<< そして、コチラにはヴぃっくりさ... 行って、戻ってまいりました。 >>
少しだけ、どきっとしました。
巡礼第一日目。
2010年9月6日午後七時頃、ロカマドゥル Rocamadour の聖域 にて。
b0070127_14155519.jpg

夕方5時から聖母小聖堂でのごミサ、
b0070127_14263861.jpg

引き続きクリプトでの聖体顕示に続く夕祷を終え、
b0070127_14272275.jpg

山頂の宿舎に足早に戻る途中、偶然遠くに見止めました。
b0070127_14281613.jpg


或るベネディクト会師の祈る姿。
b0070127_14202264.jpg

夕祷にもいらっしゃったけれど、夕祷後、絶壁から大自然を眺めつつ捧げるロザリオ一連でしょうか。

le 13 septembre 2010, Aimé


b0070127_1439528.jpg

翌朝、十時過ぎからの説教も、十一時からの荘厳ミサの主司式も前日夕方に絶壁で祈られていたベネディクト会の神父さまによるものでした。説教壇からの語りは身振り手振りに熱がこもり迫力あるものでした。写真は午前十時頃、準備をされる神父さま。
[PR]
by ma_cocotte | 2010-09-13 14:44 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(6)
Commented by JOYママ at 2010-09-13 16:37 x
カトリックについては全く無知な私です
(ってプロテスタントについても学校時代の知識のみですが)
すばらしい場所ですね
ところで、ロカマドゥル・・・て確かシェーブルの小型チーズでも有名ではありませんか?
Commented by ma_cocotte at 2010-09-13 16:54
+ JOYママさま、

そうです。
小さなチーズで有名です。
ロカマドゥル到着直後にいただいた昼食で出ました。
おいしかったあ ♪

ロカマドゥルのあたりは仏蘭西で一、二を争う美食地帯なので
滞在の間、チーズだけでなく地元名産のクルミ、鴨、フォワグラも
バカスカいただきました。
Commented by Bruno at 2010-09-14 20:56 x
ロカマドゥールのあたりって、うさぎちゃん牧場が多くなかったですか?数年前に行ったときあのあたりでたくさん見ました。みんな食べられちゃうのかーと思いました。

それにしても一番上の写真はいいですね。
絵になるなあ。
Commented by ma_cocotte at 2010-09-15 01:12
+ Bruno さま、

本当に絵でした>祈る姿
先週の月曜、火曜は雨が降ったり止んだりの連続で、夕祷後は
雨上がりの独特なさわやかさも相俟って、ロカマドゥルは何もかも
美しかったです。

私は頂上と聖域の往復を二度、うち一度は十字架の道行を通ったので、
うさぎ牧場には気付きませんでした。あのあたりが美食地帯とは
知っていたけれど、実際にお食事して本当に何もかも美味なので
今も感動のうちにあります。
うさちゃんも食べちゃうでしょうね・・・よよよ
Commented by berucci-pete at 2010-09-20 01:09 x
ロカマドゥールって素敵なところのようですね。
私がこの地名から真っ先に思い出すのはプーランク。
『黒い聖母への連祷』を思春期の頃歌ったことがあります。その時、この地名は「聖アマドゥール(すなわち聖書に出てくるザアカイ!)の岩」から来ていて、聖母像は彼の手によるもの、そして彼の妻は聖ヴェロニカだとする伝説もある、と盛り沢山な情報を教えられました。
Mon œil! なことこの上ない、と思いましたが、そんな伝説もさもありなんと思わせるような巡礼地とお見受けしました。
最近流行りの「パワースポット」なる珍妙な言葉でガイドブックで紹介すれば、日本人観光客が地味に急増しそうです。
Commented by ma_cocotte at 2010-09-20 03:20
+ berucci-pete さま

仏蘭西びとの素朴な土着信仰に基づいた巡礼ならば
ロカマドゥルはなかなか良いですよ。聖域内の聖務日課も、
告解も仏蘭西では珍しく充実している巡礼地です。
歴史的にはシャルルマーニュがポワチエの戦いでムスリムを
撃退後のお礼参りが王家がロカマドゥル巡礼するようになった
きっかけらしいです。聖ルイ王が母を伴っての巡礼はつとに有名。

ロカマドゥルの聖母像がなぜ黒いのか、も着目点とのことでした
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そして、コチラにはヴぃっくりさ... 行って、戻ってまいりました。 >>