<< たかが珈琲搾取機の宣伝なれど、 雨戸を持ち開けて驚いた。 >>
母の月から心の月へ。
五月最後の日曜日、仏蘭西の暦では母の日 Fête des Mères でした。
b0070127_22431215.jpg
三年ほど前にココんちの庭に植えた薔薇の苗も三年目にしてようやく花らしい花をいくつも咲かすようになり、今年はこうして切り花にして部屋に飾ることもできました。

五月の最終週ともなると例年ならば共和国内は初夏の陽気ですのに、残念ながら今年の五月最後の日曜は雨模様で気温も20度に届かないまま夕方を迎えることになりました。おそらくココんちの近所で先週、庭を整え、プールを出し、バーベQ台の準備をしたご家庭は昨日、今日で楽しむつもりだったでしょうに一週間先延ばしになりました。

仏蘭西共和国の暦は深読みすると農事暦とカトリック典礼暦が絡んでいます。農事暦においては「五月の温かさがその年を価値あるものにする」「寒い五月は誰も豊かにしないが、落雷があれば大豊作になる」など秋の実りの予言に絡む言葉が多いらしいです。この農事暦に更にカトリック典礼暦を絡めると、明日5月31日は聖女ペトロニル Pétronille という聖ペトロの家で召使をしていたおねぃさんの祝日であり、「ローマ教会の長女 la fille aînée de l'Église 」と自称していた仏蘭西では17世紀まで彼女が国の守護聖人だったそうです。んなこともあり、農事暦では「聖ペトロニルの日に雨が降ると、彼女のみすぼらしい着物を乾かすのに40日かかる」と長雨を予言されているとか。今のところ、明日の天気は雨ですがな。

毎年五月は聖母月、六月は聖心月と呼ばれていますが、六月は日本國では梅雨の時季であっても仏蘭西は陽も長く、花咲き乱れ鳥唄いと一年で最も美しい季節のはずなんですが、この寒さ、なに?五月の終わりと言うのに
暖房に火ぃ入れて、猫は丸くなってるよ
なんであります。

le 30 mai 2010, Jeanne d'Arc
[PR]
by ma_cocotte | 2010-05-30 23:02 | 『春』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< たかが珈琲搾取機の宣伝なれど、 雨戸を持ち開けて驚いた。 >>