<< 母の月から心の月へ。 既に+コチラ+は準備万端。щ(... >>
雨戸を持ち開けて驚いた。
昨晩なかった物体が目の前に、ドドンっ!
b0070127_1174425.jpg

あまりに大きく派手な色なので UFO かと瞬時妄想したほどです。
この物体が近年、仏蘭西の田舎で流行の家庭用簡易プールです。簡易とは言え、水を清浄する装置もついており、プールまわりや水に使う諸々もこの頃は外環道に点在するスゥパァマルシェや日曜大工チェーン店で買えるようになりました。

今朝のココんちあたりは昨日に比べるとぐっと気温が下がりましたが、どうも仏蘭西びとはじめ欧州のひとびとは復活祭も過ぎて気温がカっと上がると、キャベツのように身につけた洋服をどんどん脱いで、そこらへんの横になれるところでコロっと横になるようです。日本びとは畳で生活するのに地べたに直に座ることに躊躇いますが、欧州びとは床に座ることは学生時代に決別しても大地にべっとり座ることは死ぬまで止めません。

やっぱご先祖さまが狩猟農耕民族だからでしょうかねぇ。

あの公園で寝そべっている全身毛むくじゃら男子や顔が金産毛の腋毛ボーボーのおねぃさんたちを見てしまうと、同じ人間であることに間違いなくても明らかに極東生まれ育ちの私とは違います。それは町ですれ違うメロン胸にスイカ腹の桃尻を持つアフリカ女性や地中海人を見ても実感することではありますが。でも、みんな、心はひとつよ。

今週末、天気次第でココんちにもプールの水の臭いと日焼けローションの香りに合わせてバーベQの炭焼きの臭いが風に乗って届きそうです。

le 29 mai 2010, Aymard
[PR]
by ma_cocotte | 2010-05-29 01:32 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 母の月から心の月へ。 既に+コチラ+は準備万端。щ(... >>