<< André, Andreas,... ようやく見つけられた。 >>
大きすぎて。
きょうのお昼のニュウスを見ていたら、アルザス地方名物のクリスマス市がアルザス地方各地で始まったという知らせがありました。こうして年末にアルザスと聞いて去年までの私とちょと違うことは今年の私は9月にアルザス地方を旅したことです。
クリスマスの市と言えばアルザスはストラスブゥの市が最も有名で、大聖堂前の広場にも市が立つとか。

そんな予備情報はあったので、9月にストラスブゥの大聖堂を訪問することは楽しみでなりませんでした。
あれに見えるはストラスブゥの大聖堂。
b0070127_1121334.jpg

ストラスブゥの大聖堂見物にコンデジとデジイチの2カメラと、デジイチには二種類のレンズを用意したけれど、実際の大聖堂はあんまりにもデカすぎてどちらのカメラにも素人の私には収めることができず、唯一大聖堂の天辺から地べたまで収まった写真がコチラ。
b0070127_23272396.jpg

もしかするとストラスブゥの大聖堂の方がパリのノートル・ダムよりデカいのではないかしら?この写真のように正面扉に向かって前進すると、当然、カメラに収まりません。

その正面の扉だって、デカすぎ。
b0070127_1133036.jpg

そして、彫刻ひとつひとつに物語や意味があるので、目をどこからどう動かしてよいのかにも迷い、
扉中央の聖母子に焦点を合わせたら、上部は収まらないし、
b0070127_1164838.jpg

上部の、
b0070127_118635.jpg

更に上部の聖母子に焦点を合わせたら、下部はまるで写せません。
b0070127_119966.jpg

真ん中を写せば上も下も共に撮れない。
b0070127_1203165.jpg

できれば全ての彫刻の記録を取りたかった。
b0070127_124132.jpg

ですが、力の限界。
これではなかなか中に入れません。



le 25 novembre 2011, Catherine d'Alexandrie

[PR]
by ma_cocotte | 2011-11-25 23:27 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(2)
Commented by 侑子あらため豊華です。 at 2011-11-26 07:45 x

おはようこざいます。

ものすごく大きな聖堂なのですね。

私までパソコンから見上げるような感覚になりました。

しかも細かい彫りで どれほどの歳月がかかって仕上げていったのでしょうか。

すごい迫力と熱意と技巧が感じられます。

日本の神社仏閣も凝ってますが大聖堂と呼ばれる伝統ある建造物は 私も間近で観てみたいです。

cocotte様のお写真は いつも愉しみです。

内部に入れたのでしょうか?

続きがあるのですか?

すごく気になります。



Commented by ma_cocotte at 2011-11-26 19:01
+ 豊華さま

とてつもなく巨大な聖堂でした。或る程度、高さも広さも予想していたものの
予想をはるかに上回る大きさで、いろいろな意味で私の無力を実感しました。
聖堂は建て増しを繰り返しての今の姿です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< André, Andreas,... ようやく見つけられた。 >>