<< 時間がなかったので、 仏蘭西に諸行無常の響きは、まるで無し >>
仏蘭西よ、もしかして日本國に後ろめたいことでもあるのですか?
東日本大震災の発生から一週間。
仏蘭西は日本國から遅れること8時間で、2011年3月18日の夜明けを迎えました。

日出づる國日本國から96000km離れた仏蘭西共和国では主日明けの月曜日から福島原発事故について日本国内以上の過敏さの過剰反応で、母国・日本國から96000km離れて安全な仏蘭西に寄留しているワタクシは日本に縁もゆかりもない仏蘭西庶民がパニクる様子をドンビキで眺めています。
ああ、仏蘭西ぢゃなくて良かった。
ああ、私の身の上に起こったことぢゃなくて良かった。
という安堵を秘めながら、「あなた、日本人なんでしょう?」と眉毛を八の字にしてドサ周り劇団のごとく過剰なよろめき方などされてしまいますと、こちとら「大宮デン助だったらここでどうボケるか?」なんて真剣に考えてしまうのですよ。続いて、新派ならば?宝塚なら?新宿コマかはたまた明治座か?そして、「てなもんや」やら「見ごろ食べごろ笑い頃」では?・・・ああ、クレイジーキャッツと8時だよ、全員集合!も。

・・・それくらい臭い芝居を私の目の前やら、電話の受話器の向こうで酔いしれて演じている仏蘭西人。ひとりや二人ではありません。仏蘭西もこの世のサダメで三角形のヒエラルヒがしっかりあるから底辺にいる人間がアジア一緒くたにして日本人に的外れの憐れみを表現する偽善はしっかり存在するのです。この震災を境に発生したのではありません。彼らの無知による偽善の表し方がいっそうひどくなったと思います。
日本國は政教一致の一党独裁国家ではござーませんっっ。
そんな現象を月曜日から眺めて、きょうは金曜日。

昨日はツイッタを通じて失笑事項がひとつあり、それは一つ前のこの拙日記でつぶやいた会津若松に18年在住の仏蘭西人男性の行方を、嘘か真か仏蘭西24時間報道専門チャンネルのBFM.frのスタッフから私に直に問い合わせがあったことです。
melanievecchio
Mar 17, 3:43pm via Web
@ma_cocotte Hi do you know Philippe nibelle ? Can ansmer me back to mvecchio@bfmtv.fr we are looking for him I'm a French journalist thanks!
ほら、ね?これ↑、Twitterからそのまんま、ココに転載いたしましたですよ。問いかけられるなり、大昔、「三時のあなた」で司会の富司純子さんがテレビ画面に向かって「犯人さん、出てらっしゃい」と語りかけた場面を思い出した私です。おいっ、フィリプ・ニベルさんよ、報道各社に黙って消えるのは、もしかして
契約違反
ぢゃないのかい?ワラワラワラ

もうひとつは日仏両国の空港において日本國から避難するガイジンと日本國から無事仏蘭西というすんばらしい理想安全国に到着して安堵するガイジンとその連れの日本人の様子を紹介し、果ては震災より前に仏蘭西で観光していたキムラカオリさんが放射能が怖くて日本帰国を希望しないので仏蘭西人が援助しているという美談まで放映しておりましたわ。英語で帰国拒否を語るキムラカオリさんって亡命一号さんになるのでしょうか?

私、現状次第でもっと深刻なことになったら大阪経由でも実家に戻りますよ。
私と同じ思いで事態を見守っている仏蘭西国内の日本人、相当数になると私は信じています。
b0070127_1936585.jpg
C'est la fin du monde!=この世の終わりだ!
http://www.charliehebdo.fr/index.html


兎にも角にも、こうして時間ばかりが過ぎ、仏蘭西国内の人間による過剰な「チェルノブイリ以上の未曾有の惨状」を自分の目で見たいという願望と、逆に惨状を画面から見て恐怖をしっかり感じ取りながら「私たちは大丈夫なのよー」という安堵感を見せ付けられると、こちとら、仏蘭西という国と仏蘭西人はこれまで日本國に対してどんだけワルいことしていたのだろう?とついうっかり思い始めてしまいます。これ、どっからどーみても日本に対して後ろめたいことだらけゆえの言動にしか私には見えません。ただ、もしこんな我が疑心を公衆で披露したら、緑の党やら緑豆の連中、野党支持者に飴を出されながら勧誘されるのも、県議会選挙を間近に、大統領選挙を来年に控えているだけにまっこと気をつけねばなりません。
おー、やだやだ。その手に乗るかいっっ ヽ(`Д´)ノ
ウチの近所にゃ、既に仏国籍者となった元日本人がおり、トロツキスト政党支持者で現政権の粗探しに命をかけているので。党に命をかけさせられているのかもしれまへんけれど。

一方、仏蘭西共和国大統領なんかに御身を窶している神聖賢愚帝サルコぢ一世が昨日、おブルヂョワ日本人が多く住む南仏蘭西はエクサンプロヴァンスで「すぐにでも日本國を訪問したい」と表明あそばされました。私ゃ、この事実を知るなり、
サルコぢよ、ドドンと来いっ!
とはっきり口にした後、小声でもにょもにょと「おぬしの国際ユダヤんマネーを落とせよ~」「在職中に寵妃カルラちゃんに日本復興支援CD出させて100%寄付しろよ~」と、8時だよ、全員集合!のいかりや長介さんのようにつぶやいたのも事実です。(-。-) ボソッ


le 18 mars 2011, Cyrille


ああ、それともうひとつ。
日本國は国益第三位の国という理由で寄付しぶりが始まっている仏蘭西だそうです。(-。-) ボソッ
[PR]
by ma_cocotte | 2011-03-18 19:30 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(13)
Commented by al_lamia at 2011-03-18 20:47
こんばんわ! 今日も本当に楽しく読ませて頂きました!
相変わらず・・・切ない気持ちと、いらだちと何故か結構平静な私ですが
ここへ伺うと、ここ2回ばかり笑ってしまいます
私は幼稚園はカトリック・・・名前出してしまいますが、聖母です
中高はプロテスタントで、母方の祖父(亡くなりましたが)プロテスタント
私はクリスチャンではありません・・・でもイタリア語はカトリックの神父様から少し習いました・・・と変な流れを持ってます(汗)
何故、ここのサイトへ伺うようになったか・・・覚えてませんが、辛口のコメントがとても興味深かったのです
フランス人って、とっても・・・・・なんと言うか・・・・興味深い方々ですね
サルコジさんって、確か日本嫌いでしょ?
シラクさんとはえらい違いって思ってましたが

Commented by ma_cocotte at 2011-03-18 21:51
+ al_lamiaさま、

静岡にも聖母幼稚園があるのですね!
私も高校時代に二年間、イタリア語を習いました。
今になってもう少し真剣に学べばよかったと悔やんでいます。

サルコぢというお方はご自分の懐を膨らましてくれる相手なら
どなたに対してもどんなことでも好意的に行います。
一例がリビアのカダフィ将軍、ヴェネズエラのチャベスたんとの友好。
突然、サルコぢが自分のためにカダフィを裏切ったこと、失笑ざます。
Commented by Kom at 2011-03-19 05:15 x
ma_cocotteさま

ご返信ありがとうございます。
新しいエントリのこちらに移動させていただきます。
そうです、ノエルのおっちゃんも近所です。

テレビ放送についての補足ありがとうございます。
フランス国営放送も社長交代以来大分変わりましたね。
TF1は言わずもがなでありますが。

外国からの便宜提供で首相が追求され、外相の首が飛び、
リビアの問題もまさかのカダフィの地雷爆発という国内状況からすれば、
今回の日本の問題は程よい煙幕だったのでしょうね。
派手派手しく、しかも本国には大した影響はないとという意味で、
渡りに船と考えた人がいたとしても驚きません。

そうした状況の上で、フランス人が潜在的に持っていた日本に対するイメージが表面化してきたということもあるでしょうか。
政教一致とか一党独裁国家とか、中国と日本の区別がついているレベルのフランス人でも普通に思い込んでいる人がいますよね。
もっとも、これはフランスの日本研究者が頼りにする日本人インフォーマントの偏りによるところも大きいのですが。
(そのせいもあり、フランスの日本研究者は一部を除きみんなとんでもなく左がかっています。)

続きます。
Commented by Kom at 2011-03-19 05:16 x
それに対して原発技術者やその他理工系のエンジニア、大学関係者は私の知る限り非常に落ち着いた見方をしています。
日本との交流が多いこと、そして技術的観点から冷静に分析するトレーニングを積んでいることもあるのでしょう。
もちろん専門家の言うことだって外れることはありますが、パニックに陥るよりは今回の件をきっかけに今まで縁がなかった領域に関する知識を可能な限り学び、
これからの人生いくらでも起こるであろう危機に備える一助としたいと願っています。

しかし、帰国拒否の日本人とは行方をくらましたフランス人以上に見苦しいですね。
私はフランスで10年近くお世話になりましたが、今回の危機に際して遠くにいることが非常にもどかしかったです。
地震の前から今年中に日本に戻ることになっていましたので、
今回このような国難と呼ぶべき事態の中で、日本人として助け合い、一緒に苦しめることを僥倖と思うべきだと考えております。
(もちろんそれは世界にどこにいてもできることなのでしょうが)
誇りを持ち、そして祈ることが今私たちには必要なのでしょうね。
Commented by rice_shower at 2011-03-19 08:39 x
http://www.videonews.com/on-demand/511520/001763.php
お勧めです。

よく政官財のトライアングル、と言われますが、原発に関しては
これに報(メディア)と学(御用学者)の加わった強固なペンタゴンが形成されており、真実、現実が明らかにされず、一方原爆と原発の区別も付かない脳味噌お花畑の左巻きがヒステリアを晒す、という悲喜劇的構図が、今回の惨事を招いた、これは人災です。
真実を知る努力をしてこなかった国民全てに責任が有ります。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-19 22:17
+ Komさま

こうして一週間を振り返ると、先の日曜日まで原子力専門家や
政府担当大臣方による誠意ある説明が、週明けと同時に野党や
マスコミの思惑で押さえつけられたように見えませんか。
私は先週末の段階で、仏蘭西はこのまま日本よりわかりやすい
透明性ある説明で導いてくれると予想していたのに、見事に猜疑心が
信じる心の面積を狭めてしまったようです。残念でなりません。

ところで、仏蘭西の公立校教職員に「極」左が多いことは大問題だと
私は見ています。彼らの中の国際社会におけるプロバガンダがなぜか
日本でかなり有効で、ノンポリの立場で私が語ったところで極右のごとき
扱いをされるという摩訶不思議。言論思想の自由があればこそ、共産
主義思想も仏蘭西では枝葉が分かれているけれど、いやはやソラ恐ろしい
と申しましょうか。
いずれにせよ、日本をダシにしたり、日本を実験台にしたり、逆に
日本が好きだの軽々しく口にしながらこのようなことで逃げ帰る方々の
マネはしたくありません。この思いだけはハッキリしました。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-19 22:24
+ rice_showerさま
こちらでは震災直後から緑の党党員や緑豆たちが楽しそうに
デモる様子が繰り返し映像で流れていますが、「同情するならカネをくれ」
であります。これはミギだろうがヒダリだろうが偽善のブルヂョワにもいえること。
彼ら、自分に酔いしれるためなら何でも利用するンですよ。呆れた連中です。
それにしても、「ヒステリアを晒す原爆と原発の区別も付かない脳味噌お花畑の
左巻き」の方々は他人の心に猜疑の種を蒔く天才ざますね。まじ、ウザい。
彼らは全員レントゲンやCT、MRIを拒んでいると信じることにしました。ワラワラ
Commented by Kom at 2011-03-20 00:05 x
ma_cocotteさま
おっしゃる通り、専門家や担当大臣の努力が今週に入ってまったく別の思惑に覆い隠された印象は否めませんね。
教員の「極」左の多さは日本でも同様で、彼らの間のネットワークはなかなか強固です。
(知人の日本研究者の唯一愛読する日本の雑誌は某金曜日発行の週刊誌です)

彼らの中では「権力=絶対悪」「自分=正義」という幼い二分法がすべての行動原理となっているのではないかと思います。
フランス暮らしが長い日本人にはなぜかこの行動パターンを習得して、
したり顔で日本批判をやる輩が多いですが、そういう自分を無根拠に高見に置く人間には本当に腹立たしく思います。

原発は自衛隊、警察、東京消防庁の決死の努力で放水が続いているとのこと、それが報われることを祈らずにはいられません。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-20 01:55
+ Kom さま
今週月曜日以降の報道、異常としか思えませんし、その思惑が
なぜか野党の目的とつながるように見えることも不気味です。
雑誌について、ルモンドの名が含まれた【日本語版】某誌も
挙げられますよね。あちらの世界独自のネットワークは本当に強固で
一度その中に入ると世界を見ないまま世界を語るというクセもあります。
彼らの世界内の洗脳システムが実に「国際的に細やか」ですよね。
違訳の提供のみですもん。

>フランス暮らしが長い日本人にはなぜかこの行動パターンを習得

あ、思い当たる日本人、私だけでも数名います。
対話を重ねると軸ずれが出てくるので素がバレるというのも毎度です。

原発についてはこういう時だからこそ信善愛を強く意識します(断言。
きょうはリビア情勢も気になってなりません。とほほ
Commented at 2011-03-20 07:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-20 17:45
+ 鍵07H58@200311さま、こんにちは。

以下、私がこれまでこの場でもにょっていたことでございます。

「日本が放射能汚染で世界中を危険に曝しているなんて、
まさに日本の使用済み核燃料の再処理で儲け、
メトロポルから遥か遠い場所で核実験を繰り返した国が
言うことではない」

ああ、すっきりした~(笑
ここにきて今度は「日本は国益第三位だから寄付しない」宣言する
仏人が増えたことも私にとって怒髪天突く一事項となりました。
仏蘭西という国が欧州のヘソ国であることも、中華思想国であることも
わかってはいても、こういうきっかけで彼らのナルシストと、外国への
憐れみに見せかけた卑下の態度には呆れるばかりです。
仏蘭西の天気予報で日本の地図が移り、福島からの煙の動きの
予想が流れ、最後に「ココは96000km離れています。大丈夫です」って
いったい・・・?
AFやLHが直行便全てを韓国経由に代えたそうです。自国乗務員は
韓国までということでしょうか?www
Commented by タヌ子 at 2011-03-21 07:52 x
間違えて非公開コメントにチェックを入れてしまったようです(汗)
韓国経由にすると離着陸に更に余計な燃料を使うような気もするけれど、自国民さえ『被爆』しなければ、そんなことはどうでも良いのですね。
大阪に避難してるF2の特派員、どうにかしてもらえませんか?
あの作られた表情を見てるだけで気分が悪くなります。
既に読まれてたかもしれないけど、フランスびとの中にもまともは人はいると言うことで安心した記事です。
http://www.lemonde.fr/idees/article/2011/03/17/ces-japonais-a-l-heroisme-poignant_1494190_3232.html
フランス人が寄付してくれなくても、見事に再興してみせます!
Commented by ma_cocotte at 2011-03-21 22:32
+ タヌ子さま、

先ほどお昼のニュウスでも「世界の放射能雲予報」が流れました。

France2のドつきの親父ですねぃ?
拙夫は彼が画面に出るたびにまず「あ、寝ている」「目ぇ覚ませ」、
彼がしゃべり始めて「あ、起きたw」の突込みを入れることが習慣に
なっています。
私は震災だけでなく、リビア情勢についてフランス・テレヴィジョン各社の
報道がサルコぢ賛美を延々と流していることに不信感が一層募り、
一度は決別したTF1を見始めてはいますが・・・ロランス・フェラ~リだけは
どうしても我慢できないっちゅうか。今晩、どーしましょー(泣笑

兎にも角にも、共和国県議会選挙にぶつかったことで日本にとっては
とんでもないことになりました。赤毛のダニめ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 時間がなかったので、 仏蘭西に諸行無常の響きは、まるで無し >>