会の場合、成人第三者への開示、発行を希望する本人からの理由明示なくしての発行は禁じられています。そして、一理由における発行部数も厳しく決められております。
本物の伝統主義者の方々がご存じないとは・・・・
何故? ナニユエって読んでね、svp

[PR]
by ma_cocotte | 2009-10-21 16:27 | 『?』なKTOりっくん | Comments(29)
Commented by f.kousei at 2009-10-21 20:12 x
ma_cocotteさま、申し訳ありません。このような事態は私の鍵コメントが原因です。大切なお写真まで証拠として公開せざるを得ないことになり重ねてお詫び申し上げます。
私はma_cocotteさまが仮に複数のHNを使用しようが、貴ブログの記事に信頼を置く者です。麹町教会の件もあの周辺の守るべきルールに従うのが筋だと思います。
何はともあれ、今日のような事態を招いたこと心からお詫び申し上げます。
Commented by f.kousei at 2009-10-21 20:16 x
訂正「仮に複数のHNを使用しようが」ではなく「仮に複数のHNを使用しようが、しまいがそんなことにかかわりなく」です。あわててましたので十分推敲せずにコメントしました。
ごめんなさい。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 20:25
+ f.kousei さま、私に謝罪など必要ありません。
鍵コメントでも、公開コメントでも良心の声に耳を澄まされている方の
言動は受け止めた側の良心も「喜び躍る」ものです。エリザベトのごとく。

これまで同じHNで「一教区内で左傾思想に苦しむ世俗信者」と教皇さまが
まだ認可されていない団体への勧誘を勧める女性を演じ分けたり、拙
ブログには1545年以前のキリスト教社会についてのこちらからの質問を
頑として受け付けない男性修道者として成りすましで現れた女性、
この方は鍵コメを用いて私を蔑むコメントを送信後、善良者として
現れるのも毎度のことなのです。

f.kousei さんが原因では決してありません。
このエントリー「のみ」、鍵コメというコンフィデンシアルな討論を、良心の
声が聴こえない方々のために私達が控える「だけ」なのです。
どうぞよろしくご理解くださいませ。
Commented by きなこもち at 2009-10-22 09:46 x
ma_cocotteさま、麹町教会の件ですが・・正直なんだか馬脚を現わしたなぁというのがお掃除されたコメントを見てのあちらさんに対する感想ですわ。
それと時々こちらにおじゃまするのは基本自分の自由意志、自己責任においてなので、アドバイスはよけいなお世話ですね。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-22 14:12
+ きなこもちさま、
以下、長文ですが、おゆるしください。
この件、まっこと奇怪で、サボテンという女性とお仲間がほうぼうの掲示板に
私が嘘をついている、二重人格だと引き合いに出す、ある第三者のブログに投稿した「或る女性のコメントURL」があります。
この或る女性は私の母校の卒業生でもなければ、私とまったく面識がありません。ところが、この女性は私の母校では全生徒に公教要理を教えていると断言、私が事実を書くと、なぜか私の母校で授業を受けた経験がないこの女性が「嘘」とコメント内で「断言」。続いて、この女性は私が「幼児洗礼のくせにバカ」であり、ご自身とその第三者の神学知識は幼児洗礼やミッションスクール出身者より確かであると断言しました。神学の知識は確かに彼らの方があります。でも、司祭も教導職も抜いての独学だからズレがあります。その問題点は私でもバカなりにわかります。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-22 14:28
+ ですが、私は幼児洗礼ではありませんから、私から「高校時代は信者でもなければ、求道者でもない」とコメントを書きました。このコメントをサボテン、maggie両氏が取り上げて、現在、私が嘘をついていると吹聴しています。もちろん、その第三者のブログで私の母校の卒業生でも教職員でもなく、教会でも職場でも面識のない女性から私のこの発言が「嘘」と断言され、そこに「しらじらしい」という蔑みの言葉まで添えられました。
ですが、母校にも、私がお世話になったどの教会にも問い合わされたところで私本人がコメントしたことは事実です。その証拠はどちらにもあります。それに、拙ブログで私の母の葬儀が浄土宗であげられたことも、母の納骨が父方の寺の墓地に納められたこともこれまで書きました。その場を提供してくれたブログ主から「ま・ここっと」のHNを一度だけ用いて真実を書いて良いと許可をいただいたからです。

変でしょう?
私は母の葬儀の形まで嘘をつく?

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-22 14:30
+ 私の母がカトリック信者でもないのに、主日ミサで母の名を読み上げ会衆全員で母のために祈ろうと司式されたイグナチオの老司祭を恥とまで彼らは書いていました。私に面識もない、私の母校に縁のない或る女性のコメントが真実と信用できる関係の中に彼らはあるのだと今回の件でよくわかりました。
ココのコメント欄に異教徒がいる、別宗派がいるとまで彼らはよそでコソコソ書いていました。消す、排除というのはカトリックらしからぬ発想で、カトリックはどんな時間と労苦をかけてもConversion 回心を働くそうです。
私のこのブログがもし閉鎖されても、私がいなくなっても、カトリック生活の基本はなんら教皇さまの下変わらず、彼らがその習慣を軽んじ、安直にし、労苦を遵守しなかったことも事実です。正平協の諸問題は私も彼らに疑問を持っている立場です。でも、彼らの解決の勧めには同意できません。この勧誘においてバチカンが認められる羊飼いがいません。
Commented by tama at 2009-10-22 17:11 x
今日、やつとPCが普通に動くようになりました。それでチョコに40もコメントつて、いつたい、何よ・・と読んでいく内に、ま・ここつとさんの苦悩がわかつてきました。これからは鍵さんは無視ですね。
これからも攻撃がくるでしょうが、そんなことで、私が楽しみにしているブログが閉鎖される、なんてことになりませんようにと願つております。
いつも入れてくださるフランスのカトリツクの様子、私には貴重です。勇気だして、ブログ続けてくださいますよう、再度お願いいたします。
本当にブロガーつて大変な時間、労力がひつようなんですね。そのおかげで、日本の地方都市に住んでいてもフランスの事情がわかるのです。永久助祭の式なんて、誰もしりませんものね。ありがたいニュースです。感謝の一言もうしあげたくて・・。

Commented by ma_cocotte at 2009-10-22 17:43
+ tama さま、おひさしぶりです。
鍵さんはこのエントリー最初にコメントをくださった f.kousei さんで、ほうぼうで悪口を書かれている私について心配してくださって鍵コメントをくださいました。私もご縁ある修道会に、f.kousei さんもご縁があり、いつかどこかでお目にかかれるかも、という希望や期待も私は持ち始めています。私が現在批判を浴びているとおり、言葉足らずと稚拙な文章ゆえ、tama さんにも誤解を与えてしまいました。どうぞおゆるしください。

私が昨日朝から戸惑っている事は抗議文様の複アカによるコメントです。このひとつ前のエントリーのコメント欄をご覧いただきますとお察しいただけるかと。

さて、永久助祭の叙階式、興味深いものでした。フランス語だと同じOrdination という単語ですが、永久助祭は司教さまの御前で跪くのみで、連願においてもうつ伏せにならないみたいです。日本では永久助祭がまるで司祭と同様の役割を担っていると勘違いされている方もいらっしゃいますが、司祭職とはあまりに違う役割ですね。聖と俗の仲介役ですし、配偶者やご家族の犠牲が伴います。内助の功という言葉がぴったりだと思います。
Commented by まるくす博士 at 2009-10-23 02:25 x
うわあ、大変だけど、がんばってるのが凄い。応援してます(=読んでます=祈ってます)。

出先で友人のコンピュータに勝手に日本語入力仕込んでコメントしましたので、いつものIPと違うけど本人(まるくす)です。MWW
Commented by tama at 2009-10-23 08:57 x
f.kouseiさま
大変失礼いたしました。読み取りがまちがつてました。PCで使うことばがS、一桁代の人間にはややこしすぎて、頭がこんぐらがります。おゆるしください。ま・ここつとさんにも、ゴメンナサイ。
がんばつてくださいね!応援していますよ。


Commented by f.kousei at 2009-10-23 09:51 x
tamaさま。お心遣いに感謝いたします。私のような愚者の行いがこのような事態を招来したのではないかと思い、ma_cocotteさま、tamさま、このブログを愛する皆様に申し訳なく思っております。
 
ただ、この一連の事態でma_cocotteさまとこのブログに対する信頼がますます深まりました。それはこのブログをご覧の皆様も同様と思います。
ma_cocotteさま
私も、ma_cocotteさまにお目にかかれる機会がくることを希望しております。
Commented by きなこもち at 2009-10-23 12:37 x
信者でもなんでもない俗人の私ですが、かつて在籍しておりましたカト校でもma_cocotteさま御指摘のように一連のこういった振る舞いをするような躾けを受けた記憶はありません。
神様は解決できない試練はお与えにならないそうですが・・・今まで御一人で闘っておられたのですね。
私も人の評価に囚われず、神様の審判の前に真っ直ぐであるように常に心掛けたいです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 16:24
+ まるくす先生、ありがとうございます。
まさか先生からこのようなコメントをいただけるとは恐縮です。
こういう時は祈るしかありませんね。私達の祈りが届けば、天主さまが
時満ちたところで、私たちに義を示してくださいます。それは必ずしも
勝利でも栄華でも利益でもないけれど、誰に嘲笑されても神からの
正しい義だから、きっと私のような甘い人間は心身の痛みで泣くけど、
泣くだけ泣いて謙虚に受け止められるよう。

先生のお祈りに感謝です。ありがとうございます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 16:33
+ tama さま、こちらこそ申し訳ありません。
ひさしぶりに(電脳域とは言え)ご足労かけましたのに、このような内容
ばかりで。昨日、エントリーした映画をtamaさんにもご覧いただきたいです。
エキュメニカルの面でも、異文化を知る面でも、共通の神に祈ることの
真意についても、ヒトの死についても、心で何か感じ取ることができました。

今回の騒動は現実においては四谷駅麹町口で先の10月11日午前に
行われたことと、その後、インターネットの領域で私についての批判が
始まったことにあります。すべて私ひとりだと確認せず、「~でしょう」
「~に決まってます」の文末で事実無根を吹聴し、私を叩くことに
同意する人を「教皇に直接忠誠する伝統主義カトリック信者」と名乗る
方々が集めています。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 16:46
+ f.kousei さま、今回のこと、上のエントリーを含めて私の文章の
至らなさを含める私の才や分の至らなさにあり、f.kousei さんのせい
ではありません。チョコレートについてのエントリーに彼らがああいう
コメントを送信したのは、私達個人への嫌がらせだけでなく、あそこに
書かれているカトリック生活一般を無知な羊に知られたくないからですよ。
兎に角、全ての常識意見を嘘つき、多重人格の私のせいにすれば、
いくら私が真実を書いたところで「嘘つきの戯言」扱いにできます。
私が電脳から完全に消えても世界のカトリックの常識が変わらないのに。

彼らの魂胆が幼稚というか。カトリックの名を軽んじて出し、自分の箔に
利用しても、骨に皮膚が貼られただけで、「血と肉」がありません。
そもそも嘘の投稿コメントを持ち出して、「だから、嘘です」と吹聴しても
嘘を信じ、その嘘を頼りにウソを宣伝しているだけですから。
よほど彼女達二者の間に信頼関係があると傍観者に明らかになっただけの
話です。こういう時にドンビキという言葉を使うらしいです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 16:55
+ きなこもちさま、

 >私も人の評価に囚われず、神様の審判の前に真っ直ぐであるように
 >常に心掛けたいです。

きなこもちさんの御母校のシスター方がこの一言を知りましたら、大喜び
されますよ。私の母校のシスターはまちがいなく大喜び、「ああ、私達が
子供達の心に蒔いた種が発芽した」と。

 >神様は解決できない試練はお与えにならないそう

もしかしてドラマ「仁」ですか?私も最近インターネットの恩恵で日本の
ドラマを放映から数日遅れで視聴できるようになりました。「天地人」も、
「仁」も台詞の中に、ピン!と来て、「あれぇ?学校で習ったよね?」なんて
フラッシュバックするエッセンスがたくさんあり、人生の復習に役立っています。
試練らしきものが私にあると、いつも聖歌656番を鼻歌してます。
今月はロザリオ月なので聖歌372番も我が現状の励みになっています。
まっことエエ歌や。
Commented by f.kousei at 2009-10-23 18:44 x
ma_cocotteさま。
今日のごミサの中でma_cocotteさまのためにお祈りしました。ma_cocotteさまが電脳域で消えてはなりません。これほどの内容のブログが他にありましょうか。語られている内容と、写真の素晴らしさはこのブログをご覧になっている皆さんの共通認識と思います。消えることは悪魔を助けることです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 18:58
+ f.kousei さま、
週日のごミサにもいらっしゃってるのですね。ありがとうございます。
もしかしたら「・・・をたすけなる聖マリア、我らのために祈りたまえ」、
「・・・をたすけなる聖マリア、私達のためにお祈り下さい」を添える
お祈りを御存知でしょうか?時空を越えて手を取り合えますね。
幸せなことです。

私個人にいろいろ油泥を塗られ、それについて嘲笑されることは自身の
至らなさ含め一向に構わないことですが、カトリックの中の決まり事や
生活習慣を軽んじることを世間にそそのかすことについては憂慮しています。
いくら国境のない電脳域とは言え、一小教区の分裂を促すような扇動を
カトリックを知る者(洗礼の有無は二の次です)が世間にしてはならないの
ではないでしょうか。
結局、私個人を嘘つき、多重人格とすることで、カトリック一般常識を
否定することに彼らは必死です。なぜそんなことをするのでしょう?
彼らは「平和と一致をお与え下さい」と唱えているのでしょうか?
唱えているのだとしたら、ロジックが放射しており、なんら循環していません。

何をたくらんでいるのでしょう?恐ろしいです。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 21:55
+ みなさまへ。
拙ブログを無断転載しての意見を見つけました。以下の文面にもありますが、消すそうなので、こちらに全文貼ります。
----------8<
あるコメント欄より。ひどい!!!
投稿者:サボテン 投稿日:2009年10月21日(水)16時38分28秒  
★maggieさんへ(場合によっては、そのうち削除します。)

 つい先ほど、このようなコメントを見つけました。
 フランス在住ブログです。何やら「サボテン」の文字が目に飛び込み、ななめ読みすると…。

http://malicieuse.exblog.jp/12139391/

Commented by ma_cocotte at 2009-10-21 15:06
(略)上のサボテンさんが掲載されたエントリーコメント欄をご参照のほど
 
【引用終了】
----------8<


   な な め 読 み だそうで、以下、長々と批判を。

なぜココに書かずにteacupで書くのでしょうねぇ。
teacupで掲載されている「ホスト名」と、
エキサイトブログ社で提示するIPアドレスに検索をかけて表示される「ホスト名」

あらま。さてさて・・・。
以下、サボテンさんの私への悪口が続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:00
+ サボテンさまいわく、

----------8<
>+ 笑止千万さま、管理人はクズさま は同じIPアドレス。
>そして、匿名さんとサボテンさんと同じ
>  ソフトBKから複アカを使っての批判送信

ここまでをさらりと読むと、
HN「笑止千万」さんとHN「管理人はクズ」さんは、同じIPアドレスだそうです。
その下にどうして「サボテン」と「匿名」が出てくるのですか。
普通の人は、HN「笑止千万」さんとHN「管理人はクズ」さんが「サボテン」であると、解釈しませんか?
もちろん、HN「笑止千万」HN「管理人はクズ」など私はそんなHNを使わないし、全く別人なわけです。

----------8<

私がいつ、どこで、このサボテンさんを、どこぞのブログでカトリック求道者をピオ会に勧誘している「サボテン」というHNの方と同一人物だと書いたでしょうか?

「私はそんなHNを使わない」・・・ 私? 

サボテンというHNを使う方は電脳域でたったひとりなんですね。
以下、サボテンさんの私への悪口を続けます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:05
+ サボテンさまいわく、

----------8<
HN「笑止千万」HN「管理人はクズ」さんは2ch的な書き方で、今おつるさんのブログにいる「清少納言」がフランスブログ管理人だと書いたわけです。もう一人HN「クズ管理人の2chへのカキコ 」という人も同じような内容を書いたのです。
よく読めば
>3つも複アカを用いず、ひとつのHNで書かれたらどうでしょう?
と書いてあるから、

3つというのは、
①HN「笑止千万」
②HN「管理人はクズ」
③HN「クズ管理人の2chへのカキコ」
のことで、一応「サボテン」とは別人だとは読めなくはない。
しかし、上の引用のように何故すぐ下に
>+ 笑止千万さま、管理人はクズさま は同じIPアドレス。
>そして、匿名さんとサボテンさんと同じ
>  ソフトBKから複アカを使っての批判送信

こんなことを書くのでしょう!
----------8<

この ↑ サボテンというHNの方はソフトBK使用?あの掲示板でも、拙ブログでも、他のブログでも会社によってホスト名、IPアドレス、その両方、掲示されているのだからご自分で確認すればよろしいのに。
以下、サボテンさんの私への悪口を続けます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:12
+ サボテンさまいわく、

----------8<
maggieさん、この間からの「一イグナチオ所属信者」についてについてもふれてありました。
>「イグナチオの一信者」の意見は本人を消したところで、
>教皇様が改善を命じない限り、
>世々に至るまで受け継がれる生活基本に過ぎません。

まあ、本人であるということを認めたわけですか…。
ところで「サボテン」に関する記述でいわれのない讒言がいくつも…。

maggieさん、この間からの「一イグナチオ所属信者」についてについてもふれてありました。
>「イグナチオの一信者」の意見は本人を消したところで、
>教皇様が改善を命じない限り、
>世々に至るまで受け継がれる生活基本に過ぎません。

まあ、本人であるということを認めたわけですか…。

----------8<

サボテンさん、上手いですねぇ。
自分に甘く、他人に独善妄想して、必ずその妄想に同意を求める。
そして、こう続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:13
+ サボテンさまいわく、
----------8<

ところで「サボテン」に関する記述でいわれのない讒言がいくつも…。

>毎度、お疲れさまです。
上の3つのHNがまるで「サボテン」であるかのような書き方。
>同じサボテンでもさいたま教区に苦しめられるカトリックのクリスチャンをある掲示板では演じ、
>他の求道者ブログでは次々とピオ関連URLを貼りながらのピオ賛美。


「ある掲示板」?イエスの惑星BBSと聖母の花園BBSのこと?
その下、「他の求道者ブログ」とは、Rickさんのブログのこと?
そこに、ピオ関連URLを貼り付ける?
何か勘違いしておられる。

----------8<

拙ブログで別HNを使用してコメント送信した翌日には、上に登場の推測された掲示板で必ずKTOのURLを教えてくれ、知りません。を繰り返す方がいます。
以下、サボテンさんの私への悪口を続けます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:16
+ サボテンさまいわく、
----------8<
ローマ教皇庁エクレジアデイ委員会の出すトリエント典礼暦とトリエント典礼のミサ手引書(ラテン語版)は手元にあり、昔の典礼暦や昔の洗礼式の式文を長々と書いた記憶はありますが、これはすべて教皇庁エクレジア委員会が認可したものであり、洗礼式の式文はドン・ボスコが1959年に羅和対訳で司教認可のもとに発行され、自発教令に基づいて、現在でも使用は可能なわけです。▼現に聖ペトロ会や世界でトリエント典礼を行う修道会ではその手引書を使用しているわけです。この間の10月18日にはついに、バチカンでトリエント典礼で主日のミサが祝われたとの報道は読みました。トリエント典礼のすばらしさは私だけではなく、教皇様が認められているわけです。日本で復活することを願う人は「サボテン」だけなのでしょうか?▼そして「ピオ讃美」とはRickさんの霊名の聖人「聖ピオ十世教皇様」のことを指しているのか、「聖ピオ十世会FSSPX」の事を指しておられるのか知りませんが、恐らく後者でしょう
----------8<
以下、続きます。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:23
+ サボテンさまいわく、
----------8<
「聖ピオ十世会FSSPX」の讃美をしたことはありません。教皇様が、現在彼らと教義的話し合いをしようと心を砕かれているのだから、その意向のためには祈っています。ただし、こんなことまで、Rickさんのブログには書いていないです。
----------8<

私が知っているだけで、サボテンというHNの方が以下のことを書いています。これでも極々一部です。そのブログでは上の掲示板の管理人氏、他のブログ主も旧知の仲とわかる雑談が満載でした。

----------8<
2009/4/28(火) 午後 6:27 [ サボテン ] 某所はずっと文語です。
2009/4/30(木) 午前 9:19 [ サボテン ] 子どもの大侍者団のミサ(パリ、シャルドネ)では見えない祭壇上の細かい所作が美しく感動です。
2009/4/30(木) 午後 5:19 [ サボテン ] 私も教会では「ト」の字も出さないのですが、某所では、今年になって、神父様とオープンに話せる雰囲気が出てきました。
----------8<

けど、誰か同じ「サボテン」と書いた?へ?
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:28
+ サボテンさまの意見はまだ続きます。六行で収まらないらしい。

----------8<
>バレそうな電脳スペースでは別のHNを使用される。

私は「ま・ここっと」さんとは違います。人格を変えることはできません。バレるも何も、バレて困ることはありません。

>【修道者まで装って】「匿名」というHNで1545年以前のキリスト教世界を
>否定する書き込みを延々となさっていましたが、
>あの送信の際の番号は何でしょう?

私「サボテン」が修道者を装った???
いつ、どこで、あげてほしいです。
Rickさんブログでいくつかつながりのある修道院ミサのことは書きましたが、自分が修道者だなんてそんな器ではありませんから、修道者とはいつも一線引いているつもりです。

こういうのをいわれのない非難というのでしょうね。
----------8<

根本、抜本的に、なぜ

   私「サボテン」が修道者を装った???

と書けます?サボテンさんが自ら「maggieさんと意見したのに理解できないま・ここっと」と書かれたけれど、私が調べた限り、拙ブログにお二人のHNはひとつもありませんし、他の電脳域での交流は一切ありません。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:34
+ サボテンさまの意見はまだ続く。
----------8<
①HN「笑止千万」
②HN「管理人はクズ」
③HN「クズ管理人の2chへのカキコ」
3つのHNの書き込みのコメントに、何故「サボテン」が、長々と出てくるのでしょう。
いつだったか、おつるさんが嘆いておられた気持ちがよくわかりました。「寒いときには着物がない」の時でした。
それから、黄色いイエスの惑星の時、セルフ・インティンクションについて書いたら、おつるさんが、あまりかかわらないほうがいいですよ、とアドバイスして下さったことも思い出しました。
「純潔」の時にも、しつこかったですね。色々思い出しました。
しかし、今回客観的に彼女の記述を見て、
私は事実でないことを書かれた者として、彼女の認識能力はどうなっているのかなと思いました。まともな方の対応ではないです。

>【修道者まで装って】  
この言葉に一番傷つきました。「ま・ここっと」さんが、早とちりしたか、あるいはまったくの虚言かどちらかです。
----------8<

で、サボテンさん。
いつ拙ブログで私に意見したのですか?
「私ではない」とこれほど書いているなら、同HNの他人事に過ぎません。
Commented by ma_cocotte at 2009-10-23 22:47
+ サボテンさまの意見はまだ続きます。

----------8<
こんなことで「サボテン」はめげません。
彼女はmaggieさんやおつるさんやサボテンが、イエスの惑星や聖母マリアの花園で教会のことを色々書くのが許せないのです。
----------8<

まだ、サボテンさんから確認もいただいていないのに、「許せない」
そもそも、サボテンというHNの方から拙ブログに一度もコメントをいただいていません。
この自我意識は何かこれまでの私のコメントに、ご自分と関わる何かを見つけられてのことでしょうか?しかも、拙ブログに意見せず、Maggieさん宛に書かれる。

全文はいつ消されるか存じませんが、以下のURLです。
http://9222.teacup.com/immacolata/bbs/398

私が書いたサボテンというHNの方について、「私」「他人」のどちら??

----------8<
でも、虚言はいけません。讒言もいけません。だれからも信用されなります。
★maggieさん、ごめんね。さらりと読み流してください。
----------8<

そうですね。つっぱねるのではなく、私は同意。
HNサボテンに登録商標を取るのが先ですね。大変ですよ、特許庁。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Остров は Ostrov 角を曲がれば~♪  >>