<< ナルドの壷はマダガスカルに。 そちらは台風襲来、こちらは春雷襲来 >>
一年前の3月25日の夕方は、
永遠の都ローマ旧市街の、教皇庁立仏蘭西神学校 聖堂のこの天井画の下で、
b0070127_20245335.jpg


傍らの聖母子に見守られつつ、
b0070127_20285250.jpg


枢機卿さまと司教さまの司式によるAnnonciation 神のお告げをお祝いするミサに神学生方と一緒にあずかりました。その日の典礼は仏蘭西語でありましたが、キリエ、グロリア、クレド、サンクトゥス、アニュス・デイなどはラテン語で、時には複数の神学生がベネディクト会士のように世俗席から動き、祭壇の手前で円陣を組んで上半身を伸ばしたり屈めたりを繰り返しながらの先唱で行われました。美しかったのぉ。

le 25 mars 2010, Annonciation
[PR]
by ma_cocotte | 2010-03-25 20:25 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(2)
Commented by ブル at 2010-03-28 22:44 x
こちらひょっとすると、というか、ひょっとしなくても、今や吾輩のメル友となったセバさんのいるところですよね。昔のクラリッスだった?と聞いたらそうだということでした。ローマで聖週間っていうの一度やってみたいですね。

Commented by ma_cocotte at 2010-03-29 02:53
+ ブルさま、

そうです。
セバスチアン神父さまがお住まいの神学校の聖堂です。
以前はクララ会の修道院で、私は二階の優美な講義室まで
伺うことができました。
ブルさんもぜひローマにいらした際はおみ足お運びくださいませ。
教会用具のお店が連なる通りのすぐそばです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ナルドの壷はマダガスカルに。 そちらは台風襲来、こちらは春雷襲来 >>