<< シモーヌ・ヴェイユ女史、「不朽... ヂャウ・ハランバン夫人、仏蘭西... >>
ま・ここっとのここっとのなかににここっと。
久しぶりに二月のほとんどを日本で過ごしたことで、久しぶりにおでんや鍋料理を美味しくいただくことができました。前々から日本の土鍋をココんちでも使いたいと考えてはいるものの、土鍋の重さやデリケエトな造りを考えるとなかなか仏蘭西に持ち込むのは難しく、土鍋の代わりになる鍋はないかとしばし考え、代替の鍋として仏蘭西伝統の重たいお鍋を買ってみました。
b0070127_113028.jpg
お鍋本体だけでなく取っ手のついた蓋ごとオーヴンに入れても大丈夫なのだそうです。
蓋を開けたところ、
b0070127_141181.jpg
あらま、親鍋の中に子鍋が二つ。

二つのチビ鍋にも蓋がついており、親釜さんと同じくオーヴンに入れても大丈夫だそうです。
うれしいおまけではありませんか。この子鍋がおまけのお鍋はココんち近所のスーパーマルシェで39.99ユーロで売られていました。これが安いのか、高いのか私にはよくわかりませんが、ココんち周辺のスーパーマルシェ数軒の比較では最安値でおまけつきというお徳品でした。これでようやくココんちでも土鍋っぽい良さを食卓で味わえそうです。

このお鍋。お料理好きの方がご覧になると、蓋に会社名が浮き彫りされている某ブランドのお鍋を連想されるようです。仏蘭西語で鍋を表わす単語が思い出せなくても、その蓋に浮き彫りにされている名前はすぐにお口から出るくらい世界的に知られている製品だそうです。
さて、ココんちの郵便受けに入っていた広告をご覧いただきましょう。
b0070127_193484.jpg
右がそのブランド、左がココんちあたりのスーパーマルシェの広告に掲載された無印のお鍋です。どちらも黒の外見ですが、ブランドものが149ユーロ、無印が23.90ユーロです。このお値段の違い、お料理にどれだけの違いが表現されるのでしょうか。

どちらのお鍋を用いて鶏の丸焼きを作っても、どちらも美味しいのは間違いないと想像するのですが。決定的な違いを知りたいところですが、作り手の愛情一番と信じたいところです。

le 18 mars 2010, Cyrille
[PR]
by ma_cocotte | 2010-03-18 01:01 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(6)
Commented by ぴよよん at 2010-03-18 13:15 x
「おまけ付きで39.99ユーロ???さすが本場はやっすーい!!」と思ったら、無印だったんですね…。
日本では大人気ですよ、ル・◯ルーゼ(全然伏せ字になってないですね)。
我が家にはありませんが。
ところでこのお鍋で鳥の丸焼きが作れるんですか?煮るのではなく?
Commented by ma_cocotte at 2010-03-18 15:24
+ ぴよよんさま

ひぇえええ、もしかしてこのお鍋は煮込み専用でしょうか?
いちおう表示には180度のオーヴンに入れられるとありました。
ところで、Cocotte Saveurs をご存知ですか?
同じ形状ですが、軽い素材でできたお鍋です。
http://www.amazon.fr/Cocotte-Saveurs-CUISSON01/dp/B000XD3CYU
私もひとつ持っていますが、お魚もお肉も蓋を乗せてオーブンに
入れて焼きます。蒸し焼きになるので本当に美味しいですよ。
Commented by siojake at 2010-03-18 22:29 x
オーブン可の重たいお鍋なら、ブランド品と同じように使えるはずよん。

でも自分はそのブランド品を大小計5つ、10年越えで使っております。
パエリア鍋ってなってた薄型のが我が家の鍋物用で、手に入れてから
本来のお役目につかったのは…3回くらいしかない(笑)

小さめのココットならご飯も炊けて何かと便利。
ただ、ホーローなので泡立て器をガシャガシャ使えないのがちょっと
不自由に感じたりするんですよね。

オマケのちび鍋s、いいなぁ。
Commented by ma_cocotte at 2010-03-18 23:21
+ siojake さま、

私は既に一年以上、軽い素材のCocotte Saveursを使っていますが、
この鍋を使った鳥の丸焼きは本当に美味です。お肉がしっとり
ジュウシィ。決してパサパサになりません。
新しいこのお鍋でもお肉やお魚で蒸し焼き料理を楽しんでみたいです。
蓋を乗せてのオーヴン料理は究極の手抜き料理ですよね。失敗するのが
難しいし、保温が持続するのもうれしいです。

ただこの重たい鍋だとタイル床の家だと決して落せないので、
かなり緊張します。

ちび鍋は近年流行だから、ハート型やら色もシックなものを
探せるようになりましたね。この時期、復活祭直前なので品数
豊富かもです。

そうそう、このお鍋で炊くごはんが美味しいと聞いたのが、
買ってみたくなったきっかけです。(でも、炊飯器を買ってしまったぐゎ
Commented by ぴよよん at 2010-03-19 20:44 x
お鍋で鳥の丸焼き、読めば読むほどおいしそうですねえ。
私も作ってみたい!
でもその前にオーブンに入れられる鍋をゲットする必要がありますが…。
お鍋でご飯、おいしいですよー!
うちではフィスラーのお鍋で炊いていました。
フランスにいた頃は変圧器で炊飯器を使っていたのですが、今度もしフランスで暮らすことがあったら、絶対鍋でご飯を炊こう!と思っています。
Commented by ma_cocotte at 2010-03-19 21:22
+ ぴよよんさま、

私は今回の里帰りで炊飯器を買いました。変圧器なしで大丈夫!ですし、
空港免税店の電化製品コーナーの炊飯器もどんどん品数が増えて
います。ただ、炊飯器で炊くと「優等生のごはん」ですね。
お鍋で炊いた時の良い加減のおこげなど望めません。
私はRiz Compet を炊いたけど、ふっくら美味しく炊け、美味しかった!

鶏の丸焼きは180度で2時間くらいかけてぢっくり焼くと美味しいです。
だから、上のお鍋で焼けます。底にいろいろなお野菜を敷いて、
塩コショウした鶏丸を置いて蓋を置いてオーヴンに入れる。
これだけで蒸し焼き鶏になり、お肉もお野菜も互いに良い味を
引き出します。ぴよよんさんも、ぜひ!
(先のコメントに書いたCocotte Saveurs、便利ですよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< シモーヌ・ヴェイユ女史、「不朽... ヂャウ・ハランバン夫人、仏蘭西... >>