<< ひとめぼれ して しまった、けれど、 案の定、糸が引いて切れません。 >>
Je ne crois pas, parce-que c'est la vérité.
きょうから15日ほど前、2009年12月8日、無原罪の聖母のお祝い日。
花の都はお巴里にて。





ついうっかり....いえ、素直に、うっとり。





画面に映る聖堂はパリ9区のサントゥヂェヌ教会 L'Eglise Saint-Eugène です。ごミサはヨハネ23世ミサ La messe Jean XXIII 典礼。この典礼、以前は仏蘭西語ではピ・サンク La messe Pie V (ピオ五世ミサ)または ミルヌフソンソワサントドゥ 1962 の愛称で親しまれていましたが、現教皇ベネディクト十六世が「ヨハネ23世ミサ」とこのミサの形を呼ばれるようになってから、仏蘭西も教皇さまに倣え!のようで、現在、名称移行期の中にあります。

1852年に建立されたこの教会は16世紀に行われたトリエント公会議 Concilium Tridentinum (1545~1563年)を境に封印された状態であったローマ典礼が第二ヴァチカン公会議 Concilium Vaticanum Secundum (1962~1965年)によって再び陽の目を見ることになって以降も1962ミサを守り、1988年のエクレジア・デイ発布後、すぐに司式認可を教区長に求め、教区長の認可後、今日に至るまで1962ミサをささげています。
1852 : Monseigneur Sibour, cardinal archevêque de Paris, demande la concession du terrain situé à l'emplacement de l'hôtel des menues plaisirs du roi, disparu en 1830.
6 mars 1854 : décret de création et de délimitation de la paroisse.
Juin 1854 : pose et bénédiction de la première pierre.
27 décembre 1855 : inauguration de la nouvelle église (l'impératrice Eugénie est la marraine) et installation de l'abbé Coquand par Monseigneur Sibour.
14 janvier 1856 : installation du premier conseil de fabrique, interlocuteur de l'administration pur les biens affectés au culte.
10 janvier 1857 : mariage de Jules Verne avec Honorine de Viane à l'âge de 29 ans.
28 avril 1859 : achat de l'église Saint-Eugène par la ville de Paris, en raison de problèmes financiers.
1952 : le chanoine Bony, curé de la paroisse, demande à Rome l'autorisation de donner à l'église un second vocable, celui de Sainte Cécile patronne des musiciens, en raison de la proximité du conservatoire de musique et de déclamation.
1980 : institution d'une grand-messe en latin par l'abbé Maréchal, avec l'approbation de S.E. le cardinal Marty.
1987 : restauration de l'église.

1989 : En application du motu proprio Ecclesia Dei, S.E. le cardinal Lustiger autorise la liturgie selon le missel de 1962.

1er octobre 2000 : S.E. le cardinal Jean-Marie Lustiger, archevêque de Paris, célèbre la dédicace de l'église et la bénédiction du carillon.
10 décembre 2005 : Messe du Cent Cinquantenaire célébrée par Monseigneur André Vingt-Trois, Archévêque de Paris. Bénédiction de l'orgue.

以上、注目すべきは、1989年
S.E. le cardinal Lustiger autorise la liturgie selon le missel de 1962.
当時のパリ大司教リュスティヂェ枢機卿が1962典礼の認可をこの教会に出しています。ですから、2007年7月7日の教皇ベネディクト十六世による自発教令発表以前においても、この聖堂であげられていた1962ミサは違法にはなりません。この典礼でミサをささげた司祭も、あずかっていた信者方にもカトリック教会は何の罪も問いません。



↑ 1995年当時のサントゥヂェヌ教会 ↑


ちなみに花の都おパリでは1988年以降、サントゥヂェヌ教会の他2聖堂に1962典礼によるミサをささげる認可がパリ大司教の命によりおりており、昨年9月のベネディクト十六世来仏後には更に2聖堂に追認、現時点で パリ旧市街の5聖堂 で1962ミサがささげられています。
*パリ左岸5区のサン・ニコラ・デュ・シャルドネ教会 L'église Saint-Nicolas-du-Chardonnay でのミサは現時点ではまだ 教区長無認可の違法ミサ になります。*

典礼所作の真贋を語る日本人もネット上には多々おりますが、個人による真贋判断や信仰宣言がどのようなものであろうと、遍く世界においては真実は真実なのです。きょうのタイトル Je ne crois pas, parce-que c'est la vérité. は仏蘭西びとがしばしば使うフレーズで「私は信じない。なぜなら、それは真実だから。」です。真意は「私個人が信じる必要はない、なぜならそれはこの世の真実だから」という深い意味が込められています。いくら「私は信じない。それは嘘」と真実に対して個人が主張したところで、真実は変わりません。
天地天命、この世の真実は個人の思惑で変わるものではありません。

le 23 décembre 2009, Armand

それにしても、美しい。がーぶちょん。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-12-23 19:20 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ひとめぼれ して しまった、けれど、 案の定、糸が引いて切れません。 >>