<< はじめて見た。 復活祭も過ぎて、新緑の季節になると >>
新緑も日毎深まり、
躊躇いがちに出た新芽も五月半ばを過ぎると勢いよく葉を広げ、枝を伸ばします。

ココんちのオリーヴも二周りくらい縦にも横にも大きくなり、花を咲かせました。
b0070127_17373085.jpg




ココ新天地に引っ越してすぐ、南仏蘭西での日々を懐かしんでオリーヴの木のそばにラヴェンダーを植えました。
b0070127_17384359.jpg

仏蘭西の園芸店にも、日本國の園芸店と同様、改良品種のラヴェンダーも数種出ており、ココんちの庭にも数種類のラヴェンダーを植えましたが、このオリーヴの木のそばのラヴェンダーが元祖に近いと思われます。
b0070127_1741398.jpg

先週のはじめからラヴェンダーの花色がいっそう濃くなり、同時にミツバチがたくさん来るようになりました。こんな様子をこうして眺めるだけで、一昔前に訪問した南仏蘭西の山奥にある修道院のラヴェンダー畑が脳内に蘇ります。美しかった。そして、修道士方が作る蜂蜜が美味しかったこと。

ラヴェンダーの白濁蜂蜜は本当に美味しい。
焼きたてのバゲットを半分に割り、こってりとした無塩バターを塗り、更にその上に蜂蜜を塗っていただく。パンの塩味と香ばしさが口の中で混ざり合い瞬時に大自然の恵みに酔いしれることができるけれど、パンの縁でお口の中を傷つけないようにしないと血の味が混ざってしまうのです。

この週末にはラヴェンダーの周りにミツバチだけでなくモンシロチョウが遊びに来るようになりました。
b0070127_17481723.jpg


五月も残り一日なのですね。
きょうの朝はひさしぶりに雨が降りました。もう止んでしまったけれど、地面のひび割れ具合と芝の枯れ方、そして蟻の異常発生で水不足が深刻であることがわかります。蟻の地底大帝國が繁栄していることがひっしりわかる今年です。

役所から水撒き禁止令が出てしまうと、諦めなければならない草木花もあります。
園芸好きとしてはつらいところです。

le 30 mai 2011, Ferdinand


ところで、今年の春の私の大失敗はさくらんぼうを全て鳥に食べつくされてしまったことです。よよよよ
[PR]
by ma_cocotte | 2011-05-30 17:52 | 『春』 Rien de special | Comments(6)
Commented by ぴよよん at 2011-06-08 21:30 x
うちも在仏時代を懐かしんで庭にラベンダーを植えてみました。
が、今年はなかなか暑くならず、雨がちなのでラベンダーの色の悪いこと…腐っちゃうんじゃないかと本気で心配しています。
日本の気候には合わないですよね〜と植えておいて言うのもなんですが…。
まここっとさんちのようにラベンダーがこんもりする日は来るのかしらん。
Commented by ma_cocotte at 2011-06-09 01:31
+ ぴよよんさま

ラヴェンダーは品種によって花の色の濃淡が違いますね。
上の写真のラヴェンダーはココんちのラヴェンダーで最も原種に
近いものです。花色も一番濃いし、花の詰まり方や匂いも濃いです。
しかも姿も一番ギュっと小さいです。
他の改良品種は背丈が150cmくらいになってしまったものもあり、
ラヴェンダーに見えないというか(笑。
私は日本でも仏蘭西でも花をかまいすぎて枯らしてしまうことが
たびたびあり、気をつけてはいるのですが・・・・よよよ。

ぴよよんさんちあたりだと南の風当たりの良いところなど
どうでしょう?うちは南または西南に植えたラヴェンダーの
成長が東に植えたラヴェンダーに比べ早いです。
Commented by ぴよよん at 2011-06-09 11:27 x
ラべンダーと一口に言ってもたくさん種類があることに今回初めて気がつきました。
日本では花がフリフリするタイプが人気なのか?、たくさん見かけます(しかもフレンチラベンダーって書いてある…ホントかな?)。
私はまここっとさんちのような花が小さいタイプのが欲しくて探しまわり、結局あまり納得がいかないままこれかな?と「イングリッシュラベンダー」なるものを買ってきました。
乾燥気味の方が花の色がきれいに出るような気がしますが、どうなんでしょうか?
一応庭の中では日当りのよいところに植えてみたのですが。
でも花芽もついていない小さい苗は成長しているのかしていないのか、あまり大きくならないんですー。
梅雨が明けたらグンと大きくなるのかしら。
フランスでは庭に植えっぱなしだったのに、今はいろいろ悩ましいです。
Commented by ma_cocotte at 2011-06-09 14:55
+ ぴよよんさま

上の3枚目の写真と似ていたら、原種に近いラヴェンダーだと思います。
改良は花も葉っぱもいろいろで、花は明るい水色や灰色がかった水色が
多いです。
ラベンダーは簡単に挿し芽で根が出ますよ。挿す時に挿し口を斜めに
切ると面積が広がるので根も出やすくなります。深く挿すのもコツ。

こちらでは今の時季に草花がぐーーーんと成長します。
となると、日本は梅雨明け後かも。
ラヴェンダーの周りを気持ち広げて他の花を植えた方がいいかも。
大きくなるし、根もはるので。
Commented by ぴよよん at 2011-06-10 16:00 x
挿し芽とわ!!
いいことを聞きました。実行してみまっす。
私もラベンダーって広がる(というかこんもりする)イメージがあるのですが、うちの貧相なラベンダーちゃんを見ているととてもそんな姿が想像できません。
うちのはまここっとさんちのと似てますよ。
やっぱりこれが原種なんですね。
Commented by ma_cocotte at 2011-06-11 04:33
+ ぴよよんさま

できれば緑色の枝ではなく、既に木化した枝を選ぶと良いですよ。
原種はお薬に近いというか、こちらのヒトは食後に枝を折り、
木枯らし紋二郎のように歯に挟んでシーハーしています。
これが美味しいのです。ハッカのような味なので口の中がすっきりします。

挿し芽はローズマリー、タイム、ミント、カレープラントも成功率が
すこぶる高いです。土に対し斜め挿しが良いです。
試してみてね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< はじめて見た。 復活祭も過ぎて、新緑の季節になると >>