<< 二十四時間を切りましたので、 午後はギンギン >>
日本人の思い通りにはならない仏蘭西
きょうの朝一番の電脳郵便箱に届いていた『在仏日本国大使館メールマガジン』から以下、あまりに興味深いので、線を引き引き備忘することにする。

○ フランスと日本の親権制度の相違点について

近年の人的・物的国際交流の進展に伴い、外国に移住しそこで外国人と国際結婚して家庭を築かれる方々が増加しています。▼日本とフランスの間も同様の状況で、当館領事部窓口にはフランス人との結婚の届出や出生届出のため来館される方がたくさんいらっしゃいます。▼しかしながら、その一方で、これら国際結婚された方々の一部について、不幸にして結婚生活が破綻してしまい、一方の親が他方の親に無断で子供を国外に連れ出す「国際的な親による子の奪取」等の親権行使に関する問題が報告されています。
フランス政府はこのような問題の発生について、東アジア諸国の中で、日本人が関わる事例が最も多くなっていることを指摘し、また「日本の親による子の奪取」の事例では、具体的な解決策を見出せないものが多く発生していることを憂慮し、政府として真剣に取り組む意向を示しています。
フランスでは一方の親の同意を得ることなく、他方の親が国外に子供を連れ去ることは刑罰の対象となり、連れ去り行為は連れ去った親のみならず子供にも大きな影響を与えることとなります。 ついては、フランスに居住される皆様に、親権についてのフランスと日本の制度の相違点について取りまとめましたので、参考としていただければ幸いです。
フランス人を配偶者又は同居者としてフランス国内で生活され、その間に子供をもうけられている方が注意されるべき、親権についてのフランスと日本の制度の相違点は以下のとおりです。


1.離婚・離別後の親権
フランスにおいては、両親が結婚していても、民事連帯契約(P.A.C.S.)の関係にあっても、また、事実婚の関係にあっても(子供に対する認知があれば)、親権は両親が行使するのであり、離婚や離別があっても、原則として共同親権のままであり(民法典第373-2条)、両親と子供との関係は維持され、両親は互いに他方の親と子供との関係を尊重しなければなりません。
この点、日本では、両親が結婚関係を継続している間は、親権は共同で行使されますが、離婚後は、共同親権が認められておらず、一方の親が親権者となるのであり(単独親権、民法第819条第1項)、フランスの制度と大きく異なっています。


2.離婚・離別後の親権の行使

このように、フランスでは、共同親権が維持されますから、離婚・離別後に、子供と生活を共にしない方の親と子供との関係は、「親権の行使」という観点から重視されます。
例えば、子供と同居しない親は、当然相手(子供と同居する親)の居住地を知る必要があります。従って、子供と同居する親が住居を変更する場合は、変更後の居住地を、他方の親に告知することが義務付けられています。住居変更について折り合いがつかない場合は、裁判所が調整を行うことになります。変更の通知は民事上の義務にとどまらず、離婚・離別後、未成年の子供と同居する親が住居変更を他の親に伝えない場合は親権行使を侵害したとして、刑事罰(6ヵ月以下の拘禁刑又は7500ユーロ以下の罰金)を科される可能性があります(刑法典第227-6条)ので、注意が必要です。


3.いわゆる子供の連去りの問題
フランスでは結婚中又は同居中、一方の親が他方の親に無断で子供を連れ去る行為は、やはり親権行使の侵害に当たるとして犯罪とされており、1年以下の拘禁刑又は15000ユーロ以下の罰金に処せられる可能性があります(刑法典第227-7条)。夫婦間の折り合いが悪くなった場合に、父又は母が、他の親の承諾を得ることなく子供を連れ去って、別のところで子供と生活を始めた場合、子供の連れ去りが暴力等を伴うことなく平穏に行われたとしても、他の親の親権行使を侵害する犯罪であるとみなされます。





広げられた上述の文章をさっと読むことはできてもあまりに深い問題が底で蠢いているように思います。上の文章は日本人に対して語られてはいますが、ここで述べられている仏蘭西共和国における親権の在り方は少なくとも共和国民と仏蘭西共和国国籍を持つ世界の万未成年に等しくあり、守られていることになります。
今は6月の第二週目ですが、例えば例年今頃になると成田のエールフランス搭乗口で、エールフランスのおねぃさんに連れられた子供だけの集団を見かけるようになります。成田から巴里の空港に到着すると、また別のエールフランスのおねぃさんが首にIDカードを下げて、機内でいただいたおもちゃを抱えた子供達を引率しどこかに連れて行く様子にも出くわします。この子供達、子供だけの国境を越えた長旅ですが、それは親の離婚により長期ヴァカンス休暇を利用して、別居している一方の親を訪問するためです。
今から十年ほど前、私は8月はじめに巴里から成田に向かう機内で前の座席の母息子と話すチャンスがありました。彼らは成田経由でニューカレドニアに戻るそうで、7歳くらいの坊やはヴァカンス前半の7月を巴里在住のパパと過ごしたので、離婚後ニューカレドニアに住むママンが坊やを迎えに行っての帰りとのことでした。
ココんちの仏蘭西びと♂も7歳の時に両親が離婚。姉と共に母親と南仏に住むことになった彼は長期休暇のたびにパリに住む父親のところに「行かねばなりません」でした。なぜ「行かねばならない」かと言うと年間に離婚した両親の下で子供がどう過ごすかは裁判所が管理している事項でもあるからです。親の立場から言えば、いくら新しい恋人ができても、「子の親としての義務」を仏蘭西では放棄できません。
エールフランスの未成年者のみの搭乗やココんちの仏蘭西人♂のように離婚した両親が遠距離に住んでいる場合はヴァカンス時に別居親側がまとめた日数で子供と同居して義務を行いますが、もし同じ県内や同じ地方内だと別居親の義務は毎週末に子供を引き取っての同居とか一か月を二分して子供が両親宅を往復する形などあります。

で、仏蘭西からおそらく仏蘭西と日本の2国籍を持つ未成年と共に日本國に戻った日本國成人についてですが、上の「フランスにおいて」の親権については「フランスにおいて」であって「日本國においてではない」から守らなくて良い・・・という逃げ道があるかもしれない・・・と今朝、このメールマガジンを読んでから我がツルツル脳内で出つつある結論なンですが、これって国際関係法学の域で思考を進めるのがよろしいのでしょうかね。と、「国際関係法」なんて鍵語につながるのか、同じメールマガジンに以下の記事が掲載されていました。

○ 「国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)」に関するアンケートの実施について

現在、日本政府は国際的な子の奪取の民事面に関する条約ハーグ条約)」の締結の可能性について検討を進めているところです。 ▼この条約は、一方の親が他方の親に無断で子供を自国に連れ帰るといった親権の侵害を伴う、国境を越えた移動について、子供を移動前の居住国に返還するための国際協力の仕組み等を定めるものです。 ▼この条約は、このような移動により生じる有害な影響から子供を保護することを目的とし、親権の所在を決着させるための裁判手続は移動前の居住国で行われるべきである、との考えに基づいています。欧米諸国を中心に、現在82か国がこの条約を締結しています。
日本政府としては、この条約の締結の可能性を検討する一環として、この条約に関するさまざまな事例について、調査・研究を進めています。しかし、さらに検討の参考とするため、国境を越えた子供の移動に関する問題の当事者となった経験のある方から、可能な範囲でご意見をいただきたいと考えています。

つきましては、ご協力頂ける場合は、お差し支えない範囲でアンケート(アンケートリンク先:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/special/etc/ankeeto.doc)にご記入の上、外務省あてに電子メールでご返信ください。





この文を拝読する限り、日本國はハーグ条約の外にあるようですね。締結に応じる第83か国目に日本國がなるのかどうかは日本國民から集めたアンケートの結果にもよるということでしょうか。となると、将来、ハーグ条約に応じない可能性もある。ふむぅううう。
数年前まで仏蘭西共和国内における未成年者の国外連れ去り問題は両親のうち父親がイスラームの場合、キリスト教徒である仏蘭西女性との間に生まれた子女は離婚後、自分の祖国に連れ帰り、その手助けをモスクがしているということで何度も報道で取り上げられていました。もちろん現在も仏蘭西と対イスラーム諸国の間に同じ事件は日常茶飯事すぎて共和国民が慣れちゃったこともありますが、代わりに浮かび上がったのが対アジアで、しかも東アジア諸国で子供連れ去り筆頭国が中國サマではなくて日本國というのはいやはやなんともでございますね。

日本國内では両親の離婚により、片親との生き別れが美談となったり、テレビドラマや小説にもなるほどですが、仏蘭西という国では生き別れが美談になることが理解できないンであります。仏蘭西では成人男女が憎悪によって離婚しても互いの電話番号は暗記するほど「我等二人の子」のために連絡を取り合うのが成人男女の「務め」の国なのです。たとえ結婚相手が憎き悪人であっても、必ずしも悪人は悪親ではないという根本のようです。日本國がこの思考に「はい、そうですね。あなたのおっしゃるとおりです。」と言葉にするのは難しいのかもしれません。

さてさて、どうなりますことやら、上の問題。

le 8 juin 2010, Médard
[PR]
by ma_cocotte | 2010-06-08 19:55 | actualité 現時点の現場から | Comments(11)
Commented by JOYママ at 2010-06-09 16:15 x
うう・・・やっぱり地球は難しい!
その昔、岸恵子さんの本を読んで国際離婚の難しさを感じましたが
確かに生まれた子供の親権問題も当然出てきますよね
アメリカも結構色々在る様ですし
ん〜〜〜国際結婚する時は(私には無いでしょが)、相手国の憲法も
相当に勉強して於かないとですね
子供自身はどうなんでしょうね?育ち方と言うか、精神的な影響は?
やはり、それぞれのケースによるのかも知れませんねん
Commented by ma_cocotte at 2010-06-10 00:21
+ JOYママさま、
その岸恵子さんですが、非婚による親権での仏蘭西長期滞在だと
漏れ聞いたことがあります。ですから、お子さんが成人したと
ほぼ同時に彼女は日本に永住帰国されたかと。

仏蘭西の場合、親が離婚しても子供は両親に関わることになるし、
親が離婚し、どちらかの親と同居するとしても、子供が生まれた
時にもらった苗字を子供が同居親と同じにしなければならないという
決まりも発生しません。

両親の離婚が原因で、子供がどちらか一方の親を恨むような話は
私個人はまだ聞いたことがありません。
Commented by JOYママ at 2010-06-10 20:59 x
ma_cocotteさん
やはり、子供も育った環境で色々考え方が違うのですね
当りまえ、と言えば当たり前ですが・・・

岸さん「非婚」・・・って席が入ってなかったのでしょうか?
それとも、離婚して独身なので「非婚」なのでしょうか?
確かに、日本にいらっしゃいますよね

色々お教えいただいて、有り難うございましまた
Commented by ma_cocotte at 2010-06-11 00:29
+ JOYママさま、
フランスには非婚家庭が多く存在します。
市民婚をあげない同棲状態のまま、子供もある家庭です。この
場合、子供の多くは父親の苗字または父親と母親の苗字をハイフンで
結んだ苗字です。(ただし、市民婚を挙げても、子供には双方の
苗字を与える親もいます)

岸さんに限らず、本文にあるように親権が優先するので、結婚
していなくてもフランス国籍の子供の親ならば、子供が成人年齢に
達するまで親の義務でフランスに長期滞在できるそうです。
この点も日本國とは大きく違うと思います。
Commented by 黒猫亭主人 at 2010-06-13 20:01 x
こいつぁ、ニッポンぢゃかねがね問題になってるヤツですな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%A5%AA%E5%8F%96%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%BA%8B%E9%9D%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

ニッポン人が連れ去ったり、また連れ去られたり。

Commented by ma_cocotte at 2010-06-14 03:05
+ 黒猫先生、

突然、富士山より東の言葉だ・・・。
この件、どうなるのでしょうね?
冷静に、他人事で眺めてしまうと、自国に入ってしまった者勝ち
としか今の世の中では言えないような気がするのですが。
仏蘭西はこれまで対イスラーム国との間での「子供連れ去り」が
社会問題としてたびたび取り上げられていましたが、今はアジアに
目が向けられて、その筆頭が日本というのは驚きました。

まあ、両親が二人とも仏蘭西人だと「生き別れメロドラマ」が
成り立たないですね。EU内でも成り立たない。子供は双方の親の
間を国境越えて飛び交ってますからして。珍しい話ではない。
Commented by Lucia at 2010-06-15 09:27 x
最近はコンピュータとも疎遠な生活なので、久しぶりにブログを開いたところ、こんな大問題に遭遇してしまいました。
日本では、配偶者による犯罪的な暴力(子供に向けられた暴力も多く、子供が死に至るケースさえあります。)が原因での離婚がかなり頻繁に見られます。そのような離婚の場合には、離婚後の消息を完全に絶つことが、唯一の解決策とも聞いていますが、フランスではそんな事例は全く無いという考え方が離婚後の養育権の問題の背景にはあるのでしょうか。
あるいは、親による子供の虐待などということは、フランスでは皆無なのでしょうか。
子供の人権を考えれば、両親から愛されていれば、両親との関係を良好に保つことが理想でしょうが、暴力的な親と共に暮らしたくないというような状況というのも実際にはあるように思えるのですが…。
Commented by ma_cocotte at 2010-06-15 14:04
+ Lucia さま、
上に掲載した国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)には
イタリアなど他のEU国は既に締結しています。フランスという
より既に締結済み全ての国にLuciaさんの疑問は投げることが
できますね。フランスに事例が「全くない」、「皆無」は
冷静に見ればありえないと思いますが。
ですが、Luciaさんがおっしゃる「離婚後の消息を完全に絶つ」
ことが「唯一の解決策」というのはそれこそ各自の事例によって
裁判所はじめ専門の方が判断することだから「唯一」とも言い切れない
ように私個人は思いますがどうでしょう。

この件、無論、第一定義は両親双方とも心身健常でしょう。ですが、
フランスの場合、未成年者生活について裁判所が介入し、未成年者が
月間または年間でどのように両親と過ごすかという配分も管理
していると聞いています。
そして、もし親の片方または双方に子供を養育できない問題がある
ならば子供を預かる公営施設もあります。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2010-06-15 14:08
+「子供は両親の愛があったから関係がどうであれ誕生している」
ことがハーグ条約に既にサインした国々の第一前提だから男女間の
関係は問われません。双方が両親である認知が最小条件。
成人男女が事情あって離別したところで、子供への親の義務
(すなわち親の愛情をそそぐ)の放棄はならないということと、
つまり未婚の関係でできた子供でも男女に認知があるなら
義務付けされます。
もうひとつは大人の事情で子供の育ちきっていない心理に悪い
影響は与えない(つまり会えなくなった親についての批判を
心と脳に宿すこと)を避けることにあるのではないでしょうか。

どんな事情があれ、未成年者の心理に恨のような感情の種を
蒔かないように努力するのが親だけでなく国でもあるだけの
話だと思います。
Commented by Lucia at 2010-06-18 11:04 x
幼い子供の命を脅かすような犯罪が両親の手によって行われているというニュースがほぼ毎日報道される日本という国では、発達未熟な男女の間に望まれない子供が生まれるというケースが多いのでしょうか。悲しいことです。
しかし子供を疎んじて暴力で鬱憤晴らしする親と暮らしている子供でも、幼い子供の場合には、親から引き離されるよりは親の傍に居たいという話ですが、それはつまり、各家族を取り巻く社会環境そのものが未熟だからでしょうか。
子供がどんな環境で生活し、どのような教育を受けるかということは、将来の国家にとっても大切なことですから、政治家たちも真剣にそんな問題と取り組んで頂きたいですね。
そんなことを考えていたら、貧困状態にある国々におけるストリート・チルドレンの姿が私の脳裡に広がってきました。
Commented by ma_cocotte at 2010-06-18 15:43
+ Lucia さま
どんな境遇に生まれようと、どんな親から生まれようと、国から
見たら未成年者は既に国籍を持った一人格であり、良い国民に
育てる義務が国にもあるのではありませんか?彼らは近未来の納税者であり、
仏蘭西の場合、多くは公務員になります。

成人男女が離別したところで親の義務が片親のみになり、片親に
義務が生じないのも私個人には不思議な話です。離別、離婚は成人男女の
都合です。片親または両親の親権放棄については世間が納得する
理由が必要です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 二十四時間を切りましたので、 午後はギンギン >>