<< 「夏が来た」と知らせてくれる 平和な一日を過ごす それだけで... >>
チラシで気付く今年の斎戒 Date du début de ramadan 2010/1431
ポストに投げられたチラシを確かめていたら、なぜかスーパーマルシェのチラシの表紙がいずれもオリエンタルな雰囲気。
b0070127_21281431.jpg

余裕を持って文字を目で追ったら、RAMADHAN の文字。ああ、おそらくもうじきイスラームの世界では年に一度のラマダン(斎戒 رمضان ‎)月に入るのですね。調べてみたら、仏蘭西での今年のラマダン開始日は来る8月11日から9月10日までだそうです。なぜ国別なのかというと太陽が昇り沈む時間が国によって違うからです。
昨年2009年のラマダンは8月22日から9月21日まででしたし、来年2011年のラマダンは8月1日から8月30日までと既に予告されています。このようにイスラームの暦は一年を354日で数える太陰暦に基づいているので、年々ラマダン月も前年より前に戻る形になります。以前、アルジェリア出身の女性から夏至前後のラマダンが身体に厳しいので大変だと聞いてはいましたが、近年の夏の異常気象の熱暑の中での断食も厳しすぎるものだと思います。というのも、ラマダン中は日中、お水もダメだし、ツバさえ飲み込んではならないので地面にツバを吐く人も散見されます。(これが移民受入したばかりの仏蘭西でもめた事項のひとつでもありました)

日中は何も口にできないこともあり、ラマダン料理は腹持ちが良く、カロリー高い食事が家庭の成人女性によって準備されます。ゆえにラマダン後に太る人が多いのです。
b0070127_21425462.jpg
ココんちのポストに入っていたチラシの中はハラルというイスラームの決まりで処理された食品が紹介されていました。

ラマダン رمضان ‎と聞いて、私達はまず断食を思い出すことが多いですが、本当のラマダン رمضان ‎の真意は「心身を清らかに保つ」ことであり、ラマダン月のうちは断食以外に性欲はじめもろもろの欲望から逃れ、誰もが穢れのない状態にいなければなりません。だからラマダン月の間に体液*による穢れがあると斎戒が成立せず、その日数は日を改めて行わなければなりません。*ラマダンにおける体液は精液、経血を指し、尿はあてはまりません。

来年の夏が酷暑になりませんように。今年のラマダンが始まる前から祈ってしまうのでした。

le 6 août 2010, Transfiguration
[PR]
by ma_cocotte | 2010-08-06 21:55 | 『?』なミュぢゅるマン | Comments(4)
Commented by ぴよよん at 2010-08-07 23:51 x
ホント今年のような暑さで水もだめって言うのはなかなか厳しいですね…。
熱中症になったりしないんでしょうか?
個人的には5キロ+1キロ増量のスムールが欲しいです。
日本ではチョビッとずつしか売っていないので。
Commented by 伊望 at 2010-08-08 08:53 x
普通のスーパーで、ラマダン用チラシが出るというところに、フランスのイスラム教徒人口の多さを実感します。
Commented by ma_cocotte at 2010-08-08 17:37
+ ぴよよんさま

スムールにバターとケチャップをまぜると子供の大好物に
変身ですよね。多忙で時間がない時にこれほど重宝する食材は
ないかも。

ラマダン中ですが食事がウルトラ高カロリーで日中空腹感を
感じることはまずないらしいですが、のどの渇きは免れません。
移民第二、第三世代になるとガムや飴玉を日中に口に入れたり
するので、第一世代の人々が眉間に縦ジワ寄せてます。

ラマダンになると公衆での喧嘩や金切り声も見聞することが
増えます。何とかならんものかと思うけれど、短気になってしまう
気持はわからなくもありません。難しいところです。
Commented by ma_cocotte at 2010-08-08 17:40
+ 伊望さま

年々、ラマダン前の宣伝が派手になっています。が、節制の
はずなのにラマダン期間中のムスリムの購買意欲は尋常では
ないので、商店側も商売と割り切って、クリスマスや復活祭の
商戦のごとく働いているのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「夏が来た」と知らせてくれる 平和な一日を過ごす それだけで... >>