<< リンゴは何にも知らないけれど、 秤の目盛を正すのも狂わせるのも... >>
夏となっての第一日目
ココ数日、かなり寒い日が続いていたのでうっかり忘れるところでしたが、昨日6月21日は夏至でした。
夏の第一日目。
仏蘭西共和国において、毎年、夏となった第一日目の夜の楽しみはほうぼうから聞こえてくる歌舞音曲を愛でながらの散策です。今年6月21日のココんちあたりは朝からまとまった雨が降っていたので夕暮れからの散策が億劫にもなりましたが、午後遅くなって晴れ間も見え始めたので夜9時を周ってから旧市街に出かけてみました。

夜9時40分頃の旧市街の入り口。
b0070127_21325830.jpg

物凄い人の数でした。おそらく近隣の小村からも人々が集っていると思われます。

b0070127_21352363.jpg


b0070127_2138294.jpg


b0070127_21382152.jpg


b0070127_21355346.jpg

仏蘭西の超ウルトラスーパーど田舎の宴なので、洗練という言葉から程遠いですけれど、日常であれば週日の夜9時も過ぎれば静寂な街が夏至の晩に賑わうという非日常、楽しかったです。

b0070127_21415585.jpg

旧市街の楽器屋さんのショウウヰンドウも夏至の夜のためにおめかししたようです。

非日常の夏至の夜を終え、夏の第二日目から夕暮れの散策の楽しみはほうぼうから漂ってくるバーベQの香りです。


le 22 juin 2011, Alban

[PR]
by ma_cocotte | 2011-06-22 21:43 | 『夏』 Rien de spécial | Comments(6)
Commented by JOYママ at 2011-06-23 21:02 x
冒頭「寒い・・・」と書かれてましたね
う・・・羨ましい・・・・・
当地、昨日35.2度  本日も33度超えてるのです・・・・・
私は暑いより、寒い(限度がありますが)方がいいです(涙)
Commented by ma_cocotte at 2011-06-25 05:26
+ JOYママさま

まだ6月だと言うのに日本の猛暑の知らせに心配しています。
大丈夫ですか?
梅雨の季節に高温では不快が増すのではないでしょうか。
除湿も節電を心がけるとなると難しいですよね。
どうぞご自愛くださいませ。

こちらは朝夕15度くらいです。
午後にぐーんと気温が上がりますが、お昼までは涼しいくらいです。
夏至を迎えたばかりなので、外が闇になるのも午後11時頃です。
この気候で来週末から夏休みなんてちょっと信じられません。
Commented by JOYママ at 2011-06-27 17:29 x
本日の静岡は、どこへ行っても・・・・外では
「無料サウナ」状態です
幸いにも、ビルの中とデパートはクーラーが効いてますが
今年の夏は・・・・どうなるのでしょうか?
原発反対ですが・・・でも・・・急には止められない気分も
昔と自然は変わってますので
そちらも酷暑にようですが? ご自愛ください
Commented by ma_cocotte at 2011-06-27 21:39
+ JOYママさま、

なんと。
こちらも昨日、今日と30度を軽く越え、汗をかいています。
こちらでは太陽が南から西に動く前に雨戸を閉め、窓を開けることで
涼を得ます。クーラーはまだどこの家庭にもある品ではないので、
こういう指導が政府から出ます。
ココんちの雨戸はシャッターなのでゆるく締めて隙間を作り、窓を開ける
ことで風通しをよくしています。これでも涼しく感じられます。気のせいかも?
Commented by al_lamia at 2011-06-28 20:57
ma_cocotte様
それって、蛇腹の重いシャターですか?
間に隙間があって〜〜〜?
昔イタリアに居た頃に、それがあって良いなぁ〜〜と
思ってました。
私の部屋では、雨戸は半分しか開けません
網戸の部分のみで、他は雨戸で日差しを遮ってます
でも、こんなやりかた「わたし」だけらしい
日本ではだらしが無いとか、みっともないと見られます
それでも、少しは部屋の温度が上がりにくいと
思ってますけど・・・・
今日は36度2分(体感温度40度)・・・・・
まだ6月なんですけど・・・・・でした
Commented by ma_cocotte at 2011-06-29 20:15
+ al_lamia さま

うちのシャッター雨戸はプラスチックのような素材でできており、アルミより
軽いシャッターだと思います。
日本に比べると寒冷地なので冬場に窓を開けずにシャッターの開閉が
できるようになっています。
仏蘭西政府の猛暑対策では雨戸やシャッターを閉め、窓を開け、
水を飲み続けることが基本となっています。
自分の平熱より高い気温の中でどう過ごすのか・・・真剣に考えねば
なりませんよね。日本より北国、南国それぞれの耐暑を学んで
応用するのが一番だと思います。湿度対策も!
冷房ではなく除湿だけでも涼しく感じられませんか?

ほんと、まだ6月なのに・・・仏蘭西も既に猛暑のきざしが見えており、
きょうは南仏で予想最高気温が32度強でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< リンゴは何にも知らないけれど、 秤の目盛を正すのも狂わせるのも... >>