<< 空は日々高くなり、 みにくいあひるの子 >>
『西洋の五家宝』と呼んでもいいかしら。
この夏、スゥパァマルシェで見つけた新しい味のひとつ。
b0070127_22545623.jpg

朝食売り場で見つけました。
日本國でもおなじみのケロッグ社のお菓子です。

袋を開けると、破裂したお米が飴とチョコレエトでつながっていると申しましょうか。
Rice Krispies と銘打ってはいても、噛むとサクっではなく、ヌガっ、ムギュっと言う感じの食べ物です。

初めて買って試食したら、ココんちの仏蘭西人♂はどうやら苦手のようで、こちとらありがたい。日本人のミーにはチョコレエト味とは言え、この噛んだ瞬間のムギュっとした食感が、大好物の五家宝(ごかぼう)や雷おこしを連想し、涙ながらに味わえるお菓子です。おそらくチョコレエト味の五家宝やおこしが存在するならまさにこの味でしょう。

お店で私が見つけたのは、正確には二種類。
b0070127_230738.jpg

紫の袋はチョコレエト味、金色の袋はチョコ&キャラメル味です。
どちらも美味よん。
甘く、濃いミルクチョコレエトが好きな方にお勧めです。

le 19 août 2011, Eudes
[PR]
by ma_cocotte | 2011-08-19 02:46 | Thé ou Café? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 空は日々高くなり、 みにくいあひるの子 >>