<< 大らかな身体と細やかな心 André, Andreas,... >>
見つからない。
昨日の朝、11月30日が聖アンドレの祭日と知り、ストラスブゥの大聖堂で聖アンドレの彫刻の写真を撮ったことを思い出しました。私が聖アンドレ像の写真を撮った場所は ストラスブゥの大聖堂正面 です。
b0070127_426992.jpg

ところが、です。
b0070127_425778.jpg

いくら見つけても、
b0070127_427714.jpg

鷲のヨハネ、獅子のマルコはいるのに、
雄牛のルカも、天使のマテオも見つけられたのに、

b0070127_4273838.jpg

聖アンドレが見つからないのです。
私の記憶にははっきりと罰点十字に磔られた聖アンデレの像があるのに。


逆さ十字に磔されているのはペトロだと思うの。
b0070127_4325755.jpg


傷口に指を突っ込んでいるのはトマスだよね。
b0070127_4335351.jpg


ううううん、アンドレはどこに隠れてしまったのだろう・・・。

b0070127_4354684.jpg
いない。
b0070127_4361079.jpg
ここにもいない。


聖アンドレさん、どこ?
b0070127_4435085.jpg
知るか。
b0070127_4443722.jpg
知らんよ。


b0070127_4491490.jpg

聖堂を守るこうのとりさんがどこかに隠してしまったのかしら。

兎にも角にも、ご覧のようにストラスブゥの大聖堂の正面壁面の彫刻群だけでもあまりに大量で、ひとつたりとも手抜きがなく、聖人だけでなく脇役までも丁寧に造られています。本当に、時間があったならば全ての彫刻を記録したかった・・・・ですけれど、私には力の限界です、はい。

我が目の黒いうちに訪問できたこと、感謝。


le 1er décembre 2011, Eloi

[PR]
by ma_cocotte | 2011-12-01 04:41 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(2)
Commented by 豊華 at 2011-12-01 09:48 x

こんにちわ。cocotte様。

「秋の陽はつるべ落とし」 本当にそうですね。

今日の広島市は雨が午後から降りそうな雰囲気 空模様なので早めに外での必要な用事は済ませておきたい私です。

お写真 とっても見ごたえがあり 迫力満点に息がつけない感じです。

思わず魅入ってしまいました。

消去法で12使を探してみては如何でしょうか?

と言っても 私には誰がどのように 曰くがあって鷲とか お印? が付けられたのか ?なので 消去して行こうにもお写真をじっくり拝見するのですが

消しようがありません。涙。

もっと勉強せねばーーー。

偶像を崇拝するのは拒否されたアンデレ様。

裁判ですよね。

うーーん。この馬鹿ちんをお許し下さい。

漁をしていてイエスにお声をかけられた。

食べ物の大事さを伝えた点でパンを持っているのが聖アンデレ様?

いやいやいや。

お弟子様の順番に彫られている可能性はどうでしょうか?

あああ 自分が不甲斐ないーーーー。
Commented by ma_cocotte at 2011-12-01 14:55
+ 豊華さま、

大聖堂正面の真ん中の扉の上の半月形の中の彫刻は新約聖書に
書かれているイエズスさまの生涯に関することではないかと思うのです。
この半月形を囲む半円形の波(タンパンと呼ぶらしいです)の彫刻は
新旧約聖書の登場人物と殉教者で、ここに聖アンデレの像があったと
記憶しています。罰点十字と一緒でした。

ところで、四福音史家のシンボルは旧約のエゼキエル書に基づいていると
習いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大らかな身体と細やかな心 André, Andreas,... >>