<< L'Alsace me... けふの実験 >>
++相 手 の 気 持++
きょう9月8日を仏蘭西の暦でたどってみると、Nativité de Notre Dame とあります。カトリックの暦で同じ日を見ると Nativité de la Vierge Marie 。いずれにせよ、きょう9月8日は我らが聖母マリアの誕生日なのです。
b0070127_17525642.jpg

カトリックという世界では、毎日、聖書の朗読箇所が決められており、きょう9月8日の新約聖書の朗読箇所はマテオの一章1節から16節まで、18節から23節までです。1節から16節までは16節もあるのに旧約聖書に登場するアブラハムに始まりヂェズ・クリ Jésus Christ の養父ヨゼフまでの系図のみが書かれており、ヨゼフは「マリアの夫」であり、「このマリアから、キリストと呼ばれるイエズスがお生まれになった。」とあります。(バルバロ訳新約聖書、ドンボスコ社、1973、p.9)

18節から23節までは婚前にマリアの妊娠を知ったヨゼフが戸惑い、考えあぐねるヨゼフの前に天使が現われ、使命を伝える様子が述べられています。
正直、「恐れるな」とか「懼れるな」とたとえ天使に言われても、そう簡単に滝つぼに怖れず飛び込める気持になんて心は変わらないよ、と自分なら思いますけれど、そんな滝つぼに飛び込め!なんて大事でなく何事においても一生かけて「おそれ」や「疑い」の気持やら念を軽くする努力もまた(おそらく私だけでなく)ヒトひとりひとりに与えられた勤めで、それには心身の力が必要だから漢字で「努め」と書くのでしょうね。

きょうは夜明け前からまとまった雨が降っており、外出も億劫ですが、努めて務めよう。できるかなー。

le 8 septembre 2011 Nativité de la Vierge Marie

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-08 18:24 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< L'Alsace me... けふの実験 >>