<< 貧しさゆえ、 見た目が啓ちゃん。鳳啓助だわあ。 >>
シロクロ、クロシロ、オセロなオレオ
近所のスゥパァマルシェで見つけました。
b0070127_3543267.jpg

黒白な、白黒なオレオです。

b0070127_403768.jpg

箱のイラストを見てエンゼルパイを思い出しましたが、口に入れると、中はふんわりビスキュイとマシュマロのコンビではなく、サックサクで甘しょっぱいココアと固めのクリームの、あのゴクミのオレオです。

箱の表示が英語なので各面の字を追ってみたら、どうも大英帝國のKraft 社のオレオ OREO を仏蘭西のLU 社が輸入してこうして売られているようです。ココんちが田舎のせいか、私は仏蘭西で初めてオレオを見たので、手にとって買ってしまいました。そういえば、仏蘭西のLU 社は日本國のグリコと提携してポッキーをMIKADOという名に変えて仏蘭西で売ってもいます。こちらは仏蘭西共和国内の大中規模食料品店ならば必ずビスケットの売り場で見つけられます。

でも、あれ?
日本國でオレオは米國のナビスコ社の名前で売っていませんでしたっけ?あれ?あれ?
b0070127_482453.jpg

銀色に青で登録商標のロゴが印刷されている包み紙は仏蘭西製でない証明とでも申しましょうか。仏蘭西のお菓子の包み紙はたいてい無地なので、箱を開けて、この包み紙の華やかさだけでも今の私には感動ものでございます。仏蘭西のお菓子の包み紙が切れない銀紙が多いのも、紙の価値の違いの表れなのかもしれません。(仏蘭西ではチュウヰンガムも紙に包まれていません)

兎にも角にも、私にとって懐かしいオレオ。懐かしいと言っても、ホワイトチョコレエトに包まれた+αなオレオではありますけれど、牛乳と一緒にいただくと美味しいと思いました。

le 27 février 2011, Honorine

[PR]
by ma_cocotte | 2011-02-27 04:01 | Thé ou Café? | Comments(2)
Commented by ガビィ at 2011-03-02 17:10 x
こんにちは

おいしそう!
私も買いたいです!
日本には、全身真っ白はまだありません。
でも、エンゼルパイタイプのオレオはあります。

オレオのコマーシャルはたしか、牛乳いれて!
だったような気がします。

おいしいですよね。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-02 21:20
+ ガビィさま

美味しいですよ、この白黒オレオ。
オレオのココアビスケットの「しょっぱ甘さ」が苦手な人には
このホワイトチョコのコーティングのおかげであのしょっぱさがだいぶ
控えめに感じられます。

そういえば先日はマクビティも見つけました。まだ買ってはいませんが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 貧しさゆえ、 見た目が啓ちゃん。鳳啓助だわあ。 >>