<< 2005年1月9日午前8時40... 2005年新春アラブんの主張「... >>
悲しい寿司やね。
【1月7日晩ご飯】
 「江戸」という名の寿司:二人前だけどココんちでは一人前。
 温めただけのクノール中華スープ「麺ときくらげ」。
 格安赤ワイン コップ1杯
b0070127_35576.jpg
まずは「スープ」。年末からCMでよく見かけるクノールの中華スープです。
Soupe chinoise du Sichuan Nouillies et champinions noirs
シチュアンの中華スープ (麺ときくらげ)とでも訳しましょうか。

700ccの水を沸騰させ,このスープをいれてしゃかしゃかかき混ぜた後,5分放置。で,できあがり。一袋「二人前」でござる。味はやっぱりクノール味。不思議な甘味のあるにおいがします。
そして南仏の「スーパーマーケット寿司」!
b0070127_363794.jpg
1パックが2人前(つまり写真は2パックなので4人前)。隣町のHypermarcheカルフールで1パックが金曜日価格で5.5ユーロなのである。日本人の私にはどう見ても一人前にしか見えないのだが。鮭が5カンでエビがヒトカン。どうやって分かち合うのヂャ?それにしてもこの寿司はYedo(江戸)という名・・・むむむ,1999年6月30日ベルギーの空港で10時間近く乗換え待ちをした時に食べたお寿司と同じ名前かも。欧州の市場で出回っている「寿司」なのだらうか?実は以前からカルフールの魚売場でお寿司が売っているのを知っていました。が,べらぼう高い。手も足もでない「私はだるま」。先日1月3日は私の誕生日だったのでこのお寿司を買ってみようと意気込んで訪ねたら,いつも置いてある場所に「寿司がない」。店員さんいわく「月曜日と土曜日には仕入れません」とのこと。流通事情が読めたのでこんにち金曜日夕方再度訪ねたら,案の定5.5ユーロに値下げされてました。ですから私,他人が見ると気前良くお寿司を購入してみせましたのよ。ほほほのほ。
が,蓋を開ければこれが二人前!
あーた,私を誰だと思っているのっ?
こんなバタくさい顔でも日本人なのよっっ!
と片腹たたいて,スープをすすり,お寿司を平らげたところが,食後・・・「っげふ。」 
おそろしく炊き加減のよろしくないご飯が機械でぎゅうっと圧縮して握られているので,見た目一人前でも凝縮度は二人前だったわけなのぢゃ。二人前の握りに一人前の魚か!・・・やるな,おぬし。ちなみにマルセイユ5区にある和食レストランでは「日本人ではないアジア人が握る寿司」に20ユーロは軽く払います。
しょーがないよね,
ここは地の果てアルジェリアから一歩ちょっと手前の南仏だもん。
が,先日ある雑誌でマルセイユ6区で寿司店を経営するユダヤんの存在を知りました。
これがその広告です。「Sushi Bar du Keter ケテルの寿司バー
b0070127_3355129.jpg
確かに昨年あたりから花の都パリのおしゃれな方々に,お寿司はアペリティフとして流行しているとは聞いている。ま,おパリは特別ですから。それにしてもなぜ「イスラエリィなユダヤん」が「フランスのマルセイユ」で「日本の寿司」を握るのだろう?
四角い頭を丸くしてもわかる話ではないぞ。
Cacher-sous la stricte surveillance du Rabbinat de Marseille
マルセイユのラビの厳しい監督下にあるカシェール
と広告にはっきり書いてあるのであーる。
となると私がある日ケテル鮨の暖簾をくぐったとする。
まここっつぁん:
けっつぁん,おいしいところ握ってくんべか?
けてるくん: らっしゃい,何がよろしうござんすか?何でも握りますよ!
まっつぁん: んだねぇ,まずはイカがいっか?
けっつぁん: すんませんねぇ,お客さん。ウチにはイカは置いてないんすよ
ま: んだば,エビなんてどうだべ?
け: それがお客さん,おいら,エビも握らないんすね
ま: ・・・んぢゃあ,アナゴの白焼きをわさび醤油でちょいっとね
け: ・・・・・・・アナゴっすかぁ・・・・
ま: けっつぁん,あんた,カダフィ大佐に似てるなんて言われないかい?
け: お,お客さん,きっついっすねぇ・・・(わさび,べっとり塗っちゃうよん)
カシェール規定の寿司屋ぢゃ,この会話は最後の二行を除いてしっかり成り立つのであるある。かに味噌も頼んでみたいくらいぢゃ。果たしてマルセイユの「ケテル鮨」では何が握られるのであらうか?まるでサスペンス劇場の幕開けのような「謎の問いかけ」でもある。

行ってみるしかないべかなあ。
[PR]
by ma_cocotte | 2005-01-08 03:42 | The ou Cafe? | Comments(13)
Commented by neco_no_koolon at 2005-01-08 23:20
南フランスといえば!おいしい新鮮な魚介類がわんさか!!
だからと〜ぜんオイスターバーも寿司バーも伊豆稲取なみにわんさとあるのかと思っておりましたが、ないのですかぁ?
日本人が握る南仏前寿司屋はぁ...?
かなしぃ〜
Commented by ma_cocotte at 2005-01-08 23:26
♪おお,koolonさん!DIYの女王!新居完成までのブログ報告,楽しみにしております。オイスターバーはありますぜ,うんざまんざ。貝開け職人さんが常時待機。注文するとその場で牡蠣もろもろを上手に開けて綺麗に盛ってくれます。芸術的です。が,寿司はない。海草もない。私は海草が食べたいのだ。(ああ,遠い目)
エクサンプロヴァンスに一軒ある店があるのですが・・・そこだけは行きたくないのだな,これが。パリに行くしかないでしょうねぇ・・・南仏でおいしいお寿司に巡り合ったことはありません・・・。
Commented by Marcellin at 2005-01-08 23:35
お寿司、出来合いのってご飯が消化不良になる感じが
得意じゃないです~。「二人前の握りに一人前の魚か!」に、
笑ってしまいました。

アイルランドに留学していた友達がパリにきた時
最初に食べたものがチラシ寿司でした。
やっぱりお寿司って無性に食べたくなるものみたいです。
ダブリンではレバニラ定食でごまかしていたそうです。
お米食べれるしって。
Commented by ma_cocotte at 2005-01-08 23:52
♪Marcellinさん。お寿司ってお酢のおかげでおなかにぢゃんぢゃん入るものでしょう?このお寿司,うっかり入れると後でもたれるマジカルお寿司です。おそらく焼くとおいしい粗挽きお煎餅になりそうな感じ。
パリでは「たから」のたから鍋をいただいたことがあります。ダブリンにニラがあるのですか?フランスでまだニラを見たことがない私です。ニラのおひたしが食べたい・・・。
アイルランドもいつか行きたい国なのです,私にとって・・・。
Commented by sakura_kura at 2005-01-09 13:39
あけましておめでとうございますっ♪
ひやぁ~お寿司!見た目はお寿司ですねい!
しかし、寿司のコメ、いわゆる酢メシが、寿司にとってどれほど大切か、海外に行くと思い知らされますよね。。台湾はぼそぼそでした。。
こう、寿司を手で持った瞬間に、パラパラパラと、まるで寿司自体が幻想だったかのうに。。。

それに海外の寿司=サーモン。
というのはやはりどこでも共通なのかなとも。
以前にアメリカに住んでいる友達に聞いた話では、
アメリカの寿司バーでは、衛生面に配慮して、
ビニール手袋をして寿司をにぎるんだとか。。

逆に、汚いような。。。と思ってしまう私は「よ!日本人!」
って感じでしょうかね。。。
Commented by ma_cocotte at 2005-01-09 17:51
♪sakura_kuraさん,はじめまして。このお寿司ですが,スライスして焼けば「粗引き手焼きせんべい」に化します。そういうお米の握り方でした。欧州はサーモンが手に入りやすいのでどうしても鮭寿司ですね。でも脂がのっているので,海苔をたっぷりかけた鮭どんぶりは意外にもイケます。
これからもよろしくお願いします。
Commented at 2005-01-09 19:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-01-09 19:35
♪鍵コメ1927さん,お蕎麦屋さんは小田急線に向かう方向の三角州ですね。私は反対側の商店街の中にあるお花屋さんでフラワーアレンジメントを習っていました。ウェディング・ブケーのクラス。シモキタは授業の帰りにたまに吉祥寺やら渋谷に行くのに乗換えで使っていました。もちろんピーコック方面に出没もしていましたよ♪成城もちょくちょく。あ~ん,現在松田聖子がBGMに流れていることもあって懐かしくなっちゃいます♪ViVA,小田急線!
Commented by ma_cocotte at 2005-01-09 19:55
♪鍵コメ1927さん,肝心なお礼を忘れました。Sichuan=四川とは!言われて妙に納得。似て遠からぢ。
四川料理なら辛いはずなのに,このスープは甘いです。それにお酢の味もまったくしませんでした。うう,フランス・クノール社め,まだ我らを騙せると思っているな・・・。(と,鍵コメさんから教えていただくまでわからなかった私)
Commented at 2005-01-09 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-01-09 22:09
♪鍵コメ2202さん,三光町?それとも百合のマークのプロテスタント?あのお花屋さんが六本木の恵泉園芸センターと提携していたのです。ええ?渋谷からバスぢゃ・・・ヤカタ・・・?ではあるまい,あそこはハッキンではないもんね。あはは。(んもー,暗号にしてはチャチすぎる・・・自分の発想が情けないぞ)
Commented at 2005-01-09 23:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-01-09 23:41
♪鍵コメ2323さん,あの独特な色とデザインの制服に憧れましたわ,私。オーバーコートも渋いよね?制靴は不二の変な靴が好きです。ふふふふ。
シロタエって赤坂のシロタエの姉妹店でしょうか?懐かしいねぇ,レアチーズケーキやプリン!
もしかして広尾のル・プロッテや麻布茶房も?クレルモンフェランのお菓子とか?とまらないよーっっ。だずげでぐれい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2005年1月9日午前8時40... 2005年新春アラブんの主張「... >>