<< Σ( ̄△ ̄; あ、あれぇ?ワタ... 時間がなかったので、 >>
同情するけど、カネやらね。
ニュウスの後半で放射能雲予報が流れるようになって数日が過ぎました。

震災直後、フランス共和国大統領なんかに御身を窶している神聖賢愚帝サルコぢ一世が、日本國との連帯を強調あそばしましたけれど、その後、共和国の国民は日本國への憐れみを表しつつ、放射能の恐ろしさを用いて自身をパニック状態にする遊びを始めました。すんません、あたしには遊びにしか見えません。この流行の発端を特定はできないけれど、共和国民の中であまりに流行したことで、かつての地上波テレビ局、仏蘭西国営放送と民放の雄TF1が国民の意向に沿ったシナリオで番組だけでなくニュウス記事を作るようになりました。特に昨年だったかサルコぢサマのおっ友達が総裁となった仏蘭西国営放送から流れる日本の被災地と原発事故情報は捏造レベルと言っていいかもしれません。
今、仏国営放送だけの情報を信じたら、関東に人間はいませんよ。
家族を祖国に帰しながらも、自らは命を捨てる覚悟で東京に残る在日仏蘭西大使館と領事館員が仏蘭西国内で賛美され始めるンですかねー(棒読み)。

おいらの父は関東にある自宅に現在もおりますよ。富士山より向こうに親戚はおりませんから、自宅に留まるしかありません。私の友のほとんどがこのような状態でも毎日、各自が自宅と都心の職場の往復を続けています。昨日のおル・フィガロさまには婦女子二名しか写っていない銀座の裏道の写真 ↓ が掲載されていました。
b0070127_17192036.jpg
Les Japonais surpris par l'exode des expatriés français Par Arnaud de La Grange
Mots clés : Catastrophe Nucléaire, Français, Tokyo, JAPON
21/03/2011 | Mise à jour : 14:37

またもド付きの記者の手による記事か・・・Bof 何時に誰がシャッターを切ったのか教えていただきたいものだ。

どうもこうして仏蘭西の中における日本震災直後からの動きを見ていると、シナリオがあるように思えてなりません。
こういう時になると仏蘭西は1905年12月以降、完全政教分離国家とは言え、かつての国教カトリックの動きも着目せねばなりませんが、仏蘭西のカトリック教会の動きはこんなにスマアトなのは珍しいゾっ!と思えるほどの素早い動きで、震災翌日には司教団による公文書の形での言葉を発表、その翌日の日曜にはパリのノートルダム司教座聖堂に在仏日本大使閣下を招いて震災の犠牲者と被災者のためのミサを捧げました。
しっか~も、無宗教の日本人にはパワースポットとして知られているピレネー山脈中腹にあるカトリック教団の聖地ルルド Lourdes では16日から20日まで毎夕、聖母が現れたと言う洞窟前での数珠祈祷の意向が日本にミラクルがありますよーに祈ることにしたそうだ。ではなくて、以下が真に本当な事実、つまり、カトリック諸国に通じる置き換えで正しく伝えますと、カトリックの巡礼地であるルルドで日本の震災での犠牲者と被災者の慰めを意向にしたロザリオ祈祷が繰り返されたのでした。


週明けからなんですよねー、仏蘭西国内の世俗における、特にヒダリ巻きやら唯物論者方の論調がヒステリックなパニック渦への勧誘に変わったのは。何も知らない共和国民を渦に巻き込ませリーダーとなったのは仏蘭西社会党と仏蘭西共産党の間に位置すると思われる緑の党の党員達で、放射能汚染を前面に出しての危機感をクドクしゃべくり続けました。・・・で、おとといの20日の日曜日、仏蘭西共和国内は統一県議会選挙だったンですよー。ヘソで茶ぁわかせちゃうでしょ?この流れ。

週明けの14日から連日、「放射能汚染の恐怖による不安」と「日本から96000km離れている共和国は安全」というヂェットコースター型報道の繰り返しをさせ、この時とばかりにココんちのような超ウルトラスーパーど田舎の玄関の呼び鈴が鳴ってドアを開ければ「エホヴァの商人ですぅ」とか「私は保険会社勤務だが、あなたの日本人妻の家族は無事かね?」とか失礼千万な訪問客が次々と現れるようになり、19日土曜日のお昼すぎのことですよ。ニュウス番組で突然、「日本は国益第三位の国なので寄付渋りが始まりました」と報告後、画面に複数の仏蘭西国内で知られる慈善団体役員が出て、理由説明をし、最後にハイチが優先だろう、という見解。

これ、どーゆーことですかね?
土曜日のお昼放映って、カトリック面から眺めると、土曜夕方から主日が始まるので、そこでの浄財収益に待ったをかけたのではないかとついうっかり思ってしまうではないか。いっかにも神聖賢愚帝サルコぢ一世が既に掌握した報道各社に指令出しそうな誘導ですよ、これ。

クドく何度でも繰り返しますけれど、サルコぢが共和国大統領となった直後、彼と民放の雄TF1との癒着が水面下で話題になったけれど、昨年だったかとうとう仏国営放送局 France Télévisions の長上がサルコぢの思惑で去り、空席にはサルコぢのお友達が着座しました。今回の大震災以降、仏蘭西国内のテレビ画面には仏国営放送のニュウスに登場する、会社の命令で無理やり北京事務所から東京に飛ばされ、命からがら大阪まで避難した特派員アラン・ドゥ・シャルブホン Alain de Chalvron 氏の画面に出る落胆と疲労の演技が流れるようになりました。今ではこうして電脳上でも読める彼の証言の数々。そのうちのひとつ→ Alain de Chalvron témoigne depuis Osaka 
先週末から仏蘭西共和国内では地中海の対岸のリビア内戦に仏蘭西が参戦したことで、報道の優先順位も日本の震災や原発事故報告よりリビア情勢が上になりつつありますが、またも仏国営放送のニュウスを見ていると、リビア国民がフランス語で「フランス、ありがとー。サルコぢ、ありがとー。40年の独裁が終わるのはあなたたちのおかげー」という狂喜乱舞の様子が一分近く流れているのを見ると、こちとらどっちらけで、日本の震災や原発事故問題にしろ、リビア問題にしろ、フランス国内にこうして生きていると、二千と十一年にもなるのに、私のようなアルカイーダ(=アラビア語で三角形の底辺という意味)な庶民にはサルコぢ賛美のプロバガンダ放送しか聞こえなくなってしまっていると、仏蘭西の中の超ウルトラスーパーど田舎で情報が限定される環境に住む一ガイジンの私には確信し始めています。あの、放射能被爆が恐ろしくて日本に帰国しないキムラカオリさんはまだパリ市内の支援者宅にいるンですかあ?統一県議会選挙の第一次投票結果は仏蘭西社会党と極右政党Front Nationalが優勢で、サルコぢが裏上皇で居座る政党UMPは停滞状態で、極右政党のFNと連帯するのかという問いに広報担当のヂャン・フランソワ・コッペ Jean-François Coppé パンが絶対しないような発言を適当にしていたけれど、この現状ぢゃ、極右政党なんかと連携しなくてもサルコぢは独裁者状態で、しかも仏蘭西のためではなく自分とお友達の懐を膨らまして、お金を海外に流してしまっているではないかっ!とムカついてなりませんぜ。サルコぢの御世になって以降、自分の税金が還元されない不安感は日本國民と同レベルになりつつあります。

しかも、今週に入ってからは日本からの難民を受け入れるのかどうかとか耳に入ってきますけれど、ヴぃっくらこいたのが仏蘭西から派遣された救援隊の援助停止しての帰国話です。日本國で思うように働けないという理由ですが、こりゃどっからどーみても携帯電話の向こうから聞こえてくるマ・プチット・ママン(母親)やマ・シェリ(妻やら恋人)の「帰ってきて」の号泣のせいで、彼ら、まったく働く気が失せてるンでしょ?だったら、帰った方がいいよ。世界のどこであっても、
できないことはしなけりゃいいンだから。
誰もできない人間に無理強いはしない、まる

憐れみの表現も大げさになると、野次馬にしか見えませんから。(-。-) ボソッ

le 22 mars 2011, Léa

浄財も投げる気がないなら、今後は日本については寡黙を守り、粛々と、核シェルターでも、防放射能グッズでも何でも自分の身を守ってこの世に生き残るために買ってくさい。← これも、結果的にポッケが膨らむ先がサルコぢのお友達たちなのよねん。例えばイスラエルは一般家庭にも核シェルターと防毒マスク常備ですからして。
キミガタよ、もし生き残れたならば、大地に緑を復活させて、労働の恵みを捧げろよ。自分ばかりでガメてくれるな。
[PR]
by ma_cocotte | 2011-03-22 17:34 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(18)
Commented by JOYママ at 2011-03-22 21:13 x
あの〜〜〜日本からわざわざフランスへ放射能難民がでますか?
ってフランス人に聞きたいですね
今朝は頑張って海外放送のフランス2を見ましたが・・・
どこから10年は日本の復興が無理?って出て来るのでしょうか?
この一言で「立ち直ってみせる!」って思いますよ!
私が見た限りではBBCとABCはまぁ普通でした
でも、やはり日本の災害地で暴行・略奪の無い点が「不思議」らしいですね
ん〜〜〜フランス人って・・・・・私の印象では(内緒ですが←どこが?)
根暗のラテンって印象でしたが・・・・
写真は平穏な日本ですよね(笑)・・・・
危機的なら、どこでこんなに女の子がノンビリと傘さして歩いてますか?
ma_cocotteさま、血圧上げないでくださいね
Commented by JOYママ at 2011-03-22 21:16 x
追伸
yahooでの募金が
* 現在の募金金額
* 1,291,860,525 円

* 募金人数
* 794,986 人

ですから。フランスから無くても構いません
ところで、 日産のゴーンさん・・・・どうなさったのかしら? 
Commented by ma_cocotte at 2011-03-22 21:34
+ JOYママさま

世界中からの難民受け入れは仏蘭西が誇りとしていることなので
日本の現在の事情も仏蘭西の都合いい話に摩り替えられている
のです。そのうち、孤児の養子縁組も話題に出ることでせう。
放射能雲についても日本から96000km離れたフランスは大丈夫、
国内の原子力発電所施設も仏蘭西には地震はない(←これはウソです)
からこれからも使い続けましょう(サルコぢ発言)・・・というわけで
フランス世界の桃源郷のような国とうぬぼれているのです。

どんなに生活環境と自然に恵まれていても、人間が他人を悪用し、
ウソやプロバガンダを流す国なんて最低です。
ええ、あくまでもあたくしの私見ざますけれど。

Commented at 2011-03-23 02:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 伊望 at 2011-03-23 09:19 x
これ見ました?欧米での地震・原発報道を英国流に皮肉っていてとても面白いです。パニック・ヒステリーの中でこういう人もいると安心します。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=tVWhZ_qGD7g
Commented by antie at 2011-03-23 12:41 x
初めまして。西日本在住のantieと申します。
以前からこちらのブログを拝読しておりましたが、ここ最近の記事には大変興味深く読ませていただきました。
私の夫はAussieなのですが、彼の母国でもかなりセンセーショナルに報道されいるようで・・・・。
友人の友人は、AUSに放射能がこないか心配のようで、夫は「あっちに行くくらいならこっちはとっくに死んでる!」と怒っています。アホらしいほどの誤解を解くために、山形在住のダニエル・カール氏のビデオ(http://www.youtube.com/watch?v=tH7JYAphuTE&feature=player_embedded)を見せても、いまいち信用してもらえてないようです。

西日本に住むフランス人や他の外国人は母国の報道には呆れているようで、同じように学術的記事などもをacebookに貼って、友人家族を安心させているみたいです。
それでも顔を見たいという家族のために渋々帰るものもいるみたいです。私たち日本人も彼らを「逃げている」とは言うべきではないんですよね。

ちぐはぐな内容ですみません。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 16:22
+ 鍵02H28@23032011さま

貴コメントに笑いが止まりません。

>フランスの救援隊は都内で空気中の放射性物質が一番多く
検出された日の200倍近い放射線を浴びて、飛行機で無駄な
往復をされたかと思うと気の毒です。

フランスで実験扱いになりませんよう・・・冗談でなく、実験対象者に
なってしまったりして?
そして、問題はこちらですね。

>11.9を見事に予言したブルガリアのおばあちゃんによると、2010
から始まるアラブ・欧米戦争で、2011年に核兵器が使われ、北半球
(多分ヨーロッパ)は壊滅状態になるって言うではないですか。

カダフィが地中海を血の海にすると予告しているし、昨日からイスラム
世界全体への語りかけも始めているので、どうなりますことやら。
エジプトの崩壊後、イラン船に地中海通行許可が出たという話も
聞きました。

私個人は、今回の宣戦布告でサルコぢには間違いなくシャリアが
出ると見ています。何でこんな愚かなことについて暴走したのか、
やつぱりサルコぢの国際感覚はニュルでござるです。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 16:33
+ 伊望さま

YouTube、おもしろかったです。
フランスでは残念なことに、先週はパニック・ヒステリーを多くの人間が
表しましたが、今週は一転してうつむきがちな失望と疲労感を表す
ことが好まれているようです。
リビア戦争に出兵しているせいもあるでしょうけれど、今は2011年
なのに、フランスでは何時代のプロバガンダ洗脳を楽しんでいるのだ?と
呆れるガイジンの私なのでした。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 16:42
+ antie さま、はじめまして。よろしくお願いいたします。

私もFBで震災と原発事故のダブルパンチでペシミストになった方と
数本、意見交換をしました。ご本人曰く、次々と届くショッキングな
映像でご自分がペシミストになったと自覚していると。私からは
映像より、今の闇夜に近い心境であってもひと筋の希望の光を
「一緒に見つけましょう」と言っても、その方は理解できても、心の
どこかで「そんなことできるわけないわい」と思ってしまい、その
カオスで苦しんでいるように私は察しました。
「逃げている」という表現は、外国語において今回の避難にL'exsode
(英語だとExodus)をあてがうことを好んで用いていることに起因が
あるように見ています。旧約に書かれている、二度と戻って来ない救命
救済の脱出ですから。
Commented at 2011-03-23 19:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-23 19:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-23 19:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 19:52
+ 鍵19H43@23032011さま、

いただいたコメントの

>テレビの東大教授だの専門家だのは
>「今すぐ健康に害を及ぼす量の放射能ではない」と繰り返しますが、
>放射能の害っていますぐ出るものではないのでは?
>この言葉でもううそはやめろよと思います。

ウソではなく貴殿との考えとほぼ合致していませんか?
違いは放射能の量にあるのでしょうか?
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 19:59
+ 鍵19H45@23032011さま

>テレビの専門家はやたらレントゲンを一回とるときの被曝量に固執しています。
>医療行為として最低限の害で益をえようとする、比較的DNAへの損傷の
>少ないX線の一瞬の照射と、一時間当たりの放射性ヨウ素やセシウムの
>長期に渡る被曝数値を比較することの愚かしさ、びっくりします。

私は素人なのでよくわかりませんが、患者は兎も角、放射線科の医師や
職員は勤務時間中のほとんどの時間をあの放射能マークがついた
環境(しかも、地下であることが多い)で過ごされていますが、
レントゲン撮影を数分から数時間で終えてその環境から離れられる
患者の立場とどう違いを考察したらよいのでしょうか?
以下の資料、ありがとうございました。
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50607528.html
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 20:05
+ 鍵19H46@23032011さま

>汚染されたほうれん草も「食べても平気だと思いますよ」という専門家が
>出てきています。ならば、なぜ基準値があるのか。今テレビでは基準値
>を超えても平気、という風潮があって、放射能の恐ろしさを語るには、
>小さな声でしかいえなくなっています。
>事実を教えない日本がいやになってきます。
>事実を直視する勇気がないのでしょうか。
>事実に基づいてさてどうする、が考えられることが大事ではないでしょうか。

ううううん、難しいですね。
私個人は原爆に被災された方、原爆二世、三世など友人知人が複数
おりますが、必ずしも今回の件でも限定される病名で人生を終えたの
でもなく、現在、その病気と共に生きているわけでもありません。
もし全員にくまなく同じ病気が発症し、死因になっているという事実が
あるのであれば、貴方の危機感と共に立ち、日本政府への不信感を
私も書けると思います。

私、仏蘭西で、例えば今朝開封した牛乳の賞味期限が今年の6月16日
なのですよ。放射能よりこんなに牛乳を長持ちさせられる材料は
何なのか?ということに不安だったりします。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-23 20:10
+ 鍵19H46@23032011さま、以下続きです。

>震災といいリビアといいこのところエキセントリックなフランスも
>亡命先としてはいいとは言えないようですね。

昨日、地元の仏蘭西人と話した時、彼は「仏蘭西には地震が滅多になくても
活火山がある」と一言、おっしゃってましたよ。国際配信されていませんが、
近年、仏蘭西では海岸沿いだけでなく山間部でも水害で深刻な
浸水被害が発生しています。
地球を造ったのは人間の脳と手ではないので、天災については
世界のどこに住んでも、私達に付きまとうものではないでしょうか?
残るは人間の間の信頼ですよね。
どんな政治形態であるにせよ、良心も無ければ、他者への慈愛のない
国家にヒトが住むのは難しいと思います。だから、そういう国は鎖国
するのですよね。
Commented at 2011-03-26 03:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2011-03-26 20:06
+ 鍵03H26@26032011さま

>「雨が降った後黄色い粉が出てきたが放射能か」という問い合わせが
>複数気象庁にあったそうです。「放射能は見えません。
>それはスギ花粉です」と応対したそうです。

笑っちゃいました。
ですが、フランスではマスクをかけた日本人の映像を流して、
まるで放射能汚染予防のような話に変えていたりします。
ドンビキですよね。
花粉は梅雨前までいろいろな種類が飛び交うので、しばらく
気をつけねばなりませんね。私も世界中のどこであっても
花粉症を発症しやすい体質です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Σ( ̄△ ̄; あ、あれぇ?ワタ... 時間がなかったので、 >>