<< 師走の前に、天使が通った。 あなたを買えてよかった。 >>
は い、動 い て み ま す。
2010年11月27日土曜日の朝、
b0070127_20271653.jpg

午前9時少し手前。
まだ夜が明け切ってもおらず、今にも雪が降り出しそうな空模様と冷気漂う仏蘭西のド田舎。

仏蘭西共和國では現在も二つの暦が機能しており、ひとつは日本國と同じ太陽暦に共和国国定祭日をあてがった暦、もうひとつは全日にカトリックの聖人名が冠されたヴァチカンが定める祝祭日に則った典礼暦です。前者の暦では大晦日の12月31日までまだ一か月近くあるものの、後者の暦ではきょう11月27日の日没をもって新年が始まります。世間でたまに耳にする待降節(仏蘭西語だとラヴァン L'avent)が土曜日の日没を境に始まるのです。
待降節の意味は漢字だと連想しやすく、神の御子イエズスの誕をつ季で、聖教一致時代のかつての仏蘭西ならば国民が皆何かしらの節制をしながら12月24日から25日にかけて始まるお祝い日の準備を待降節の間に行ったのでした。

その名残りもあって、この週末は共和国内のいずれのスーパーマルシェでも出入り口に共和国内の慈善団体の人々が構え、ら・ばんく・ありまんてぇる La Banques Alimentaire、=食料銀行と呼ばれる共和国内の住所不定者や貧者に配布する食料を来店客から集めるイヴェントが行われています。慈善団体の中にはLes Banques Alimentaires http://www.banquealimentaire.org/ というそのものズバリの名称の団体も参加していますが、私が昨夕買い物に出たいつものスゥパァマルシェには仏蘭西赤十字 La croix rouge française の会員方がドドンと陣取ってらっさいました。いくらボランティアが店前にビニール袋を客に渡そうと構えていても、ビニール袋を受け取り、自分のポケット銭から他者のための食料を購入する自由は客側にあります。例えば、カトリックを毛嫌いする共和国民は決して Scours Catholique に援助しませんし、左傾につながるScours Populaire に納得しない右派の無神論者もいます。

食料を選ぶにしても自分が食べたいものを選ぶ人は初心者であり、他者を思い、更には他者の台所の事情まで慮れるようになると、冷蔵庫も火力も必要としないで食べられる食料を選べるようになります。食料ひとつ選ぶにしてもカリタス(互いを思い合う気持)が表れるものなのですし、こころが成長していくのです。待降節は胎内でイエズス様を育てる聖母についても思い巡らすことができる貴重な日々になりますが、妊娠ではなくても、男性も女性も他者の心や空腹を思うことで心が育つ。

政教分離しても、共和国民が待降節を迎えるにあたり、毎年、誰かに働きかけられ、誰かのために自分が動いてみることを繰り返せる。この習慣が廃れないように祈るばかりです。

le 27 novembre 2010, Sévrin

[PR]
by ma_cocotte | 2010-11-27 20:23 | 『秋』 Rien de special | Comments(2)
Commented by ガビィ at 2010-11-29 16:56 x
わぁ!小さいけれどすてきなカトリック教会ですね!
ステンドグラスが正面とはめずらしい。

右の方はどなた?左のかたはどなた?と考えてしまいました。

この教会の保護の聖人でしょうか。

スーパーマルシェでのお話など、とても興味深く読ませていただきました。

私も、イエズス様のご誕生にむけて準備します。
心も行いも。
Commented by ma_cocotte at 2010-11-29 21:22
+ ガビィさま

ここは実は主聖堂のまわりを囲む小祭壇のひとつなのです。
旧祭壇もそのままですし、背後の病床のヨゼフさまを見舞う
イエズスさま、マリアさま、大天使のステンドグラスも良い感じでしょ?
仏蘭西にはこの病床(もしかしたら臨終かもしれません)のヨゼフさまと
聖家族を描いたステンドグラスや絵画、彫刻が結構あります。
私は好きですねぇ。

聖像は左は聖ヒラリオ教会博士です。右はたぶんヨゼフさま。

待降節も四旬節も徳をつめますね。
小テレーズのように一日一善、一我慢とか (^_^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 師走の前に、天使が通った。 あなたを買えてよかった。 >>