<< 仏蘭西よ、もしかして日本國に後... こんな時こそ、信、望、愛 >>
仏蘭西に諸行無常の響きは、まるで無し
日本國の東北、関東の太平洋岸を尋常でない地震・津波が襲ってから第五日目の夜明けを迎え、仏蘭西のひとびとは私たち日本人に何を求めているのかなあ?と私は考え始めるようになりました。

きょう16日、夜が明ける前から仏蘭西では日本の震災と、震災直後に発生した福島原子力発電所事故についてトップニュウスです。きょうの新聞の第一面もLe Japon, Le pays du soleil levant, Nippon, 日本、そう、日出づる國日本です。

目が覚めてすぐ寝ぼけ眼のまま寝室のテレビに火を入れ、24時間報道専門チャンネルのひとつである i>tele を見ました。おそらくウェブカムを使用した日仏間インタヴュウで画面には日本の東京都内にいる MOCHIZIKI (とテロップに出ていましたが、まず間違いなく望月だと思われ)さんとおっしゃる日仏翻訳家の女性。司会者の質問に望月さんは笑顔で「都内はパニックしていません。」と返答し、2、3のやりとりを終えたところで、司会者が会話を終えてしまいました。私にはそそくさと切ってしまったように見えました。で、
東京がパニックしていないと何か仏蘭西では都合が悪いのでしょうか?

一方、国営放送 France Télévisions のニュウスでは繰り返し、福島県内に住む仏蘭西人男性がやはりウェブカムを利用して登場。昨日15日の彼は証言の途中から「私の妻も娘も仏蘭西にいるのに・・・」とつぶやきながら泣き始めました。画面のこちらで見ている私は素朴になぜこの男性が福島県内に留まっているのか不思議でなりませんでした。というのも、3月12日付で在日仏蘭西大使から在日仏蘭西人に対し関東からの避難勧告が既に出ているからです。昨日は私には珍妙にさえ思えたこの福島県内在住の仏蘭西人男性の証言を見た後、この男性が原発事故現場から約100km離れた会津若松に18年住んでいることがわかりました。となると、妻子とは別居なのですかねぇ、どーでもいいことですけれど。
で、きょうの朝です。先ほど午前8時の国営放送のニュウスを見たら、またもや・・・というか私ゃ必ずこのおっさんが登場すると信じていたら案の定、やはり画面に出、号泣から一夜明けた今日の彼のコメントは「私はそれでもなおここに留まることに決めました。ええ、致死だともちろんわかってます」
だって ┐(-д-`;)┌
あくまでも私見ですが、昨日のこのムッシュウの号泣場面を見た瞬時から我が脳内に「ヤラセ」の文字がぐるぐる周っており、一夜明けて今日のムッシュウがあまりに冷静に「もちろん致死だとわかっています」と言った時点で、ヤラセ疑惑がいっそう我が脳内でついうっかり強まってしまいました。

変ですよ、変。

しかも、これまで都内、仙台市内に在住の複数の仏蘭西人とこの会津若松在住の仏人男性の証言を紹介していたのにきょうの朝のニュウスではこの死を覚悟して会津若松に留まり続けると嘆いた会津若松在住のムッシュウのビデオしか紹介せず、その後は東京から大阪に避難した特派員とのやりとりです。

日曜日の仏蘭西は伝統的に静かなので月曜になると共和国民の言動が活発になるけれど、14日以降、共和国内の庶民の間では、原発事故についてはパニックはたまたヒステリック度がどんどん上昇中で、地震については日本人に対して大袈裟な憐れみの表現をし、こちらが冷静だと「この子、大丈夫なの?」と冷ややかな目に変わる(この時点で偽善だとわかる)。私は仏蘭西人の偽善言動を見るのが苦手なので、これでは私も外出を控えたくなります。 

確か14日だったか共和国内の報道各社はロワシ空港(日本ではシャルル・ド・ゴール空港)で東京から到着した仏蘭西人(中にはオリンピック選手クラスの柔道選手たち)の「母国に戻れてホッとしたわ」と言う証言を流し、ツイッタでは仏蘭西人弁護士が日本から仏蘭西に戻る際、管理職クラスの仏蘭西人とその身分でない自分との差別を訴えたマグレブ系と思われる仏蘭西人男性のブログを取り上げました。おまけにこの時とばかりに現在は緑の党党員のひとりである「赤毛のダニ Daniel Cohn-Bendit 」はじめ野党政治家が疑いの種ばかり蒔き散らかしている現状です。別にあなた方が福島原発事故を引き合いに出してサルコぢを叩かなくてもサルコぢが次期大統領となる可能性はゼロに近いのに、こうして騒いでいるのは自分の議席を確保するためなのですよね。おお、いやだ。日本を利用しないでくれ。

テレビで繰り返す日本の震災についての特別番組でも、日本人がこれほどの震災に遭っても未だに略奪もなく秩序ある中で時間が過ぎていることを誉めながら「日本人」を分析しつつ、「いや、これからですよ、これから彼らはパニックを表わします」と言う説明など聞くと、こちらは仏蘭西人というものはこれから日本人が取り乱すことをワクワク待っているのか?という印象に見えてしまいました。
そのワクワクがウザいから篭ってますよ、あたしゃ。
きょうもチェルノブイリの単語が飛び交っている一方で、相変わらず日本國の震災についての備え、訓練、耐震技術の賛美が続いており、誉め殺しのようにさえ見えて来ますが、それを実行している日本人のあまりの冷静さに納得しない仏蘭西人が多くいるように思えるし、日本人が騒がないなら私たちが騒ぐわよっっ!と騒いでいる仏蘭西人がいるのも、地域によっては冬休み中だからでしょうか?

仏蘭西人よ、日本國から10,000km離れた欧州のヘソの仏蘭西にいるのだからもう少し普通に生きられないのか、と思います。ね。

そんなに恐怖でわが身をがんじがらめにするくらいなら、なぜ日本國に原子力発電を勧め続けたのか?
こんな壊れたロジックはないですけれど、ロジックで物事に思い巡らす仏蘭西人自らがこういう言動の披露とは、ね?

私は「仏蘭西にいて良かった、私は運がいい」なーんて微塵も思いませんわ。
これから何があろうと、自分が仏蘭西人の憐れみの偶像にされるのは御免蒙ります。
自己の喜怒哀楽と他者への憐れみを表す際に自分に酔いしれるにしても、他の偶像を選んでいただきたい。そして、いくらあなた方が期待しても、日本人があなた方の思い通りにパニックを起こし、公衆で罵声を発し、つかみ合い、殴り合いを見せびらかすなんてことになりませんからっっ (`・ω・´)キリッ

な~んて、私がこうして珍妙な仏蘭西人の言動についてぼやくのも東北に住む友人知人の無事の知らせを次々と受けながら我が心の安堵が不安を抑えて大きくなっても、何かたがが緩むことで私にも疲労やストレス発散が始まっているせいなのかもしれません。

le 16 mars 2011, Bénédicte


こういう状況になり、仏蘭西人が語る日本精神論を見聞していると、自分が中高時代に「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし」とか「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ」とか一生懸命暗記したこと、善かったです。なんて、書くと、また「日本専門家」の仏蘭西人たちが面白おかしく日本人の無常観を笑顔で語るのかもしれませんが。
b0070127_19272514.jpg

[PR]
by ma_cocotte | 2011-03-16 15:29 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(29)
Commented by JOYママ at 2011-03-16 22:15 x
本当に連日、胸が痛む報道です
何とか物資が届かないか?と無能な政府と無能な東電幹部に怒りを覚えてます。昨晩は、ここ静岡の富士宮でも震度6の地震がありました。
私が住んでいる静岡市内も震度4でしたが、パニックなんてありません、
むろん、怖いとか不気味ではありますが・・・
何故か日本は民間レベルで頑張ってる様子です
企業も大手が結構動いてますし、政府は駄目でも民間が凄いですね。
それにしても、政府・中央行政の危機管理の稚拙さに驚きです
首都直下型の地震なんて、言いながら訓練してたのは?です
そんなでも、ブログ拝読して思わず笑ってしまいました
彼方のフランス、日本の変わりにパニックしているのですね
日本では略奪なんて考えられません。むろん、悪い人はいるのですから
何らかの事はあるかも知れませんが・・・
日本でみんな頑張ってます!
Commented by ma_cocotte at 2011-03-16 23:30
+ JOYママさま、

もしかして富士宮にお住まいですか?
昨晩は大変でしたね。お察し申し上げます。

海外に住む私には日本國政府も東電も真面目に頑張っているように
見えます。もしフランスで同じ災害に遭ったら、きょうの日本の現状とは
まるで異なる惨状だと予想しています。
このような状況における日本人の生き方、本当に誇りです。

絶望に陥らず、希望を求めて歩まねば!
Commented by JOYママ at 2011-03-17 08:51 x
おはようございます!
私は静岡市内ですが、友人が富士宮です
結構大変だったそうですが、静岡市内も一昨年の夏
震度6の地震にあってます。屋根瓦が落ちたり等の被害が多く
我が家も屋根の修理、場所によって被害の差が結構あったようです。
当時に死者は1名でした・・・でも地震が直接の原因かよく解らないのです。静岡は東海地震の予想がもう20年もありますし、時々はそこそこの
地震があるので、一般は防災意識もあったりしてます
しかし、今回の被害は想像を絶してますが、民間・地方行政の
行動には頭がさがりますね、日本企業のパワーには目を見張ります。
各業界が大きく動きだしてます。政府の動きは見えません
現地の自衛隊は本当に頑張ってくださってますし、ここ我が家の近くにもヘリポートがあるからでしょうか?ヘリコプターの音が激しいです
浜松の自衛隊からのヘリも結構活動してる様です。
暴動なんて考えられないですよ。
今、日本は一丸となって支援・復興に凄い勢いで動いてます!
Commented by rice_shower at 2011-03-17 09:47 x
残念ながら、総理官邸は言うに及ばず、東電自身がガバナンスを失っている、というのが私の印象です。(ニコ生が流している東電の記者会見を一度ご覧あれ) 千々に乱れた東電情報が官邸に持ち込まれ、これを未消化なまま、無駄に声と耳のでかい官房長官が、空疎に「冷静に」と言う。 
故に、最悪の事態を想定せざるを得ないのです。

被災者の方々、被災現場、原発の現場で命を削りながら使命を果たしておられる方々、この言葉を支えに是非。http://www.youtube.com/watch?v=Y7PNP-mYDkM
Commented by ma_cocotte at 2011-03-17 14:54
+ JOYママさま

東海地震の予想は20年どころではないと思います。
今回の地震が同心円状に徐々に南下していることでの
予想なども新たに立っているようですし、お察し申し上げるばかりです。

こういう非常時には商港より軍港ですね。
フランスから日本に向かった救援隊も空軍空港から出ました。
アラブ各国の非常事態の中の震災だったので燃料確保だけでも
神経が尖ることとなり、どう善く考えていけばよいのか・・と
うつむいてしまいそうになりますが、それでもぐっとふんばる時ですね。
Commented by 茶娘 at 2011-03-17 15:04 x
m@cocotteさま。はじめまして。
カトリックつながりでこちらのブログにおじゃましたものです。
私も静岡市在住の人間です。ちょうど新宿にいて地震に遭遇、帰宅難民になりました。が、見知らぬ人と肩を寄せ合い励ましあいながらなんとか、翌朝帰ってきました。
カトリックの長女たるフランス人なら「日本人パニクる」ヲ期待!?しないで、もう少し気を遣ってくれてもいいのに…って思います。m@cocotteさまが冷静でいらっしゃるのは◎です。日本人として胸を張ってお過ごしください。
あ、JOYママさま。はじめまして。静岡市の方とこのブログでお会いできて嬉しいです。確かにヘリコプターの音が賑やかですが通過するたび「がんばれ!」って心の中で応援しています。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-17 15:16
+ rice_showerさま
こちらではきょうも日本の震災特番が続いており(こんなこと異例中の
異例)ますが、日本國首相の存在はゼロに等しく、連日、枝野氏の
会見と、昨日は天皇陛下のメッセージの紹介がありました。
昨日、私は天皇陛下のメッセージを拝読し、うなずくばかりでした。
ビデオで全文をもう一度拝聴したいと願っていたところで、こうして
rice_showerさんからURLを頂戴でき、感謝です。
フランスでは今や日本人がいつパニックを表現するのか待っているかの
ように見えます。昨日は日本専門家と名乗るシアンス・ポの教授が
日本人はこの世の終わりを知らないからパニックしないと分析していました。
黙示録のことでしょうか?
そして、昨日はこの震災と原発事故に関係する大臣列席の公聴会が
あり、専門家の分析を含めて、原発事故で発生するだろう雲はカナダ、
米国方面に流れることから、カナダの大西洋岸にあるフランスの
海外県に到達する可能性はあっても仏本土には届かないとか
発表していました。
サルコぢがわれわれは日本人と共に連帯するとか言っても、日本人
より先に悲観しパニクる仏人の様子は滑稽としか私には言い様が
ありません。偽善もウンザリです。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-17 15:23
+ 茶娘さま、はじめまして。
「カトリックの長女」なんて過去の冠です。
仏カトリックの内情は、過去に恵まれていたこともあるから、
宗教の枠組みの中で語れない。それでも成人洗礼者数や改宗者が
増え始めていることから希望を見つけてはいるようです。

パニックを期待している仏人はアンチ・ヴァチカンの左右両派です。
共通キーワードは彼らの脳みそに潜在している黙示録ですよ。
日本人でもない彼らのパニックと、日本人へのパニックの煽りや
期待感は私には異常にしか見えません。こういう失礼千万な
野次馬、桃太郎侍にぶった切っていただきたいです。

偽善の態度を示す連中には、こちらもアイスフェイスで。(`・ω・´)キリッ
Commented by JOYママ at 2011-03-17 21:10 x
こちらをお借りまして
初めまして茶娘さん
はい、静岡市内です
宜しくお願い致します。
本当に略奪なんて・・・考えられませんよね
確かに普通でも悪い人は居ますが、でも・・・ですよね
終戦後でも色々な事があっても、普通のイメージでの略奪なんて
無かったと、当時東京に居た母は申して居ります
Commented by 茶娘 at 2011-03-17 22:28 x
macocotteさま。
「過去の冠」ですか。たしかに私が知るフランス人は左巻きだったような。複雑な思いがします。
「黙示録」といえば日本でもその昔「ノストラダムスの大予言」なんて言うのが流行ったりして。「もうすぐこの世が終わる」みたいな。そのころを考えると日本人は「大人」になったなぁ~。って思います。フランスの皆様方(とくにパニックを期待される方)も「大人」になりましょう!
JOYママさま。
こちらこそよろしくお願いします。日本人の「律義さと自制心」は終戦から66年たっても変わらないのですね。日本人で良かったってしみじみ感じます。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 01:23
+ JOYママさま

拙ブログにコメントをくださる方々に静岡県在住の方がなぜか多いのです。
なぜだろう?
実は以前から不思議に思っていたことなのでした。
きっかけはおそらく濱尾司教様の帰天についてエントリーしたことだと
想像はしているのですけれど。不思議です。

希望が闇を割りますように。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 01:31
+ 茶娘さま

ああ、ノストラダムスの大予言!
流行しましたね。

フランスのカトリックはとほほな現状であっても、今回の震災について
とても早く行動してくださり、既に先日日曜日にパリのノートルダム
司教座聖堂で日本の震災被災者や犠牲者のために主日ミサを
ささげてくださいました。駐仏日本大使もご臨席でした。

Messe à l'intention des victimes du séisme au Japon
http://ow.ly/4gALO

そして、ルルドでも16日から20日まで日本のためにロザリオを
ささげてくださっています。
以下、17日午後に行われたロザリオのビデオです。

http://ow.ly/4gxoC  

カトリックのパワーに感謝です。祈り、祈り、祈り!
地には善意のひとに平和あれ、ですもん。信望愛!
Commented by Kom at 2011-03-18 02:20 x
ma_cocotte さま。
数年前からこちらを拝見して色々勉強させていただいている者です。
フランス南西部に住んでおります。
今回のフランスでの地震報道、確かに目に余るものがあり、
私も本当に腹立たしい思いをしておりましたので、
このエントリーでおっしゃることにまったく同感です。
チェルノブイリのトラウマもあるのでしょうが、
日本メディアにも負けず劣らずのセンセーショナルな報道には驚きました。
津波と洪水を同一視する反原発活動家のコメントを流す見識のなさには、
日本の被害を利用する卑劣さを感じ、フランスという国の不条理さも含めて愛すべきだと思っている私にとっても、憤りを禁じえませんでした。
海外にて生活する多くの日本人がもどかしさを感じつつ毎日を過ごしていることと思います。
今ここでできること、すべきことを行うことが私の責務であると思って日々過ごしております。
日本赤十字社にカードにて寄付できるのは本当にありがたく思いました。
そして、被災者の方々が一刻も早く平穏な生活に戻れることを願っております。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 04:32
+ Komさま、はじめまして。
フランス南西部にお住まいでらっしゃいますか!
もしかしたら拙宅と近いかもしれません。

今、背後でFrance2の20時ニュウスが流れていますが、
いったいこの報道はどういう意図やら願望があって作られた
ものなのでしょうか?今週明けてからの仏蘭西の報道内容は
私には狂っているように見えます。こんな離れた場所なのに
日本人よりパニックしている仏蘭西人、滑稽ですよね。

先ほど、ニュウスで日本の空港での外国人向けのインタビュウに
ついて、英語のworryをdangereuxと仏訳しました。こんな
違訳あります?話し手の善良そうな女性のどこがdangereux
なのでしょう。変ですよ、これ。

きょうのお昼のニュウスでは司会者が識者に「あなたはオプティミストですか?
ペシミストですか?」なんて質問をしていました。
個人の感情の在り方など何の解決にもなりません。
フランスのマスコミ、私たちをどういう心理に追い込みたいのでしょうか。

続く
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 04:32
+ 先ほどは天気予報の真似をして日仏間は9600km離れているから
放射能汚染の影響は nul =ゼロと解説していました。
このあたりで仏人がただただ自分の無事を最優先に心配している
こともわかってしまいました。
一方で、これから始まる複数の選挙戦のために日本の震災を
悪用していることも見え見えですよね。本当にムカつくったらありゃしません。

Komさんの日本のご家族は安全な場所にお住まいでらっしゃいますか?
これから私たちには考えねばならないことがたくさんあるので、
お互い助け合って参りましょう。
Commented by Kom at 2011-03-18 05:19 x
ma_cocotteさま
コメントありがとうございます。
私は現外務大臣の所領の近所におります。

先週末以来私はこちらのテレビを落ち着いて見ることができません。
一言一句が引っかかり、テレビにむかって「それは違うだろう」とぼやくことばかりです。
今日のFrance 2の20時のニュースは拝見しませんでしたが、そうした意図的な誤訳はおそらく日本政府や被災者のコメントにもなされていることでしょう。

もちろん今回の一件でフランスのメディア全体を判断するつもりはありませんが、
「高見の見物」を決め込んでおもしろおかしく危機感をあおるような報道に今回のフランスメディアは走りすぎだと思います。
(少なくとも発生直後は原子力技術者の冷静なコメントなどを放送し、
さすが原子力大国フランスと感心したものでした)
識者へのそうした質問など、何の意味があるというのでしょうね。

(長い!とのことですので続きます)
Commented by Kom at 2011-03-18 05:19 x
日本人に対する誤解、偏見に関してはここに住んでから幾度も遭遇し、いい加減慣れていたつもりだったのですが、
今回はまさに背後から切りつけられたような思いです。
ただ、これは日本人に対する挑発というよりは、選挙戦のための有象無象の争いの一端として利用されているのでしょうね。
我々はそうした煽りにのせらせることなく、粛々と日々を過ごし、
被災地で耐える人々、そして原発をはじめ各地で危険な任務にまさに生命を賭して従事する方々の無事を祈ることが必要でしょうね。
(残念ながら私はカトリックではないのですが、僭越ながら祈るという言葉を使わせていただきます)

幸い私の家族や友人には大きな被害はありませんでした。
ご心配いただきありがとうございます。
被災地にいた友人のご家族も今日無事が確認され喜んでいたところです。
これからもよろしくお願いします。
Commented by 黒猫亭主人 at 2011-03-18 08:50 x
おひさ。
ウチの大学の仏交換留学生は、さいしょ帰国命令を出されたけど、とりあへず、東日本以外はその議に及ばずとなったやうで。
そして、被災地には救援物資がとどく一方、民間の運送業者は、燃料制限(優先的に割り当てられてゐるにもかかはらず)で配達できず。自衛隊に頼るほかなし。燃料の輸送大作戦もおこなはれてるやうですが。
流石に、食品泥棒や燃料泥棒も出てるやうで。自警団が組織されて防御につとめてもゐるやうですわ。
核汚染の方では、福島県南相馬市は、市内の半分が非難地域に指定されたせゐで、非難地域以外の非難所にも救援物資が届かなくなっちゃったさうで。
もっとも、原発の状態についちゃ、情報が少なすぎて、とりあへず逃げるしかないのではありまするが。
ところで、サル公がニホンに来たがってるさうですが、なにを期待してんですかね??
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 18:40
+ Komさま

をおお、ヂュペどんの領地にお住まいですか!
ワタクシはセゴ姐の領地内です(笑。
昨日は空港で国外に避難する外国人へのインタビュウで
英語や独逸語を仏訳アテレコの形で流していました。

私も当初の原子力専門家方の説明は日本国内の番組(私は
Ustreamを見ています)よりわかりやすく、うなずくことばかりでした。
ですが、日曜を境にどうも商魂や野次馬根性が誠意の上に出たように
思います。フランスがこんな大逆転を演じてくれるとは情けなくなりますね。
国営放送については私がだーい好きなパトリック・ド・カロリス氏が
辞任させられてサルコぢのおともだちが就任したからこんな良心の
存在しない言葉が飛び交っているのだと思ってしまいます。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 18:47
+ Komさま、更に。
週明けからの赤毛のダニはじめ緑の党の動きはまさしく選挙を意識しての
ものでしょう。
・・・ってKomさんのお住まいのあたりはあのノエル・マメ~ル氏の
拠点でもあり・・・お察し申し上げます。

「祈る」を欲するこころは宗教、宗派によるものではないと私は思います。
いろいろな教義もろもろはその素朴な気持の後に気付き、そこから
各自がどう向き合うか、ではないかと思います。
同じ空の下で誰もが願う思いは(エゴでなければ)必ず通じるから、
いつか希望の虹が空に現れるはずなのです。
Komさん、共に祈りましょうね。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 18:56
+ 黒猫亭の主さま、

サルコぢはそりゃあ、次期大統領選のための布石でしょ。
でなければ、ご自分と世界に広がる彼のお友達のふところが膨らむと
いう大前提があるからですよ(これまで彼の外交の100%がそうだもの)

寵妃カルラ・ブルーニちゃまに日本復興CDを一枚、おっともだちの
ヂャニ・アリデにも一枚出していただき、売り上げ全額寄付・・・なーんて
サルコぢクンができるでしょーか(棒読み 

正直、原発については仏蘭西は日本に売るだけ売って、この事故を
境に、いきなり「仏蘭西には日本のような地震災害はないから大丈夫」
と共和国民を安心させていること、猛烈に私は怒りを覚えています。
昨日なんて天気予報で日本の地図が登場し、風向き説明までして
96000km離れた共和国は大丈夫です、なんて番組がありました。

リビア内戦含めて、仏蘭西=死の商國認定の印をそろそろ押せます
でしょうか?
Commented by 黒猫亭主人 at 2011-03-19 00:11 x
サル公が極東の島国までご足労いたしたところで、六角形の国のひとびとが感心するんやろか、てふのが小生の疑問。「儲かる方」なのか。
仏蘭西は、もちろん、死の商國のひとつですなう。ラガルデールもダッソーも頑張って、共和国に税金はろてはりますもんな。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-19 00:33
+ 黒猫帝さま

【サルコぢは日本慰問の帰りに中国に寄る】で、プラチナひとしクンをドン!
で、どーでしょー?(爆笑
カダフィ大佐を飴と無知、いや、鞭で振り回せる大ヴぁかもんは
ニコラ・サルコぢですな。
前回の大統領決戦でサルコとセゴ姐とゆー、どっちを選んでも
外交音痴という最悪な選択で、結果、任期満了前に世の中が
このようなことになるという。となると次期大統領はDSKかい?と
なりますが、アラブんがこんな現状ではユダヤんDSKが仏大統領に
なっちゃあマズイのです。誰がマズいのだろう?・・・あれ?
Commented by 黒猫亭主人 at 2011-03-19 01:51 x
なーる、サル公がアルシペルにくるのは、中つ国にゆくついでか!
まさか、たまたま滞日中のDSKがいちはやくお見舞ひ文を出してたのに対抗しだったりして。f(^ー^;

黒猫帝……いづれのおほんときにか……。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-19 02:15
+ 黒猫の帝さま、

DSKは現在、日本國にあらさるのでしか?
アラブマグレブ情勢のせいでDSKの次期大統領選優先順位が
トップからビリに代わるくらいの勢いだったのですが、DSKの
現職の方が共和国大統領手当より高額という現実もあるとかなんとか。
サルコぢもJFコペたんもユダヤんだから、マグレブ問題勃発で直前までの
予想がどんどん変わっている現状です。

きょうのおルフィガロさまにサルコぢがドリプラァヌ投与をカルラちゃんに
お願いしたであろう以下の記事

Fillon : «le président sera candidat» en 2012
http://ow.ly/4hooK

中国にねっとりなサルたんは対日問題をフィヨンたんに押し付けている
ことも周知の事実ですけんね。震災見舞いだけなぜかフィヨンたんに
お願いしないサルたん。Bof
Commented by JOYママ at 2011-03-20 12:30 x
会津若松・・・・「会津若松」ですよ〜〜〜!在住の友人が
「3月19日のブログにて、今朝の市内の放射線量測定値0.44
全然安全圏内です。」と書いてました
これからも、当然なんらかの放射能の問題はあるでしょうが
それにしても・・・・遙か彼方のフランスで、そんなに騒いでどうするのでしょうね? そちらの方がパニックにならない日本人としては、不思議です
サルコジさんはいよいよリビア空爆始めてますね
この問題が日本へ及ぼす影響はどうなんでしょう?
現在の日本政府には、世界状勢にまで目を配る余裕も
気配りも「全く欠如」してますから
災害地も場所によって相当被害が違う様ですね
政界は駄目でも「財界」はいい意味でも、したたかな部分でも
頑張ってますよ!
Commented by ma_cocotte at 2011-03-20 17:51
+ JOYママさま

会津若松在住のフイリプ・ニベル氏、仏蘭西の放送ではずっと
福島在住のままで、スイスの放送では会津若松在住と出たらしいです。
どうやら仏蘭西よりスイスの方が良心残っているようです。

今や、このおっさん、仏蘭西ではヒーロー級有名人です。あほらし。

リビアの件と日本への影響は、やはり第一に原油価格ではないでしょうか。

財界も仏蘭西のように日本に比して国営企業が多い国だから、仏蘭西側で
現在のようなパニックが起こっているようにも見えるのではないかと
私のツルツル脳みそが思い始めているところです。
東電の原発関連の裏に仏蘭西はべっとり共にあると思われ。
Commented by 黒猫亭主人 at 2011-03-21 08:27 x
遅コメ寛恕。

DSKは、3/11の震災発生当日にコメント。たぶん即日帰国では?

http://www.imf.org/external/japanese/np/sec/pr/2011/pr1175j.pdf

毎月のやうに訪日してる感じも。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-21 22:37
+ 黒猫の帝さま、

ぬぁんと щ(゚Д゚)щ !
余談ですけれど、日本語の正式表記はドミニク・ストロスカーンなのですね。
DSK、被爆嫌疑で仏蘭西入国が難しくなったりして(棒読み

来年末にはDSKが共和國大統領となり、モン・プチ・サルコちゃんは
契約婚解除後、米国東海岸のユダヤん友宅にホームステイしながら
熟年の語学留学かしらん?
リビアが心配どす。昨日13時過ぎ、トゥーロンから航空母艦CDGが出航しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 仏蘭西よ、もしかして日本國に後... こんな時こそ、信、望、愛 >>