<< まさかこんなことになろうとは、 愛の時間差速攻凸劇 >>
更に一夜明け...
...る前だったのではないでしょうか。


国内の全乳児殺害予告を知っての移動ですから夜逃げのごとくではないカト。
b0070127_18225013.jpg

聖なる家族の守り手ユセフさんは出産直後の妻マリヤさんと生まれたてのほやほやの長男エンマニュエルくんを連れ、ベトレヘムの馬小屋を離れエジプト方面に向かったのでした。

b0070127_18231669.jpg

漏れ聞いた話ではベトレヘムからまずは南西、つまり地中海方面に向かい、海岸線に沿ってエジプトに歩を進めたのだとか。現在のガザあたり、エジプトとの境には地上からはわからない地下トンネルがあるけれど。

あれから2010年。
そろそろと、再び地上でガザとエジプトの境を行き交える日が来ると良いのですが。


陽光と月光の下における魂の健全さ次第でその日が早まるような気がしてなりません。


le 26 décembre 2010, Etienne



写真はいずれもモワサック Moissac の聖堂で撮った聖家族のエジプト逃避行についての彫像彫刻です。

b0070127_19141487.jpg


b0070127_1925366.jpg

[PR]
by ma_cocotte | 2010-12-26 18:27 | 『?』なKTOりっくん | Comments(2)
Commented by ガビィ at 2010-12-29 06:00 x
1枚目のご像すき!

エジプト逃避行の絵も好きですが、ご像でみたのは
めずらしいです。

こちらの教会は、彫刻になでなっていて
なにか、ヨセフさまたちの
むかしの通られたところですか。
Commented by ma_cocotte at 2010-12-30 23:01
+ ガビィさま

私もこの像にひとめぼれでした。
仏蘭西は今もヨゼフさまは人気者だから、昔はもっと人気者だった
と思います。先日、B16がヨゼフさまに触れたお話をなさったから
ヨゼフ人気復活傾向だと思います。とてーも良いことですね。
聖家族は難しい時代であればあるほど習い倣うことが多いと思う。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< まさかこんなことになろうとは、 愛の時間差速攻凸劇 >>