<< +πεντήκοντα+聖霊降... 新緑も日毎深まり、 >>
はじめて見た。
昨日、急なモノ入りがあり、立ち寄ったお店の玄関先で見つけました。
b0070127_14104535.jpg
Distributeur de lait cru


生乳の自動販売機です。
b0070127_14123761.jpg

まず左側でペットボトルを買い、次にペットボトルの右を操作して生乳を購入するようになっています。

仏蘭西では治安の問題もあれば、日本國より後進国でもあるから、自動販売機が日本國のように乱立していないし、ようやく近年になって(それこそサルコぢの御世になって)かなり浸透してきたかな?と思える程度で、こうしてこのような牛乳の自動販売機を見つけて、こればかりはサルコぢさまの購買向上運動の産物ではなかろうか?と思いました。

ココんちなどは百メートルほど先に酪農農家があるので、飛び入りで買えたりしますが、私はまだ飛び込んだことがありません。

le 6 juin 2011, Norbert

[PR]
by ma_cocotte | 2011-06-06 14:18 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(4)
Commented by JOYママ at 2011-06-07 17:40 x
お味は如何でしょうか?
やはり・・・美味しいのでしょうか?
私が行った頃にはありませんでしたが、近年 マントヴァに
やはり生乳の自動販売機があるそうです
・・・・・イタリア専門の旅行社やっている友人の談です
Commented by 伊望 at 2011-06-07 18:30 x
これ、日本にも欲しいです!
ただのパック入りより美味しそうです。
Commented by ma_cocotte at 2011-06-07 23:40
+ JOYママさま
マントヴァにも自動販売機があるのですね。
私はなんだか怖くて買えませんでした。
一昨年、牛乳販売業者が不正に儲けていると酪農家が抗議運動を
起こした時、地元では牛乳を無料配布していました。
この時もなんとなく怖くていただきませんでした。

・・・なんて書いている私が日頃いただいている牛乳は賞味期限が
2~3か月先の牛乳です。日本ではまずお目にかかれないでしょう。
Commented by ma_cocotte at 2011-06-07 23:43
+ 伊望さま
もしかしたら美味しい牛乳を玉川学園の農学部あたりで買えたりしたりして?
私は昔、弘前に滞在した時、地元の酪農家が配達する牛乳をいただいた
ことがあります。白い液体ではなく半透明の液体にお豆腐のように
牛乳が漂っており、これが本当にとれたての牛乳だと教えられました。
味はたとえようのない美味しさでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< +πεντήκοντα+聖霊降... 新緑も日毎深まり、 >>