<< 靖國でルペン爺が釣れたようである。 「夏が来た」と知らせてくれる >>
かつて漁師だった【義眼のルペン爺】が来日 Le Pen au Japon avec la crème de l'extrême droite
昨日、Twitter で仏蘭西極右政党Front national (略称FN)の前党首ヂャン・マリ・ル・ペン Jean-Marie Le Pen 爺が来日、8月15日に靖國参拝することを知りました。82歳になるルペン爺に同行するのは同党の副党首であるブルノ・ゴルニッシュ Bruno Gollnisch 氏で、ゴルニッシュ氏はかつて京都大学に留学し、夫人は日本人(現在の国籍は不明)でもあることで極右の大将ルペン爺っつぁまのための通訳も兼ねているのかもしれません。

この話を知り、よくよく調べてみるとどうやら東京で一水会の木村三浩なる方が主催の「世界平和をもたらす愛国者の集い」なる会合が持たれ、欧州8か国(大英帝國、仏蘭西、ベルギ、オーストリア、ルーマニア、ポルトガル、ハンガリー、スペイン)の極右政党党首が今月12日から東京に集い、8月15日ではなく14日に靖國神社参拝を行うようです(昇殿しての参拝かどうかは存じません)。まあ、欧州の国粋主義者ならば今年の8月15日は日曜日ですので、おのれの宗旨の礼拝に参列するのが極右リーダーたる者の務めと思いますが・・・となると、もすかすて15日の都内の耶蘇教会やら英国国教会の礼拝堂に彼らが現れる可能性もござるな。旧教徒ならばこの8月15日は聖母被昇天の大祝日であり、仏蘭西にとりましては被昇天の聖母が仏蘭西の第一守護聖人でもあり国定祝祭日ですからあ。自称カトリック伝統主義のルペン爺はいったいどこで祈るのでしょーか?

Twitterではルペン爺がカトリック信徒なのに靖國参拝して良いだの悪いだのつぶやかれてましたけれど、仏蘭西国内の現状ではルペン爺を援護しているのは聖ピオ十世会(FSSPX)であり、仏蘭西カトリック界はルペン爺の思想、言動を微塵も認めてはいません。ルペン爺は漁師の家に生まれた仏蘭西びとという点もキリスト教文化において「漁師 pêcheur 」なる語は好ましい鍵語でもあるので困ってしまうのでありました。


le 12 août 2010, Clarisse


ところで、今回の欧州8か国の極右政党党首が一同に揃う東京での極右サミットについて日本国内のマスメディアでは淡白な扱いのようですけれど、仏蘭西ではおル・モンドさまもおル・フィガロさまも他の全国紙も丁寧な扱いで取り上げています。
[PR]
by ma_cocotte | 2010-08-12 23:21 | actualite 現時点の現場から | Comments(4)
Commented by JOYママ at 2010-08-13 16:12 x
まぁ〜〜〜そうなんですか?
欧州極右のお歴々が・・・この「○そ 暑い東京へ」ねぇ〜〜
彼らはヴァカンスは取らないのでしょうか? まさか東京が避暑地はないと思いますが(笑)
でも、今の日本で極右って嫌われてますからねぇ、なんと言っても第二次世界大戦と軍部を連想してしまうのは・・・高齢者? 私は戦後ですが
Commented by ma_cocotte at 2010-08-14 04:43
+JOYママさま

日本語だと右翼とウヨク、左翼とサヨクと分けられ、同じ発音でも
中身が違うといわれるようになって久しいですね。

欧州の中道よりミギはナシオナリスト思想の濃さで測られるというか。
Commented by えんき at 2010-08-14 22:40 x
彼らが極右だとレッテル張りをされるのは不当だと、私は考えます。
彼らは自国の文明圏を維持し、また他国の文明圏を認めているだけであって、
外国に侵略して財産を強奪しようなどと主張しているわけではないからです。
グローバリズムを推し進め、人類の文明の多様性を破壊しようとする人達の方が、
よほど過激派と呼ぶに相応しいと思います。
Commented by ma_cocotte at 2010-08-15 01:42
+ えんきさま、はじめまして。

L'extrême-droite は和訳すると極右になります。
これはレッテルではなく政治的位置に過ぎません。
仏蘭西ではL'extrême-droiteもFNが最大党であれど、他にも
数党、グループがあります。枝の先の違いを見ることも大切ですね。

で、えんきさんがおっしゃる「外国に侵略して財産を強奪」は
左右に関係ないのではないでしょうか。
過激派も左右に関係ないと思いますけれど。
いずれもミギにもヒダリにももしかしたら中道にもいます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 靖國でルペン爺が釣れたようである。 「夏が来た」と知らせてくれる >>