<< 東京の中の、小さな仏蘭西 きょうはどこもかしこも ○ ○... >>
ヂャウ・ハランバン夫人、もうだーみだ、こりゃ _| ̄|○ の巻
行って参りました、国鉄駅。
往路の乗車券を携えて、スト当日の運行状況を確認するために。

現在、ヂャウ・ハランバン夫人の手元にある乗車券は午前8時32分にココんち地元の駅を出、9時15分に乗換駅に到着、その後、9時36分に同駅を出、12時09分に巴里空港駅到着というものです。

で、結果。
午前8時32分発の列車がストのため運行休止となりました、まる

国鉄駅のカウンター向こうに座る国鉄職員♀がおっしゃるには、午前7時38分にココんち地元駅を出る列車に乗り、乗り換え駅で9時36分発の新幹線を待つが良いなんですと。元々は午前11時半頃にココんち地元駅を出る列車に乗るつもりだったのに工事のため運休ということで午前8時32分の切符に変更したのに、ストのせいだかおかげで更に一時間早い列車に乗れと?もし午前8時半の列車に乗るとするのならば、ココんちそばのバス停を午前7時45分頃に停まるバスに乗れば間に合います。ところが、午前7時半の列車に乗るためにはバスが一本もないのでタクシーをお願いするのが賢明です。と、言いたいところですが、ココんちにおいてはかつて南仏時代に目の前に見えるマルセイユ空港に向かうためタクシーを頼んだところ、当日にそのタクシーがばっくれやがりまして予定の飛行機(マルセイユ-ガトウヰック)に乗り遅れ、目が回るような金額をAFにお捧げして、マルセイユ→パリ・ロワシ→ヒーθロという道程でなんとかヒーθロで成田行きの飛行機に乗ることができたという苦い経験があり、タクシーを信頼するのが難しい心理なのであります。今回のようにストのせいだかおかげでこうも切符を何度も買い替えなんてことが既にあったのだから尚更です。

よくよく考えた末、ココんちを午前6時半に出、駅まで歩く。これが最も確実安全であるという結論に達しました。この季節、夜明けは午前八時半頃なので夜道を旅行鞄を押したり引き摺りながらトボトボと国鉄駅まで歩く。・・・八甲田山を思い出してしまいました。
天は我々を見放したのか。 _| ̄|○
見積もりでは重い荷物を携えたところで約30分ちょで駅まで辿り着けそうです。

国鉄駅のカウンターで、カウンターの向こうの国鉄職員♀から「午前7時38分の列車に乗るように」と言われてすぐ「それではバスがありません。」とつぶやいてみたところ、即座に彼女から、「乗換駅から空港駅までの新幹線が運休にならなくて良かったぢゃない?」と言われ、更に
疲れた方が空港駅に向かうまでの新幹線の中でよく眠れるわよ。
と言う言の葉が続きました。うへー、勝負あったかも。彼女は定年まで国鉄をクビになるなんてことはないに違いないと思ったのでした。

le 3 février 2010, Blaise


【追 記】この文 ↑ を書くため乗車券を手に取り、仏蘭西国有鉄道(SNCF)のホームページでスト当日の運休確認をしてみたところ、なんと午前8時32分発の列車の切符が購入可能なのです!ヴぃっくりして午後6時過ぎに国鉄駅に行き、まず自動券売機で確認したら、やはりインターネット同様、8時32分発の切符が予約販売されています。こうしてしっかり自宅、駅構内の自動券売機で確認し、国鉄駅のカウンターに行ったところ、カウンター向こうの、11月の早割購入でお世話になった美しいアレクサンドラおねいさんが「8時32分の列車は運休ですよ」とおっしゃる。「だけんども、オラ、自宅のアンテルネットでも今ココで(と券売機を指しつつ)確認しても午前8時32分の切符が買えるっぺ!」と言い返すと、美しいアレクサンドラおねいさんが涼やかに「ああ、インターネットも自動券売機も二次情報で、このカウンターのシステムが一次情報なのよ」と。
なんだ、そりゃ?
ただでさえ蛍光灯の脳味噌なのに美しいアレクサンドラおねいさんのお言葉には理科の実験の豆電球状態と化してしまいますた。前売り購入に一次情報も二次情報もないっぺよ?ヂャウ・ハランバン夫人はたまたま国鉄駅カウンターに重い練馬大根足を運んで確認できたけれども、インターネットでのみ確認したヒトは8時32分の列車があると信じて国鉄駅に行ったところで現場で運休を知り、なんと12時すぎまで駅で待ちぼうけを喰らうことになります。

この現状、どこに良心があるのでしょう?

仏蘭西国有鉄道(SNCF)がストライキ決行を一方的に発表したところで、客である立場の者が時間と労力を惜しまずに動かない限り、真実がわからないシステムになっていると言えそうです。いくら自動券売機増設反対もストライキ決行理由のひとつに入っているとは言え、駅構内の自動券売機さえ真実を伝えず平気で運行しない切符を買えるように放置しているなんて!仏蘭西共和国はこうゆう国なんですよ、呆れた。
[PR]
by ma_cocotte | 2010-02-02 23:23 | 『旅』 Rien de special | Comments(10)
Commented by まるくす at 2010-02-03 03:05 x
まずは何とかCDGに辿り着けそうで一安心として、誰か車で連れて行ってくれる人はいないのでしょうか。がらがらと30分はつらそう。
しかし、これでNRTから都心は遠いとぼやけなくなった。なにしろLAXが近いので贅沢な不満を言い過ぎた。
お気を付けて良い旅を!
(あれっ、TwitterのURLを入れたら正しくないって言われた。そういえば"https:"って変だな。)
Commented by ma_cocotte at 2010-02-03 05:20
+ まるくす先生、
今さっき旅支度を整え、冷蔵庫を空にしました。
もしCDGに無事着けたら、そこで半日待機だろうが幸運を
感謝します。既にストが午後八時から始まっており、夜のニュウス
でも駅構内の様子が紹介されていました。電車の運休率も約50%
出るはため息ばかりです。
先生も2月中にご帰国なさいませんか?うふ。
Commented by annie at 2010-02-03 18:08 x
うんざりざんす、SNCF。
日本では有り得ない対応ですね。
大変な道中になりそうですが、お気をつけて!ご無事の到着を祈っております。東京は一昨日の晩、雪が降りました。
しばらくは寒さが続くようですよ。
Commented by らぴ at 2010-02-03 23:24 x
今頃はきっとCDGですね(多分)。
無事に日本に到着されることを祈ってます。
(国)鉄なんだからほんとストは勘弁してくれ!ですよね。
帰国されたら当たり前の定時運行を満喫してきてください…
Commented by siojake at 2010-02-04 00:20 x
ご無事にロワシーへたどり着けたでしょうか。

一般人が目にできるオンライン上の成り行きと、中の人のそれとのお見事な
違いって所謂「フランス標準」なのでしょうかねえ。
郵便局・セキュ・レンタカー屋などなど、その手の状況に出くわしすぎ!
まあでも。
そのアバウトさに救われることもあったりするので、しゃあないか~と
思うようにしています。はい。

日本でごゆるりとお過ごしくださりませ~。
Commented by まるくす at 2010-02-08 13:19 x
食べてばかりでどうして更新しないんだろう。あれっ、ひょっとしたらパスワード忘れて自宅のコンピュータでしかアクセスできないとか。
Commented by ma_cocotte at 2010-02-08 15:20
+ annie さま、
パリの空港に辿りつくまでに気力尽き果てたようで、機内でこれほど
眠れたことはありませんでした。
SNCFというかフランスのスト(権利)については本当に悩まされますね。
なんとか実家に戻れたものの、久しぶりの寒さに参っています。
Commented by ma_cocotte at 2010-02-08 15:25
+ らぴさま、
空港へは予定の12時9分着に約30分足した時間に到着しました。
予想通り、空港内のコインロッカーも手荷物預かり所もテロ防止のために
存在しておらず、ずーーーーっと空港内に滞在でした。
座席がワンランクアップグレエドされたことが唯一小さな幸せだったかも。
こちらではパスモ一枚で地下鉄、JR、バスを簡単に乗れて本当に便利。
感涙です。
Commented by ma_cocotte at 2010-02-08 15:31
+ siojake さま、
SNCFのインターネット予約販売は要注意かもしれません。
というか、駅構内の自動券売機の情報と券売カウンターのPC情報が
違うことも今回の件ではっきりわかりました。目鼻の距離でまったく
違う情報ってどーゆーことよ?恐ろしいですね、フランス。

今回は経由駅から空港駅までの間、乗客との揉め事も勉強になりました。
私の席に既に中学生が座っていたけれど、責任者である教員はご自分も
ストの犠牲者だと主張するけれど、最後まで座席券を見せませんでした。
で、しばらく後に(団体ということを利用しての)水増し乗降とわかりました。
私にはできないですね、こういう悪事は。
降りる際になって猫なで声で私に雑談してきたけれど、こういう方が
「やり手」なのかもしれません。
Commented by ma_cocotte at 2010-02-08 15:34
+ まるくす先生、
今朝、庵主さまからも到達&生存確認メールをいただきますた。
牡蠣フライが完売だったのが一晩経っても未練です@やば豚
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京の中の、小さな仏蘭西 きょうはどこもかしこも ○ ○... >>